【時々見せるショボン顔だって愛しい】イケイケコギさん 時々ヘタレ?波とはいつだって勝負したいコギ編

【時々見せるショボン顔だって愛しい】イケイケコギさん 時々ヘタレ?波とはいつだって勝負したいコギ編

  • サムネイル: コーギースタイル編集部
  • 更新日:

人懐っこくて元気で、体力たっぷり。コギさんのイメージは基本的にイケイケだ。でも、そんな彼らもヘタレに変身する時があるらしい? 読者宅のコギさんにお話をうかがってきました! イケイケとヘタレのギャップをお楽しみください!(コーギースタイル Vol.39より)

【波とはいつだって勝負したいイケイケコギ】

千葉県/榎本ラッキー(オス・7歳)

千葉県/榎本ラッキー(オス・7歳)

転勤族の浩樹さんに伴い、4回の引っ越しを経験。しかし、すぐに引っ越し先に慣れる順応性の高さを発揮してくれ、助かるそう。

一番イケイケなのはパパだったというオチ?

「ラッキーは基本的にイケイケ。ヘタレなところあったかなあ」と首を傾げるご主人の浩樹さん。

確かに初対面のスタッフにもソッコー腹見せスライディングしてくれるラッキーは、ヘタレという言葉から程遠い。カメラにもズイズイ寄って来るので、接写になりすぎて、よくわからない生き物になってるしな(記事冒頭のドアップ写真を見てください……)。

そんなラッキーがもっともイケイケになるのは、海で泳いでいる時。浩樹さんに投げてもらったオモチャを取るべく、波の中に突撃を繰り返すのだ。それ大丈夫? という高めの波でも平気で泳ぐ姿はイケイケコギそのもの!

「でも、おもしろいんですけど、最初は海に入りたくない様子を見せるんですよ。波を怖がっているようで。そこは少しヘタレかなと思います」

ただし、お腹が濡れると、ラッキーのスイッチがオン。一度濡れたからもう平気とばかりに、ザブザブと自ら海の中に入っていくそうだ。

海遊びを続ける1人と1匹の様子を見ながら奥様のさゆりさんがぽつり。

「ラッキーが海遊びを好きなのは確かなんですが、それ以上に主人が水遊び好きなんですよ。相乗効果で盛り上がって、イケイケになっています」

ラッキーのイケイケには、浩樹さんの性格が影響していたのでした!?

濡れないように走ってるんだぜ~

イケイケ

濡れないように走ってるんだぜ~

まだ海に入りたくないモードなので、海岸を走るだけのラッキー。やっぱりコギさんと海岸って絵になりますなあ。イケイケに見えるもんね。

よいせよいせ

イケイケ

よいせよいせ

ラッキーがくわえているのが、大事な大事なオモチャ。これを投げてもらって、追いかけるのが大好きなのだ。水面下では短足を必死に動かしているんだろうなあ、と思うと愛しいっす。それにしても、コギさんのスイム姿はちょっとアザラシに似ている……。

よっし行ったろか!

イケイケ

よっし行ったろか!

お腹が濡れるとラッキーの覚悟(?)も完了。自らザブザブと海に入っていく。このキリリとした目を見てください。追ってるのはオモチャだけど。

あ~あ~聞こえな~い

イケイケ

あ~あ~聞こえな~い

存分に海で遊んだあとは、砂浜でゴロゴロ~。「あ~砂だらけだよ~(苦笑)」というさゆりさんの言葉をスルーするラッキーは、ある意味、イケイケか。

オレ、ふっかーつ☆

イケイケ

オレ、ふっかーつ☆

疲れると自主的に海から上がり、フセして休憩。でも少し経つと、すぐにやる気復活。そこに海とオモチャがある限り、イケイケモードは続くのだ。

絶対放さないもーん

イケイケ

絶対放さないもーん

室内ではやっぱり引っ張りっこ遊びが好き。くわえたら放さないイケイケぶりを毎回披露しているそうで、撮影日もこんな宙ぶらりんに。コーギーというか、釣り上げられたまぐろ?

毎日食べても飽きなーーい

イケイケ

毎日食べても飽きなーーい

浩樹さんからお裾分けされるヨーグルトは、ラッキーの至福タイム。飛びついておねだりはせず、きちんとオスワリで待てるけど、食べる時だけはイケイケ&がっつきです。

へい兄さん、オレと遊ばな~い?

イケイケ

へい兄さん、オレと遊ばな~い?

何してるかというと、初対面のカメラマンの足元に転がって、撫でてアピール中なのです。カメラに近すぎてうまく撮れない、といいつつ、つい相手をしてしまうカメラマン……。

あ、ちょっとヤバイ?

時々ヘタレ①

あ、ちょっとヤバイ?

ヤバイ、ヤバイ!

ヤバイ、ヤバイ!

逃げろー!

逃げろー!

向かってくる波が思った以上に高かったらしく、びくっとして避けるラッキーの姿をカメラは見事に押さえていました。さすがのイケイケラッキーも予期せぬ高さの波だと、少しヘタレるみたいです。

下りたい……

時々ヘタレ②

下りたい……

でもちょっと高い……

でもちょっと高い……

やったね、とーちゃん!

やったね、とーちゃん!

運動神経のいいラッキーだけど、車からは自分だけでは降りられない。困って右往左往する姿はヘタレといえばヘタレだけど、安全面からいえば、降りられないままでいいのかもね?

ライターのイケイケ評

初対面のスタッフの懐に即潜り込んだうえに満面の笑みを浮かべて甘えてくるあたり、まさにイケイケコギ。スタッフの仕事の手が止まるのも、このかわいさならしかたないことっすな。

ライターのヘタレ評

波で一瞬驚いたり、車から降りられなかったり、とラッキーのヘタレは本当に一瞬。ヘタレたあと、すぐに立ち直って何もなかったかのような顔をしているのも、ちょっとおもしろい。

Text:Eriko Itoh
Photos:Teruhisa Tajiri、Miharu Saitoh、Minako Okuyama

内容について報告する