動物の生涯に寄り添い、 見守り続ける医療施設でありたい

動物の生涯に寄り添い、 見守り続ける医療施設でありたい

動物医療センターPecoは、全5フロアの「犬と猫のための動物病院」として、渋谷・原宿エリアに2021年より新たにスタート致しました。
当グループでは、より良い動物医療を目指し、24年にわたり診療を行ってまいりました。

当グループの1年間の診療/手術数

診療数
101,320
手術数
2,230

※2019年4月~2020年3月

当院は元気な時の予防や健康チェックから、病気の疑いがある時の検査・治療まで、「動物の生涯に寄り添い、見守り続ける医療施設でありたい」という想いで、日々診療を行っております。

当院の診察領域

  • 健康診断
  • 総合診療
  • 消化器の病気
  • 循環器の病気
  • 泌尿器の病気
  • 予防接種
  • 皮膚の病気
  • 眼の病気
  • 歯の病気
など

動物病院紹介動画(フル)

12名の獣医療チームのご紹介

大野 耕一の写真

大野 耕一

獣医師/東京大学大学院修了 東京大学獣医内科学研究室・准教授および同動物医療センター・内科系診療科・消化器科長を経て、当院院長に就任。農学博士(獣医学)、 アジア獣医内科設立専門医

内科(消化器、免疫介在性疾患等)

中山 裕之の写真

中山 裕之

獣医師/東京大学大学院修了 東京大学教授、東京大学動物医療センター長、米国国立衛生研究所客員研究員、日本獣医学会理事長を経て参画。日本獣医病理学専門家協会理事長、東京大学名誉教授、農学博士

病理

作原 佐世子の写真

作原 佐世子

獣医師/北里大学卒 総合診療として内科を中心に、これまで20年以上診療を経験。東京大学動物医療センターでの2年間の研修(内科)を修了。 日本獣医動物行動学研究会所属

総合診療

鈴木 敬子の写真

鈴木 敬子

獣医師/北里大学卒 動物病院にて総合診療を経験後、内科を中心に、日本動物高度医療センター(JARMeC)消化器・泌尿生殖器科に所属し、高度医療を10年間以上経験。腎泌尿器学会所属

内科(消化器・泌尿生殖器等)

河口 貴恵の写真

河口 貴恵

獣医師/岐阜大学大学院修了 東京、埼玉3つの病院で総合診療、関東6病院で循環器専門診療に携わる。日本小動物医療センターにて研修。獣医循環器学会所属 獣医学博士

総合診療・循環器

目澤 咲綾の写真

目澤 咲綾

獣医師/日本獣医生命科学大学卒 大学で心臓・腎臓の研究に従事し、卒業後は総合診療として数多くの症例を経験。丁寧な診察を心掛け、全ては動物のため、そしてそのご家族のために精一杯努めて参ります。

総合診療

佐々木 伸雄の写真

佐々木 伸雄

獣医師/東京大学大学院修了 東京大学動物医療センター長、アジア獣医外科学会会長、獣医事審議会会長、動物看護師統一認定機構長、日本獣医学会理事長経て参画。 東京大学名誉教授、農学博士

外科(整形外科、軟部組織外科)

志賀 崇徳の写真

志賀 崇徳

獣医師/東京大学大学院修了 3分間で研究内容を伝える能力を競うThree Minutes Thesis(3MT)コンペティション東京大学大会優勝、アジア太平洋国際大会準決勝進出。 農学博士

病理科

森野 俊哉の写真

森野 俊哉

獣医師/東京大学卒 IE Business School(スペイン)修了。三井物産、ヒトの病院の運営会社DaVita Inc.(アメリカ)のアジア運営責任者を経て参画。 経営学修士

病院運営

黒岩 沙樹の写真

黒岩 沙樹

動物看護師 東京愛犬専門学校にて動物看護を学び、卒業後、埼玉県の動物病院で6年間動物看護師として勤務し、ペット保険会社にて2年間勤務。 動物看護師統一認定資格

動物看護

室井 恵理子の写真

室井 恵理子

動物看護師 帝京大学アニマルサイセンス学科にて動物看護を学び、卒業後、神奈川県の動物病院で4年間、動物看護師として勤務。 動物看護師統一認定資格

動物看護

宮野 華帆の写真

宮野 華帆

動物看護師 日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科にて動物看護を学び、卒業後、愛知県の動物病院で2年間、動物看護師として勤務。 動物看護師統一認定資格

動物看護

院長あいさつ

 はじめまして。院長の大野です。
 大学という場において獣医学の教育、研究、そして臨床に24年余り携わって参りましたが、2021年6月に早期退職し、新たな立場で臨床と向き合うことといたしました。

 獣医臨床は私が獣医師になってからの31年間に急激な進歩を遂げ、高度医療化や専門医化も進みました。国内のあちこちに二次診療施設が増え、高度医療設備を備えた病院も珍しくなくなりました。そして飼い主さまの求めるものも時代とともに少しずつ変わってきています。獣医師としてこのような変化に対応するためには、常に勉強し情報をアップデートする姿勢が必要になります。大学人としてこの「学ぶ」姿勢にはこだわってきたつもりです。しかし一人の獣医師、一つの病院にできることには限界があることも事実です。そして動物の医療にとって大切なことは、高度な設備や専門的な治療だけではないということも、長い獣医師人生の中で痛感してきました。

 獣医師として自分にできることを謙虚に捉え、個人としてだけではなく、院内の獣医師・看護師のチームワークで困難な症例に対応するとともに、他の獣医師や病院とも緊密に連携をして、それぞれの動物にとって、正しい診断や治療選択ができるように、心がけて参ります。何より動物そして飼い主様との会話を大切にするようにいたします。

 多くの動物と飼い主様を笑顔にできるようスタッフ一同努力しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

獣医師紹介動画(約1分)

来院検討、費用などお気軽にご相談ください

電話相談・予約 営業時間:9:00〜18:00/水曜休診

当院へのアクセス

動物医療センターPecoの 3つの特徴

FEATURES
  1. 専門医を含む経験豊富な獣医療チーム
  2. 動物の負担が少ない診療を目指した様々な工夫
  3. 2021年開院の最新の医療施設、機器の完備

よくある来院理由の例

REASONS TO VISIT
  • 予防接種・健康診断を受けたい
  • 爪切り、肛門腺絞りなどのペットケアを受けたい
  • 食欲不振、元気がない、下痢、嘔吐などの症状がある方
  • しばらく病気が改善せず、専門的な検査が必要な方
  • できる限り動物の負担の少ない診療を希望される方

お電話・メールでお気軽に相談ください!

犬の診察料金の例

FEE EXAMPLE OF DOG

多飲多尿(再診)

トイプードル 5歳オス

7810

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(継続) 1,540円
カテーテル採尿 1,980円
尿検査 2,640円

水を飲むとおしっこの量が増えたので来院。尿検査を行い、異常が見られなかったので経過観察。

肛門膿炎(再診)

パグ 5歳オス

9108

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(再診) 1,540円
肛門嚢内容物の塗沫検査 1,430円
肛門嚢の洗浄処置 3,300円
抗菌薬 3日分 1,188円

お尻の周辺から膿の様なものが出るので来院、膿の内容物検査を行い、抗菌薬を処方して状態良化。

肛門膿炎(再診)

パグ 5歳オス

9570

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(初診) 3,520円
細胞診・病理組織検査 4,400円

前脚の肉球周辺にしこりがあり来院。細胞針検査で良性であることを確認し、経過観察。

足にしこり(初診)

トイプードル 9歳メス

13266

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査 3,520円
X線検査 7,260円
痛み止めの薬 2日分 836円

足を庇う仕草があり来院。X線検査を行い、痛み止めを処方して状態良化。

皮膚の痒み(初診)

チワワ 6歳オス

13420

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(初診) 3,520円
皮膚検査 2,860円
痛み止め薬 7日分 5,390円

前脚を痒がりかじるので来院。皮膚検査で感染が無いことを確認し、痒み止めを処方して状態良化。

猫の診察料金の例

FEE EXAMPLE OF CAT

猫カゼ(再診)

ロシアンブルー 0歳5ヶ月メス

6380

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(再診) 1,540円
抗菌薬 7日分 1,540円
点眼薬(オフサロン) 1,650円

くしゃみと目脂で来院。検査を行い猫カゼ疑いで治療行い症状が改善。

耳の痒み(再診)

ノルウェイジャン・フォレストキャット 4歳オス

8990

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(再診) 1,540円
耳垢検査 1,100円
耳洗浄 3,300円
耳ダニ薬 1回分 1,400円

耳を痒がるので来院、検査を行い耳ダニの治療を行い症状が改善。

ワクチン接種

雑種猫 3歳メス

10120

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(初診) 3,520円
3種混合ワクチン 4,950円

3種混合ワクチン接種希望で来院

猫エイズ、猫白血病同時検査

アメリカン・ショートヘア 6歳メス

11220

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(再診) 1,540円
猫エイズ<wbr>猫白血病同時検査 8,030円

猫エイズ、猫白血病同時検査希望で来院、結果陰性で治療等なし。

口の周りの腫れ(初診)

ベンガル 2歳メス

12100

内訳

診察料 1,650円
問診身体検査(再診) 3,520円
皮膚検査(被毛検査、染色検査) 8,030円
抗菌薬(アモキクリア) 2,200円

口の周りに赤い腫物があり来院。検査を行い膿瘍の治療を行い症状が改善。

来院検討、費用などお気軽にご相談ください

電話相談・予約 営業時間:9:00〜18:00/水曜休診

当院へのアクセス

動物の負担を減らすために

WHAT WE DO FOR DOGS AND CATS
ご褒美をもらいながら診察の画像

ご褒美をもらいながら診察

動物に「病院=好きな場所」と感じて欲しい、という想いから、来院時に大好きなおやつをご持参いただくことを当院では推奨しております。 ご褒美の大好きなおやつを食べながら診察や検査を受けていただくことで、出来るだけ動物の負担を減らしたいと考えております。

ストレスに配慮した診察の画像

ストレスに配慮した診察

当院では、動物の気持ちに寄り添い、ストレスの状態を注意深く観察し、検査や治療の方針を飼い主さんと相談しながら臨機応変に決定いたします。 動物の気持ちを置き去りにした医療を行うことは、出来る限り避けていきたいと私たちは考えております。

犬専用・猫専用のスペースの画像

犬専用・猫専用のスペース

当院では、犬と猫に分かれた待合室、診療室、処置スペース、入院室を用意しております。 犬と猫を分けることで、待ち時間や診療中に落ち着いて過ごせるようにと考えております。

施設紹介

FACILITY INTRODUCTION

エントランス

正面玄関からお入りいただくと、総合待合、総合受付がございます。 動物に「病院=好きな場所」になって欲しい、という想いから、診察や検査のときにおやつを食べながら、診療を受けていただくことができます。また診察がなくても、気軽におやつを食べに立ち寄っていただけるようにしております。

犬専用・猫専用待合

待合室では犬と猫が分かれて過ごすことが出来ます。 少しでもストレスを軽減するために、横並びの椅子で、動物同士の視線が合いづらいようにしております。

診察室・処置スペース

診察室はもちろん、処置スペースも、犬と猫で別々の場所になるよう設計されております。 犬専用・猫専用の合計6つの診察室があり、大型犬に対応の診察室もございます。

施設紹介動画

医療機器のご紹介

FACILITY INTRODUCTION
超音波診断装置の画像

超音波診断装置

心臓や肺などの胸部の臓器や、肝臓や腎臓などの腹部の臓器の状態をリアルタイムで捉えることができます。麻酔無しで動物の内部を観察することができます。

X線撮影装置の画像

X線撮影装置

身体の様々な部位を撮影することで、骨折や関節の異常、異物の有無や様々な臓器の異常などを客観的に評価することができます。

内視鏡・オトスコープの画像

内視鏡・オトスコープ

胃や腸を観察したり、組織を採取することで病気の診断に繋げることができます。また、手術をせずに異物を除去したり、ポリープを切除するなどの治療を行うこともできます。

血液化学検査機器の画像

血液化学検査機器

血液中の赤血球数や白血球数、血小板数などを自動で測定します。貧血の程度、感染や炎症の有無を評価することができます。

全自動血球計数器の画像

全自動血球計数器

手術前、肝疾患および重症疾患時などに、血液凝固分析装置を用いて、出血の危険性を評価することができます。

血液凝固分析装置の画像

血液凝固分析装置

血液化学検査によって、肝臓、腎臓などの臓器の状態や、炎症の程度、ホルモンの異常がないかなどを評価することができます。

血液ガス分析装置の画像

血液ガス分析装置

呼吸器、腎臓および重症疾患時などに、血液ガス分析装置を用いて、血液中のpH、重炭酸、二酸化炭素などを測定することで、ガス交換の状態や血液中のバランスを評価することができます。

尿検査機器の画像

尿検査機器

尿比重や尿中に出てくる様々な物質を計測し、膀胱炎や腎臓病などの病気を発見するのを助けてくれます。

モニター付き顕微鏡の画像

モニター付き顕微鏡

血液、尿、糞便など様々な試料を拡大し、詳細に観察いたします。モニターを通して、評価を共有します。

眼科検査装置の画像

眼科検査装置

スリットランプを用いて、目の表面や内部を詳細に観察することができます。また最新の眼圧計を用いて、動物の負担少なく眼圧を測定することができます。

心電図解析装置の画像

心電図解析装置

心臓の電気の流れを記録し、解析することで、心疾患や不整脈の診断につながることができます。

医療機器紹介動画

手術・入院

SURGERY・HOSPITALIZATION
手術室の画像

手術室

麻酔心電モニターや人工呼吸器、最新の高周波発生装置(電気メス)などを備えた手術室で手術を行います。

手術準備・回復室の画像

手術準備・回復室

手術を受ける動物の準備を、独立した部屋で行うことで、感染症対策を徹底しております。 また手術後の動物の麻酔からの回復も行います。

入院・集中治療室(ICU)の画像

入院・集中治療室(ICU)

入院・集中治療室(ICU)にて、動物が回復するのを獣医師・看護師が見守ります。 ICUでは、酸素濃度や気温、湿度を調整することができます。

手術・入院紹介動画

正しい診療を実施するために

TO PRACTICE BETTER MEDICINE
獣医療知識のアップデートの画像

獣医療知識のアップデート

動物の病気に関する知識や技術は年々新しくなっているとともに、不正確な情報も増えています。 日々の診療だけでなく、正しい新しい知識や技術を、さまざまなルートで常に学び、それを飼い主様に提供できるよう努力いたします。

連携病院ネットワーク

東京大学動物医療センター TRVA

当院では「連携病院ネットワーク」を構築しております。

来院検討、費用などお気軽にご相談ください

電話相談・予約 営業時間:9:00〜18:00/水曜休診

当院へのアクセス

当院へのアクセス

ACCESS
病院までの地図

アクセス説明動画

ACCESS

■電車をご利用の場合
JR山手線「原宿駅」徒歩4分
地下鉄千代田線「明治神宮前(原宿)駅」徒歩7分
地下鉄副都心線「北参道駅」徒歩8分
JR総武線「千駄ヶ谷駅」徒歩15分

■お車・タクシーをご利用の場合
明治通り「千駄谷小学校」交差点より1分
(有料道路をご利用)
 首都4号新宿線「外苑」出口より5分
 首都中央環状線「富ヶ谷」出口より9分
 首都3号渋谷線「高樹町」出口より10分

■無料駐車場(52台)
 第一駐車場 12台、第二駐車場 40台

専用駐車場

保険

アニコム損保、アイペット損保は窓口精算対応
その他、リトルファミリー少短、楽天少短、ペットメディアカルサポート等の保険会社の精算も当院の明細書から飼い主様で申請可能です

当院の診療領域

犬と猫に関するご相談、セカンドオピニオン、混合ワクチン・狂犬病ワクチンなどの予防接種、フィラリア予防、ノミマダニ予防、健康診断、一般診療、血液検査、X線検査、超音波検査、内視鏡検査、オトスコープ、腹腔鏡など

来院検討、費用などお気軽にご相談ください

電話相談・予約 営業時間:9:00〜18:00/水曜休診

当院へのアクセス