犬のレプトスピラ症:原因、症状や検査・治療法について解説 | 動物医療センターPeco

この記事では獣医師監修の元、犬のレプトスピラ症の原因や症状そして検査・治療法について解説しています。動物病院に連れて行く前に参考にしてください。

記事の監修者
阿島麻里子の画像
阿島麻里子
動物医療センターPeco 獣医師

犬のレプトスピラ症とは?

レプトスピラ症は、レプトスピラという細菌による感染症です。

主にドブネズミなどの野生動物が保菌し、尿中の菌が皮膚や粘膜から侵入して感染します。

発症すると、肝臓や腎臓などが障害を受け、さまざまな症状が現れます。犬では感染しても明らかな症状が見られない「不顕性感染」も多いと言われています。

発生頻度はさほど多くありませんが、人に感染したり、命に関わることもある病気です。

犬のレプトスピラ症の原因は?

レプトスピラに感染することで起こります。

主な感染経路は、ドブネズミなどの保菌動物の尿で汚染された水や土壌との接触で、皮膚や粘膜、口を介して感染します。

台風や大雨の後は注意が必要

レプトスピラは、湿った土壌や水の中で数ヶ月間死滅しないとされています。そのため、台風や大雨で河川が増水した後などは特に注意が必要です。

感染例は全国で報告されている

日本における犬のレプトスピラ症の報告は、西日本でやや多い傾向ですが、全国で発生しており、関東でも毎年数件の報告があります。

レプトスピラ症の症状は?

犬の場合、感染しても症状を示さない不顕性感染が多いとされていますが、体内に入ったレプトスピラは肝臓や腎臓で増殖して、以下のような症状を引き起こすことがあります。

(レプトスピラには250種以上の血清型(タイプ)があり、症状やその進行の度合いは血清型によっても異なります。)

  • 元気消失
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 播種性血管内凝固(出血しやすくなったり、血管が詰まりやすくなる)
  • 黄疸
  • 血色素尿
  • 肝不全
  • 腎炎、腎不全による多尿や無尿

気になる症状がある場合はご相談ください

特に重症の場合、ぐったりして急激に症状が進行してしまうことがあるため、できるだけ早く動物病院に行くことをおすすめします。

動物医療センターPecoにご相談ください
経験豊富な獣医師のチーム体制
最新の医療設備を完備
診療後も充実のアフターケア
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

原宿駅徒歩4分

提携駐車場あり

レプトスピラ症の検査・診断方法は?(動物医療センターPecoの場合)

検査室の風景

当院で実際に行う可能性のある検査についてご説明します。

一般的な検査は、問診を含めて1時間近くかかりますが、原因や病状によってさらに時間がかかることや、診断のために何度か通院してもらう必要がある場合もあります。時間に余裕をもってご来院ください。

問診・身体検査

症状やワクチン接種歴、生活環境などを詳しくお聞きします。

身体検査では、全身状態の評価を行います。発熱や黄疸の有無なども確認します。

血液検査

黄疸や肝臓・腎臓の数値の上昇、貧血の有無等を確認します。

尿検査

黄疸や血色素尿の有無、尿比重等を確認します。

画像検査

レントゲン検査や超音波検査で、肝臓や腎臓の状態等を確認します。

遺伝子検査(PCR検査)・抗体価検査

身体検査、血液検査、ワクチン接種歴などからレプトスピラ症が疑われた場合には、外部の検査機関に依頼して、血液や尿を用いた遺伝子検査(PCR検査)や抗体価検査を行います。

遺伝子検査で陽性となった場合、レプトスピラの感染を確定できますが、感染していても陰性となる場合があるため、感染を否定することはできません。

抗体価検査では血清中の抗体価を測定します。ただし、抗体価はレプトスピラワクチンの接種によっても上がる場合があるため、注意が必要です。

診断

臨床症状や問診、各種検査の結果などを総合的に考慮して、診断をします。

レプトスピラ症の治療方法

抗菌薬によって治療します。

また、腎臓や肝臓の障害、消化器症状、呼吸器症状など、症状に応じた治療も同時に行います。

同居犬がいる場合には、予防的に感染した犬と同じ治療をすることがあります。

当院がレプトスピラ症の診療で心がけていること

1.感染予防のため、適切なご提案をします

レプトスピラに感染しないための予防が何よりも重要です。

生活環境や生活スタイルなどをお聞きして、リスクが高い場合にはレプトスピラワクチンの接種をおすすめします。

また、ワクチンを接種していてもワクチンに含まれていない血清型には効果がないため、野生動物が多い地域では、不用意に沼、川、水たまりなどの水を飲んだり触れたりさせないことも大切です。

2.全身状態を見極めて速やかに治療を開始します

レプトスピラ症では急速に症状が進行することも少なくないため、診断を進めるとともに治療も開始する必要があります。

初診時の一般的な検査費用

当院では、病気の診断や状態把握のために、必要と思われる検査を選択致します。以下に一般的なレプトスピラ症の検査料金をご紹介します。

検査内容料金の目安
問診・身体検査料5,170円
血液検査7,660円〜
尿検査2,640円〜
PCR検査7,920円〜
抗体検査6,600円〜
※治療費は別になります。
動物医療センターPeco
外観

診療経験を積んだ獣医療チームが、健康診断〜病気の診療を担当する「犬と猫のための動物病院」です。

ACCESS

東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目60-7

地図Google Maps
電車
JR山手線「原宿駅」徒歩4分
お車
明治通り
「千駄谷小学校」交差点より1分
駐車場
提携駐車場あり
お問い合わせ・ご予約はこちら
予約する
タイトルとURLをコピーしました