猫をブリーダーからお迎えしたい! 方法や注意点まとめ

猫をブリーダーからお迎えしたい! 方法や注意点まとめ

猫ちゃんをブリーダーから購入しようと考えている飼い主さんにむけて、具体的にどのように探せばよいのか、やり方や注意点などをまとめてみました。ショップとは違うメリットデメリットなどもありますので、これから猫を飼おうと考えている方は必見です。

  • サムネイル: 秋月 落葉
    秋月 落葉
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

これから猫を飼おうと考えている方は、ペットショップのほかにもブリーダーという選択肢があることをご存知でしょうか。猫のブリーダーはどのように探すのか、引き取り方や注意点などをご紹介していきます。
ペットショップとはまた違う出会いの方法で、家族となる猫ちゃんを探してみませんか。

1.ブリーダーの探し方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

1.ブリーダー登録サイトを探す
2.近所のブリーダーを探す

ブリーダーを探す際にはネットにある登録サイトを探すのが一番良い方法です。
基本的に登録サイトには厳しい登録条件があるので、詐欺や事故の心配などもありません。また、地域検索機能で自宅から近い距離のお店を探すこともでき、登録サイト以外にも個人のサイトを検索して探すことも可能です。

ブリーダー検索サイト一覧

代表的な登録サイトをご紹介していきます。猫の種類や地域、年齢などが検索できるほかブリーダー名でも検索することができるので評判の良いお店をすぐに探すことができます。
具体的に飼いたい猫の種類が決まっていない方は、サイトに掲載されている写真からでも探すことができますよ。

2.ブリーダーからの引き取り方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

1.子猫を探す
2.問い合わせる
3.子猫を見学する
4.子猫を迎える旨を伝える
5.各種書類の取引
6.お迎え

サイトで気になる子猫を見つけたら、問い合わせをしてみましょう。電話やメールで問い合わせをしたら、猫ちゃんと面会する日を決めます。その後、直接ブリーダーさんが経営するお店へ訪ねていって子猫を見学させてもらいましょう。
もし迎えることになったら、各種保険や飼育方法などのやり取りをします。

迎えたい猫ちゃんが遠方の場合は空輸や代行業者取引、ブリーダー出張などの方法がありますが猫ちゃんへの負担が大きいのでできるだけ自宅から受け取りに行ける範囲で探すことをオススメします。どうしても遠方から引き取りたい場合は、ブリーダーとしっかりと話し合って引き取り方法を決めましょう。

3.ブリーダーから購入する際のメリット・デメリット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

メリット

■母乳で育つため健康状態が良い
■親や兄弟を見られるため性格がわかりやすい
■育った環境を見られる
■色々な話を聞くことができる

親猫から育てているため引き取りたい子の性格や情報などをよくわかっていて、様々な相談に乗ってもらえます。また、ブリーダーはほとんど同じ猫種を育てていることも多いので、その猫種特有の病気や気をつけたいことについて知識も豊富で、血統書付の純血種であることも多いです。

デメリット

■パピーミルという悪徳業者が存在する
■子猫がいない場合がある

飼いたい猫種で良いブリーダーさんを見つけたとしても、購入しようとしたときに子猫がいないことがあります。猫ちゃんの出産周期は人間に比べとても早く、年に4回産むことが可能だと言われていますが当然それは猫ちゃんの負担になります。予約を受け付けているブリーダーもいますので、子どもは授かりものだと気長に待ってあげてください。

4.パピーミルに注意しましょう

パピーミルの特徴

・子猫を直接見せない
・猫舎を訪ねるのを嫌がる
・相場と比べて異常に価格が安い

前述の通り、動物を生き物として扱わずただお金を生産する道具と考えている、パピーミルという悪徳ブリーダーがいます。もちろん優良ブリーダーも数多くいますが、悲しいことにこのような悪徳業者が日本には数多く存在します。

そんな業者を少しでもなくすために、優良ブリーダーを見極めて購入するのが一番です。サイトに掲載されているブリーダーでも、100%安全とは言い切れません。購入する際はお互いよく話し合って、安全かどうか確認してから購入しましょう。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

良いブリーダーさんは飼い主さんが安定して猫ちゃんと生活ができるようになるまで、見守ってくれます。引き取ったあとも何か疑問があれば気軽に相談してみましょう。可愛い猫ちゃんと一緒に楽しい生活を送れることを願っています。

内容について報告する