犬の胃拡張・捻転症候群:原因、症状や検査・治療法について解説| 動物医療センターPeco

この記事では獣医師監修の元、犬の胃拡張・捻転症候群の原因や症状そして検査・治療法について解説しています。動物病院に連れて行く前に参考にしてください。

記事の監修者
細谷芽里の画像
細谷芽里
動物医療センターPeco 獣医師

犬の胃拡張・捻転症候群とは?

胃が膨らみ(拡張)、ねじれ(捻転)を起こすことにより発症します。胃や周囲組織の血流障害から急激に血圧低下や臓器障害を伴うショック状態に陥り、短時間のうちに死に至ることも多い緊急性のとても高い病気です。

犬の胃拡張・捻転症候群の原因は?

はっきりとした原因は不明ですが、多くの場合、以下のようなことが関連していると言われています。

・1日に1回の多量の食事

・早食い

・飲水や食事の後の急激な運動

・興奮などによる過剰な空気の飲み込み     など

発症しやすい犬種

特にグレート・デーン、ボクサー、ジャーマン・シェパード、ワイマラナーなどの胸が深い大型犬や超大型犬が好発犬種です。

一方で、ミニチュアダックスフントなどの小型犬などでも発症が見られ、どの犬種でも起こりえます。

胃拡張・捻転症候群の症状は?

胃が膨らみ(拡張する)、外から見てもおなかが大きく膨らみます。

胃がねじれる(捻転する)と、吐き気はあるけれど吐けず、ダラダラよだれを垂らしたりします。その後、さらにおなかが膨らみ、腹痛、呼吸が早く荒くなる、目に見える部分の粘膜が白っぽくなる、ぐったりするなどのショック症状へと進行します。

全身に十分な血液が循環されなくなると、胃が壊死し穴があいたり、脾臓が破裂したり、低酸素状態からの心筋障害により不整脈や多臓器不全を起こすことがあります。そのまま治療をしないと数時間で死亡する場合がありますので、早急の治療が必要です。

気になる症状がある場合はご相談ください

短時間で死に至ることも多い病気なので、お腹のふくらみやよだれなどの症状が見られる場合には、動物病院へご相談ください。

動物医療センターPecoにご相談ください
経験豊富な獣医師のチーム体制
最新の医療設備を完備
診療後も充実のアフターケア
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

原宿駅徒歩4分

提携駐車場あり

胃拡張・捻転症候群の検査・診断方法は?(動物医療センターPecoの場合)

検査室の風景

当院で実際に行う可能性のある検査についてご説明します。

一般的な検査は、問診を含めて1時間近くかかりますが、原因や病状によってさらに時間がかかることや、診断のために何度か通院してもらう必要がある場合もあります。時間に余裕をもってご来院ください。

問診・身体検査

症状をお聞きし、身体検査では胃拡張・捻転症候群で特徴的な腹部の打診音の確認、また意識レベル・心拍数・粘膜色など、全身に血液を循環できているかを確認します。

腹部レントゲン検査

胃捻転による特徴的なレントゲン所見が出ていないかを確認します。しかし、レントゲン画像だけでは鑑別が困難な場合もあります。

腹部超音波検査

脾臓の異常や腹腔内出血がないかを確認します。

心電図検査

胃拡張・捻転にともなう不整脈が出ていないか確認します。

胸部レントゲン検査

胃拡張・捻転症候群では誤嚥性肺炎を合併していることがあるため、可能であれば胸部レントゲン検査で確認します。

胸部超音波検査

循環血液量を評価したり、基礎疾患として心疾患がないかを確認します。

血液検査

血液の循環障害による臓器不全や、腹腔内出血による貧血の有無、また血液凝固異常により血液が止まりにくい状態になっていないかなども確認します。

胃拡張・捻転症候群の治療方法

臨床症状に応じて以下の治療の組み合わせが行われます。治療は病状により異なり、他院を紹介させて頂く場合があります。

致死的な合併症となるショックに対する治療

静脈への点滴、酸素吸入などあらゆる救急治療を行います。

拡張した胃の一時的な減圧

早急に胃内の減圧をするために、皮膚の上から太めの注射針を胃内に刺したり、口や鼻から胃にチューブを挿入します。

胃捻転の整復と再発防止、障害を受けた臓器に対する処置

外科的に開腹し、捻転している胃と周囲組織を元の位置に戻し、再発を防ぐために胃を腹壁に固定する手術を行います。胃や脾臓の状態によっては、壊死した胃壁の処置や脾臓摘出が必要になることもあります。

術後管理

手術が成功しても、その後、再灌流障害(それまで血液循環が低下していた組織にたまっていた生体を傷害する物質が、胃の整復とともにそれらの物質が一気に血液内へ流入することで起こる臓器障害)から不整脈、肝不全、腎不全、血液凝固異常などが引き起こされ致命的な状態になることも少なくないため、慎重な集中治療が必要となります。

当院が胃拡張・捻転症候群の診療で心がけていること

1.予防知識の普及に努める

まずは予防のための対策を知って頂き、胃拡張を起こさないようにすることがとても大切です。

<胃拡張・捻転症候群の予防>

胃拡張に対する予防策として、以下のような点に注意することが重要です。

○散歩や運動は食前に行い、食後は運動をさせたり興奮させない。

○食事中、食後とも精神的にリラックスした状態を保つ。

○1回の食事が多くならないように、1日に量を3~4回に分けて行う。

○消化の良いフードを選択する。

○食べ易い形状の食器を選択する。

2.迅速な状況把握と救急処置

胃拡張・捻転症候群は発症から症状の進行が速く、短時間で命に関わることが多いです。治療介入が早ければ早いほど救命できる可能性も高まります。

※状況によっては、提携の救急病院をご紹介する場合がございます。

初診時の一般的な検査費用

当院では、病気の診断や状態把握のために、必要と思われる検査を選択致します。以下に一般的な胃拡張・捻転症候群の検査料金をご紹介します。

検査内容料金の目安
問診・身体検査料5,170円
腹部レントゲン検査4,620円~
腹部超音波検査3,630円~
心電図検査5,170円~
胸部レントゲン検査4,620円~
胸部超音波検査11,000円~
血液検査7,660円~
合計41,870円~
※治療費は別になります。
動物医療センターPeco
外観

診療経験を積んだ獣医療チームが、健康診断〜病気の診療を担当する「犬と猫のための動物病院」です。

ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

地図Google Maps
電車
JR山手線「原宿駅」徒歩4分
お車
明治通り
「千駄谷小学校」交差点より1分
駐車場
提携駐車場あり
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
タイトルとURLをコピーしました