【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(ドライヤー編)

【チワワスタイル】家でやっているお手入れにも、意外な落とし穴があるんです(ドライヤー編)

  • サムネイル: PECO TV
  • 更新日:

ふだんおうちで飼い主さんが何気なくやってあげているお手入れ。でもやり方によっては、犬が痛みを感じていたり、怖い思いをしていることも。今回はついやりがち&見落としがちなお手入れのポイントを徹底的に紹介しよう。(チワワスタイル Vol.25より)

監修:野矢雅彦先生

ドライヤーの使い方

近づけすぎるとヤケドの恐れも

タオルで拭いたからといって、自然乾燥はNG。乾ききっていない部分が蒸れて皮膚炎を起こしたり毛玉ができやすくなるので、必ずドライヤーでしっかり乾かして。スムースさんもドライヤーを使って乾かしてあげよう。

正しいやり方

温度を確かめて背後から

①温度を確かめて背後から

ドライヤーの温度を自分で確かめたら、犬の背後から風を当てていく。ドライヤーの音を嫌がる場合は、短時間ずつ当てて慣らしたり、オヤツをあげながら行うなど無理強いしないで。

これはNG!

至近距離で風を当てない

至近距離で風を当てない

自宅で乾かす時にやりがちなのが、毛を焦がしたり、ヤケドを負わせてしまうことだそう。必ずドライヤーの温度と距離を自分の手や顔で確認してから、犬に当てるようにしよう。

家族に手伝ってもらってもOK

②家族に手伝ってもらってもOK

1人でできなかったり、犬が動いてしまう場合は、家族などに犬の体を押さえてもらいながらやってみよう。

スリッカーは毛の流れに沿って

③スリッカーは毛の流れに沿って

ロングの場合はスリッカーを使い、毛の流れに沿わせながら乾かしていくと、毛の向きがそろって美しい仕上がりになる。

足先の毛もきちんと乾かそう

④足先の毛もきちんと乾かそう

家でほとんどやらないのが足先の乾燥。でもここをきちんと乾かしておかないと、蒸れた指の間を気にした犬が足を舐めすぎて皮膚炎になることがあるので注意。

内股やそけい部も優しく乾かして

⑤内股やそけい部も優しく乾かして

脇、内股、そけい部などデリケートな部分は、少しドライヤーを離して優しく乾かしてあげよう。

これはNG!

ドライヤーは絶対に顔の正面から当てないで

ドライヤーは絶対に顔の正面から当てないで

顔の正面からドライヤーを当てて、目にヤケドを負うことも。顔を乾かす場合は、必ず後ろから風を当てたり、ドライヤーの温度を下げたり、手で目の周りをガードするなどして注意を払おう。

ほら、こんなにキレイになっちゃった♥︎

ほら、こんなにキレイになっちゃった♥︎

Text:Mari Kusumoto
Photos:Miharu Saitoh
Model:Hublot、Choco、Koro

監修:野矢雅彦先生
ノヤ動物病院院長。日本獣医畜産大学卒業後、1983年よりノヤ動物病院を開院。著書に『犬の言葉がわかる本』(経済界)『犬と暮らそう』(中央公論新社)など多数。

ノヤ動物病院
埼玉県日高市上鹿山143-19
http://www.noya.cc/

内容について報告する