犬のケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎):原因、症状や検査・治療法について解説 | 動物医療センターPeco

この記事では獣医師監修の元、犬伝染性気管気管支炎(ケンネルコフ)の原因や症状そして検査・治療法について解説しています。動物病院に連れて行く前に参考にしてください。

記事の監修者
佐久間龍之助の画像
佐久間龍之助
動物医療センターPeco 獣医師

犬伝染性気管気管支炎とは?

乾いた咳を主な症状とする、急性の呼吸器感染症です。

ケンネルコフという呼び名で知られています。

犬伝染性気管気管支炎の原因は?

犬でよく見られる原因

飛沫感染や直接感染することから、保護施設や商用施設などの多頭飼育環境下で流行しやすい傾向にあります。

犬パラインフルエンザウイルス、犬アデノウイルス2型、気管支敗血症菌(Bordetella Bronchiseptica)が主な原因病原体ですが、他のウイルスや細菌が関与することもあります。

発症しやすい犬種

全ての年齢・犬種で発症しますが、1歳未満で症状を示すことが多いです。

犬伝染性気管気管支炎の症状は?

発咳

最も一般的な症状です。

乾いた咳が多いですが、湿った咳をすることもあります。

その他の症状

発熱、くしゃみ、鼻汁を伴うことがあります。

多くの場合軽症ですが、混合感染により重症化すると元気消失、食欲減退、呼吸困難等を示すことがあります。

気になる症状がある場合はご相談ください

特に重症の場合、ぐったりして元気がなくなってしまうので、できるだけ早く動物病院に行くことが薦められます。

動物医療センターPecoにご相談ください
経験豊富な獣医師のチーム体制
最新の医療設備を完備
診療後も充実のアフターケア
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

原宿駅徒歩4分

提携駐車場あり

犬伝染性気管気管支炎の検査・診断方法は?(動物医療センターPecoの場合)

検査室の風景

当院で実際に行う可能性のある検査についてご説明します。

一般的な検査は、問診を含めて1時間近くかかりますが、原因や病状によってさらに時間がかかることや、診断のために何度か通院してもらう必要がある場合もあります。時間に余裕をもってご来院ください。

飼育環境や、典型的な症状(乾いた咳)をもって疑います。

場合によっては、PCR検査を実施することもあります。

犬伝染性気管気管支炎の治療方法

混合感染を伴っておらず、元気で食欲もあれば、自然治癒することもあります。

しかし、混合感染を伴う場合や長引く場合には、以下の治療が必要になってきます。

内科的治療

症状に応じて、抗菌薬や気管支拡張薬、鎮咳薬を使用します。

また、噴霧吸引療法(ネブライザー)が有効なこともあります。

当院が犬伝染性気管気管支炎の診療で心がけていること

1.適切な治療をご提案します

子犬の場合には重症化することもあるため、症状に合わせた適切な治療を選択します。

2.適切なワクチンプログラムをご提案します

ワクチン接種も重要です。適切な時期に適切なワクチンを接種しましょう。

初診時の一般的な検査費用

当院では、病気の診断や状態把握のために、必要と思われる検査を選択致します。以下に一般的なの犬伝染性気管気管支炎の検査料金をご紹介します。

検査項目料金の目安
問診・身体検査料5,170円
PCR検査16,000円〜
合計21,170円〜
※治療費は別になります。
動物医療センターPeco
外観

診療経験を積んだ獣医療チームが、健康診断〜病気の診療を担当する「犬と猫のための動物病院」です。

ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

地図Google Maps
電車
JR山手線「原宿駅」徒歩4分
お車
明治通り
「千駄谷小学校」交差点より1分
駐車場
提携駐車場あり
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
タイトルとURLをコピーしました