【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(お尻回りと肛門嚢絞り編)

【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(お尻回りと肛門嚢絞り編)

  • サムネイル: PECO TV
  • 更新日:

ふだんおうちで飼い主さんが何気なくやってあげているお手入れ。でもやり方によっては、犬が痛みを感じていたり、怖い思いをしていることも。今回はついやりがち&見落としがちなお手入れのポイントを徹底的に紹介しよう。(チワワスタイル Vol.25より)

監修:野矢雅彦先生

お尻回り

お尻やそけい部など大事な部分は優しく

デリケートなお尻の周辺やそけい部。毎日の排泄のたびにお手入れしてあげる大切な場所なので、愛犬に不快な思いをさせないよう気をつけたい。

お尻 正しいやり方

ウェットティッシュなどで優しく拭く

ウェットティッシュなどで優しく拭く

シッポを軽く持ち、ウェットティッシュなどで優しく拭こう。シッポの裏側の毛にも汚れが付いていることもあるのでこまめにチェックを。

これはNG!

尻尾を引っ張らない!

尻尾を引っ張らない!

排泄物が付いているから、と力を入れて拭かないこと。また、シッポを引っ張って拭くのもNG。シッポの神経が損傷することも。

そけい部 正しいやり方

下から上に向かって

下から上に向かって

オスは二本足立ちした場合、下から上に向かって拭いてあげよう。メスは陰部を軽く抑えるような感じで優しく拭く。いずれもウェットティッシュなどを使おう。

肛門嚢絞り

お尻を床にこすっていたら早く絞って

溜まりやすいコとそうでないコはいるものの、1ヶ月に1回は絞ってあげた方が良い肛門嚢。放っておくと破裂したり、皮膚炎を起こすことも。

正しいやり方

飼い主の爪は短く切っておく

①飼い主の爪は短く切っておく

飼い主の爪が長いと、絞る際に犬の肛門周辺の皮膚を傷つけてしまうことも。爪は短く切りそろえておこう。

シッポを優しく持ち上げたら、肛門を時計に例え、4時と8時の所に指を当て、下から上に押し上げる感じで絞る。

②時計の4時と8時の所を目安に

シッポを優しく持ち上げたら、肛門を時計に例え、4時と8時の所に指を当て、下から上に押し上げる感じで絞る。

シャンプー前に洗い流す

③シャンプー前に洗い流す

においがきつい肛門嚢液が部屋や衣服に飛び散ると大変。シャンプーの前にお風呂場などで絞るのがベスト。

これはNG!

シッポを引っ張りすぎない

シッポを引っ張りすぎない

シッポを優しく持って軽く体を持ち上げると、お尻が突き出るので絞りやすい。シッポの神経を損傷してしまう犬もいるので、シッポは引っ張らず、とにかく優しく軽く持つこと。

Text:Mari Kusumoto
Photos:Miharu Saitoh
Model:Hublot、Choco、Koro

監修:野矢雅彦先生
ノヤ動物病院院長。日本獣医畜産大学卒業後、1983年よりノヤ動物病院を開院。著書に『犬の言葉がわかる本』(経済界)『犬と暮らそう』(中央公論新社)など多数。

ノヤ動物病院
埼玉県日高市上鹿山143-19
http://www.noya.cc/

内容について報告する