【もっと知りたいチワワのキモチ】うちのチワワ やきもち やきなんです!(食べ物と友達犬編)

【もっと知りたいチワワのキモチ】うちのチワワ やきもち やきなんです!(食べ物と友達犬編)

  • サムネイル: チワワスタイル編集部
  • 更新日:

恋人の浮気や友人の出世に対して、などなど人間社会に渦巻く嫉妬心。それに比べて犬はこんな愛憎劇とは無縁だろう、と思っていたら……。犬も嫉妬心を持つ動物だということが証明されていた!(チワワスタイル Vol.25より)

監修:今野晃嗣先生

犬の抗議活動とは?

犬は嫉妬すると抗議することがある。どんな行動をとるのだろうか?

犬が嫉妬した時にとる行動として考えられるのが、相手への攻撃。「うちのママをとるなー」といった感じで、場合によってはライバルとみなした相手を噛んでしまうことも。吠えてそこから立ち退かせようともすることもある。また抗議というよりも、飼い主の興味をひこうとする場合も多い。カーペットの上でオシッコするなども、嫉妬が理由のことがある。他にも考えられる行動を紹介。

間に入る

❶ 間に入る

放っておかれるのきらい

飼い主と、かわいがられている犬の間に入り込んで邪魔をする。飼い主が他人と話しているとそういった行動をとることもある。

注意をひく

❷ 注意をひく

ねえ、こっちむいて!

電話している飼い主の顔を舐めたり、飛びついたり。ゴミ箱をひっくりかえすことも。抗議というより気をひく行動。

ものを壊す

❸ ものを壊す

相手にして~

網戸をやぶったり、テーブルをかじったり。八つ当たりなのかな? と思っていたが、これも注目してほしいから。

食べ物と友達犬 大好きなものが絡むとちょっとだけ嫉妬?

りんの場合

兵庫県/奥田りん(メス・3歳)

兵庫県/奥田りん(メス・3歳)

散歩やゴハンの時間をズバリ予想できる犬。時間が近づいてきたら、そわそわし始めるのだそう。寂しがり屋なところがあり、家族が団らんしながら楽しそうにしていると、相手にしてほしそうに間に入ってくることもある。

隣家の仲良しの犬が家に来ると嫉妬することも

りんの体は小さいが、心はとても広い犬だ。
「うちの子はあまりヤキモチはやかないです」と母の祐子さんは語る。飼い主さんが他の犬をかわいがっても、まったく嫉妬しないのだそう。
しかし、取材班は見た! そんなりんが嫉妬しているところを!

お気に入りはわたしません

お気に入りはわたしません

「わたしのものをとらないでー」

取材班が、りんの大好きなオモチャで楽しそうに遊んでいると、嫉妬したのか取り返そうとする。普段自己主張はしないが、この時ばかりは激しいりん。

りんには仲良し犬がいる。隣に住む、祐子さんの実妹・佳世さんの愛犬、ロッティ(オス・2歳)だ。同じチワワで、よく家に遊びに来るのだそう。特にりんがロッティのことを大好きらしく、ロッティの家が見える窓の前に立ち「来ないかなー」といった感じで、待ち続けることがある。そんなロッティにも撮影に参加してもらうために、呼んできてもらうと現れた瞬間に大喜び。

外を自由に駆ける友達犬に嫉妬?

外を自由に駆ける友達犬に嫉妬?

りん「いいなあ」
ロッティ「うらやましいでしょ」

ロッティが来るのを窓の前でずっと待っていたりん。でも、窓をなかなか開けてもらえず。庭で楽しそうにしているロッティにちょっとヤキモチ。

しばらく仲良く遊んでいた2匹。しかし、大好きなキャベツを祐子さんがロッティにあげた瞬間、りんの目の色が変わった。「いいな! いいな!」という感じで、近くに走り寄って行き、間に割り込む。これは、まさしく嫉妬なのでは!? ロッティだけずるい! と思っているのか、穏やかなりんも、誰かが食べ物をもらうのを見ると「くやしー」と思うようだ。

姉ちゃんの膝の上は僕の特等席なんで

姉ちゃんの膝の上は僕の特等席なんで

「誰にもわたさない」

ご家族は「りんは嫉妬しない」というが、取材中に長女の春花さんの膝の上にロッティが座ると、いくら仲良しであっても、少し嫌がるそぶりを見せた。

また、ロッティが新しいオモチャを買ってもらうと佳世さんの家に遊びに行った時、そのオモチャを持って帰ってくることもある。これも、羨ましさからくる嫉妬かも?

ヤキモチなんてやかないよー(たぶん)

ヤキモチなんてやかないよー(たぶん)

散歩中に携帯をいじらないでー

散歩中に携帯をいじらないでー

りん「わーい」
ママ「かわいいね~」

ママ「あ、メールだ」 りん「ほっておかれてる」

ママ「あ、メールだ」
りん「ほっておかれてる」

許してあげようか

許してあげようか

近くの河原まで散歩に行き撮影。途中で、春花さんが携帯電話をいじりはじめたら、「あたしよりそっちがいいの?」とちょっと嫉妬。機嫌を直してもらうために、顔を撫でてあげると満足。

一方、ロッティは嫉妬深いのかな?

一方、ロッティは嫉妬深いのかな?

ロッティ「ママだけはダメー!」
りん「わかったよ~」

りんよりも大分嫉妬深いらしい。りんが佳世さんに撫でられたり、膝の上にのったりすると、ヤキモチをやく。ロッティに睨まれてちょっとしょんぼりするりん。

ライターOのヤキモチ!?

かわいがられてよい生活しているなあ

いいでしょ?

いいでしょ?

犬を見ていると、お腹をみせれば撫でてもらえ、ゴハンも働かずとも食べられる。羨ましいなあと思う。そう思うのは、奥田家の皆さんも同じのようだ。まあそれも、かわいいからなせる技なのだ。

ぬいぐるみにも嫉妬する? 犬の性質のユニークな点は?

犬の嫉妬にはユニークな点がある。
「まず、イヌとは別の種であるヒト、つまり、飼い主との関係のなかで『嫉妬』がみられるところです。犬と一緒に暮らしている飼い主は他の犬をかわいがると、自分の飼い犬が『嫉妬』すると信じています」と今野さん。

別種に対して嫉妬がみられる動物では、犬と馬の報告が多いそう。「犬にとっての飼い主は、生みの親でも繁殖相手でもありません。でも、犬は飼い主がいなくなると生きていけません。飼い主を誰かに奪われる=生活の基盤を失うということなので、それを防ぐために生まれる感情でしょう」

飼い主への嫉妬も犬が進化の中で身につけてきた、生きるための感情なのだろう。また、もうひとつおもしろい点は、ぬいぐるみにも嫉妬するところ。

だってひとりじゃ生きてけないもん

だってひとりじゃ生きてけないもん

「アメリカの研究者が、飼い主が3つのものをかわいがっている姿を愛犬に見せた時の反応を比べました。飼い主がカボチャや本をかわいがる素振りを見せても、犬は『嫉妬』する様子を見せませんでしたが、犬のぬいぐるみをかわいがっている場合だけ攻撃したり吠えたりそわそわしたり、嫉妬しているような行動をとっていたようです。犬は自分と同等とみなしている相手に『嫉妬』するようです」

生き物ではなくとも、姿かたちが似ているものにライバル心をもつということだろうか。

Text:Daizo Okauchi
Photos:Michio Hino

監修:今野晃嗣先生
帝京科学大学講師。動物の個性や性格の生物的基盤の解明をめざし、質問紙法から遺伝子解析まで、幅広い手法を使って研究を進めている。日本動物心理学会、日本動物行動学会などに所属。

(出典)・P37 加園沙織、藪田慎司(2012)愛着対象である飼い主が他犬に触れているときイヌはどのような行動をとるか ヒトと動物の関係学会誌 31,70−74 ●p40 Harris CR, Prouvost C (2014) PLoS ONE

内容について報告する