ブサかわ人気!エキゾチックショートヘアの飼い方・価格・特徴など

ブサかわ人気!エキゾチックショートヘアの飼い方・価格・特徴など

大きな丸い目とぺたんこの鼻…ぱっと見は「ぶさ…?」と思ってしまうかもしれませんが、よくよく見るとなんとも言えないお顔が「かわいい!」と一気に虜になってしまうはずです。そんなエキゾチックショートヘアについてまとめました。

  • サムネイル: ゆき 真白
    ゆき 真白
  • 更新日:

1.概要

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

味わいのある特徴的な顔立ちをしたエキゾチックショートヘアは、アメリカで生まれた短毛種で、ペルシャと短毛の猫の異種交配によって作出されました。ペルシャと同じ体や顔の構造をしていますが、被毛は短くもなくセミ・ロングでもないという独特なものです。

この特徴的な外見から「ブサかわ」と言われ、猫好きさんたちだけでなく、様々な人に愛されています。太めの足と丸い尻尾、くりっとした目はなんとも言えない愛嬌を持っていますよね。顔の大きさに比べると耳が小さく、全体的にまるっとしてほのぼのとした印象を与えてくれます。

2.歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

1960年代に、アメリカンショートヘアのブリーダーが偶然に生みだしたのが、エキゾチックショートヘアです。アメリカンショートヘア以外にも、ブリティッシュショートヘアやバーミーズなどの短毛種とも交配し、品種としてのスタイルが確立されると1967年CFAに新たな猫種として認定されました。ペルシャとアメリカンショートヘアの交配が行われているのは主に北米だけで、この二つの猫種の交配に対して心良く思わないブリーダーも多く、その他の地域では他の猫種が掛け合わされています。

偶然生まれた猫種ではありますが、ペルシャの特徴を残しつつ毛が短いというその姿から、現在では多くの人に愛されています。

3.身体的特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

■体高:30cm前後
■体長:75cm前後
■体重:3.0kg〜6.5kg
■毛色:ブルー、ブラックなど全色、ポインテッド、タビーなど全パターン公認

毛が短い以外はほとんどペルシャと変わらない見た目をしています。特徴的なぺたんこの顔は、大きな丸い目と短い鼻が近くに配置され、耳は先端が丸く小く離れていて、頭と頬はふっくらと丸いです。体重は他の猫種とあまり変わりませんが、中型のずんぐりしたコピータイプの体はがっしりとして筋肉質で、足は太く少々短いです。尾もやや短めで、全体的に丸々とした印象を受けますね。

短すぎず長すぎない独特の被毛は、密生していて滑らかでふわふわとした手触りをしています。ペルシャに比べお手入れは楽ですが、下毛と上毛があるダブルコートなので換毛期には念入りなブラッシングが必要になります。

4.性格・気質

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

穏やかで人懐こい

ペルシャの血を引いているだけあって、ゆっくりとした時間を過ごすのが好きな穏やかな性格をしています。子どもや他の猫ちゃんがいる家庭でもマイペースに過ごし、怒らない子が多いです。また、抱っこされるのも撫でられるのも大好きです。

物静か

ある程度のことであればやり過ごすほどマイペースでおとなしい性格をしていて、鳴き声もあまり大きくありません。爪切りやお風呂など、他の猫ちゃんだと嫌がるようなこともあまり嫌がらずにやってくれます。鳴いて自己主張することがあまりないため、飼い主さんが注意してみてあげるといいですね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

愛情深く甘えん坊

飼い主さんや家族に対して信頼を抱いてくれて、とても愛情深く接してくれます。もちろんそれは人間だけでなく、他の猫ちゃんに対しても同様なので、多頭飼いにも向いています。そんなエキゾチックショートヘアは、甘えん坊な一面も持っていて、人と触れ合うことが好きなので傍によっては体をすり寄せたり、後ろをついて歩いたりします。

好奇心旺盛

また温厚なだけでなく、アメリカンショートヘアなどの血も引いているため好奇心旺盛な一面もあります。物静かな性格から、いたずらや激しく動いたりすることはありませんが、飼い主さんと一緒に遊ぶことは大好きです。寂しがりなところもあるので、一緒に遊んであげる時間を作ってあげるといいですね。

5.入手方法と価格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

入手方法

その特徴的な顔立ちでファンの間ではとても人気の猫ちゃんとなっていますが、ショップではあまり見かけないと思います。ブリーダーは多くいますので、購入を希望する場合はいいブリーダーを見つけてください。また、非常に珍しいですが、里子に出されていることもあります。殺処分0を目指して、是非一度は里親を調べてみてはいただけないでしょうか。

価格

ブリーダーによって価格は変動しますが150,000円〜300,000円ほどが平均のようです。血統が良かったり、人気の毛色や珍しい毛色の場合は400,000円以上の価格がつくこともあります。価格があまりにも高い、安いという場合は直接理由を訊くようにしましょう。

里親は基本的に無償です。ワクチン代や病院代などを支払うこともありますが、猫ちゃん自体が有償になることはないので、支払いを求められた場合は内訳を訊き、悪徳業者などではないか確かめるといいですね。

6.しつけ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

トイレ

猫ちゃんの排泄は習性によるものなので、トイレを覚えてもらうのは簡単です。

まずは猫ちゃんに合うトイレを選びましょう。すぐに大きくなりますので、子猫だからと小さいトイレを選ぶよりは大きめのトイレを選ぶといいですね。トイレを買ったら次は置く場所です。明るすぎるところでは猫ちゃんも落ち着けないので、部屋の隅や人があまり通らないような場所に設置しましょう。

設置が終わったら、ついにトイレチャレンジです。床の匂いを嗅いだり、砂をかくような動き、そわそわし始めたらトイレサインです。さっとトイレまで連れて行ってあげましょう。終わるまで静かに見守り、無事おしっこなどが出たら撫でて褒めてあげます。これを何度か繰り返すことで自分からトイレに行くようになりますよ。

ショップやブリーダーから購入する場合はすでにトイレを覚えていることもあるので、そのときは以前使っていたものと同じトイレ・猫砂を用意してあげると、教えなくても自然と使うようになります。

もし失敗してしまっても叱らないようにしましょう。「トイレの場所が気に入らないか」「トイレサインを見逃したか」など原因を探してください。臭いが残っていると同じところでしてしまう可能性があるため、素早く処理し消臭スプレーを吹きかけましょう。また、猫ちゃんは綺麗好きなのでトイレが汚れていると仕方なく違う場所でしてしまうことがあります。こまめにトイレ掃除をして、常に清潔に保ってあげるといいですね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

爪とぎ

爪とぎもトイレ同様、習性によるものです。決まった場所以外で爪をといでしまった場合は、叱ってやめさせるのではなく爪とぎ器でとぐことを覚えてもらいましょう。

爪とぎ器には「紙」「縄」「板」「布」などの種類があります。もし先に家具などで爪をといでいたら、似た素材の爪とぎ器を用意すると使ってくれる可能性が高まりますよ。猫ちゃんを迎え入れるときに一緒に揃える場合は、何が気に入るかわからないため、いくつかの種類を用意できるといいですね。

用意ができたら猫ちゃんの手を爪とぎ器に擦り付けましょう。匂いをつけることでそこが猫ちゃんのテリトリーになり、爪とぎをしてくれるようになります。

買った爪とぎ器を使ってくれないときは、素材が気に入らなかったり、場所が気に入らない、不安定でとぎ辛いということが考えられます。猫ちゃんが落ち着いて安定してとげるような環境にしてあげましょう。家具でといでしまう場合は、板を取り付けたり、猫ちゃんの苦手な匂いのスプレーを吹きかけるなど工夫をすることも大切ですね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

噛む

おとなしいエキゾチックショートヘアが噛むことは滅多にないかと思いますが、早いうちに親や兄弟と離れてしまった子は痛みがわからず遊びの延長で噛んでしまう可能性があります。

遊んでいる最中に噛まれた場合は、騒がず無視するようにしましょう。部屋から出て行ってしまうのもいいですよ。少しの時間部屋を空けたらなに食わぬ顔で戻り、また遊んであげます。エキゾチックショートヘアは飼い主さんが大好きなので、「噛んだら遊んでもらえない」と覚えることで噛まなくなりますよ。

また、「イタイ」と顔を歪めたり、「ダメ」と言うのもいいですね。猫ちゃんはよく表情の変化を見ているので、険しい顔をすると「ダメなんだ」とわかってくれます。

叱らなくていい環境を作る

「壊れて困るものを置かない」「物は固定しておく」「触れられたくないものは触れない場所に置く」など、叱らなくてもいい環境を整えましょう。猫ちゃんは本能のまま自分の生活に必要なことをします。全てを人間の生活スタイルに合わせられるわけではないので、飼い主さんと猫ちゃんがお互いにとってよりよい環境になるようにしましょう。

7.お手入れ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

エキゾチックショートヘアは、他の猫ちゃんが嫌がるようなことも特に抵抗せずに受けてくれます。他の猫ちゃんに比べてとてもお手入れがしやすく、初めて猫ちゃんを飼う方にも飼いやすい猫種だと言えますね。

爪切り

「爪とぎをしているから爪切りは必要ないのでは?」と思われる飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、爪切りと爪とぎの役割は違います。猫ちゃんの爪は二層構造になっていて、「爪とぎ」は外側の古い爪を剥がし内側の新しく鋭い爪を出す目的で行い、「爪切り」は長い爪を短く丸くするために行います。猫ちゃんの爪は人間と同じで伸び続けますので、定期的に切ってあげましょう。切る頻度としては、活発な子であるならば1週間ほど、おとなしい子なら2週間〜3週間ほどです。

爪を切る前に、肉球に触られることと爪切りに慣れさせましょう。突然爪切りを出して肉球を掴んでは、さすがのエキゾチックショートヘアも驚いてしまいます。膝の上に乗せ優しく声をかけながらリラックスさせて行いましょう。

軽く肉球を押すと中から爪が出てきますが、切るのは先端の部分だけです。光で照らすと白い爪が途中から薄い桃色に変わっているのがわかるかと思いますが、それは中の血管が透けて見えているためです。誤って深爪しないように注意しましょう。

ブラッシング

ペルシャほど長毛ではないためお手入れは楽ですが、短毛種よりは長い毛に密に生えたダブルコートの被毛は、定期的なブラッシングが必要になります。コミュニケーションも兼ねて朝夕1回ずつしてあげるといいですね。長毛ではないのであまり必要とは言えないかもしれませんが、抜け毛がすごい換毛期などはコームというクシを使ったコーミングをしてあげてもいいですね。

抜け毛が体の表面に残っていると、グルーミングのときに一緒に飲み込んでしまい、毛玉がお腹のなかで溜まったり、吐いてしまうことがあります。できる限り抜け毛はブラッシングで取り除いてあげるようにしてください。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

シャンプー

他の猫ちゃんに比べ抵抗がないからと言って、突然シャワーやドライヤーを当ててはストレスを感じてしまう可能性があるため、事前にお風呂場で遊ばせたり、ドライヤーの音に慣れさせるようにしましょう。

■準備

爪切りとブラッシングは事前に終わらせておくといいですね。猫ちゃんを抱っこして運ぶ時に爪が短いと痛くないですし、ブラッシングで先に抜け毛やほこりを落とすことで毛玉ができにくくなります。濡れてからだと毛玉などはほぐれにくく切らなければいけなくなる可能性もあるため、心配ならコーミングをしてもいいですね。

シャンプーは事前に別の容器で薄めておきましょう。

■濡らす

37度前後の人肌のぬるま湯で濡らして行きます。シャワーの勢いは弱めにして、シャワーヘッドを体に当てて濡らすといいですね。顔は濡れないように注意しながら首から下に向かって濡らしましょう。

顔は体を洗うときに濡れたガーゼで優しく拭いてあげてください。エキゾチックショートヘアはマズルが短いため、顔を拭くときに目を傷つけないように気をつけましょう。

■シャンプー

薄めたシャンプーをゆっくりとかけていきます。かけながら指の腹を使って地肌をマッサージするように洗いましょう。エキゾチックショートヘアは毛が密生しているため、なかなか皮膚までは洗いにくいかもしれませんが、毛ではなく肌に触れるよう意識するといいですね。お尻や尻尾の付け根は汚れやすく脂っぽくなりがちなので、しっかり洗うようにしましょう。

■洗い流す

洗い流すときもシャワーヘッドを体に当てて流すといいですね。指の間や足の裏、足の付け根、首の下などは水が溜まりやすく流し残しの危険があるため、念入りに流しておきましょう。シャンプー同様地肌に触れることを意識して洗い流して行くとシャンプー残りもなくいいですね。

流し残しがあるとグルーミングのときにシャンプーの成分を体内に取り込んでしまい、体調を崩す恐れがあるため注意して流しましょう。

■タオルドライ

きちんと流せたことを確認したら手である程度水気を切り、素早くバスタオルで包みましょう。タオルがびっしょり濡れてしまう前に新しいタオルに変えると早く乾くので、何枚か用意しておくといいですね。吸水性の高いものを使用すると、素早く水気が取れるので猫ちゃんが風邪になる心配も減りますよ。

■ドライヤー

タオルで大方の水分を取ったら、ドライヤーで乾かして行きます。ドライヤーの勢いは弱めにして、火傷してしまう恐れもあるため体から離して使用しましょう。ブラシを使いながらやると早く乾かせますよ。ドライヤーを立てておけるスタンドなどがあると乾かしやすいかもしれませんね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

耳掃除

耳掃除の頻度は人によって変わってきますので、明確に何回と言うことはできませんが、2週間に1回ほどで問題ありません。耳ダニなど耳の病気が心配な場合は1週間に1回掃除をしてもいいですね。ただ人間と同じで頻繁にやりすぎるのは逆に耳を傷つけてしまう危険があるため注意をしましょう。

掃除する際は、イヤーローションで湿らせたガーゼを指に巻いて外耳を拭きましょう。綿棒は耳の奥までさしてしまう危険があるため、使わないようにしてください。

8.かかりやすい病気と寿命

寿命

10年〜13年が平均のようです。室内飼い猫ちゃんの平均が15歳前後なので、全体的に見ると少々短命かもしれませんね。食事の内容や生活環境によってはもっと長い時間を一緒にいることもできるので、是非猫ちゃんにとって過ごしやすい環境を整えてあげてください。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ペルシャは遺伝的にかかりやすい病気があります。

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

腎臓に3個以上の嚢胞(液体の入った袋)があるものを多発性嚢胞腎と言います。ペルシャに多い病気で、その血を引くエキゾチックショートヘアも遺伝的になりやすいと考えられています。腹部が膨らむなどの症状が見られますが、普通痛みはありません。嚢胞により腎臓が圧迫されると腎不全になり「食欲不振」「多飲多尿」などが現れます。

明確な治療法はなく、大きくなりすぎた嚢胞には外から針をさして液体を吸引することもありますが、全ての嚢胞にできるわけではありません。腎不全を発症している場合はその対症療法を行います。遺伝で発症することが多いため、多発性嚢胞腎の遺伝子を持った猫ちゃんと繁殖させないことが予防法と言えます。

尿結石(にょうけっせき)

石のような結晶が形成される病気です。結石のできる場所によって「腎結石」「尿管結石」「膀胱結石」「尿道結石」と名前が変わってきます。症状もそれぞれで変わってきますが、全てに共通して血尿が見られます。主に尿石が見られるのは「膀胱」か「尿道」で、「尿道結石」になってしまった場合は処置が遅れてしまうと腎不全に陥り死んでしまうこともあります。

結石を溶かしたり、尿道にカテーテルという管を入れて洗い流す、大きな結石の場合は外科手術を施すなど、結石の種類によって治療法は変わってきます。予防法としては、トイレを清潔に保ったり、新鮮な水をいつでも飲めるようにするなど、おしっこを我慢させない環境を作ってあげることです。

また、尿結石は再発の多い病気なので、予後は食事に気をつけたり定期検診を受けることが大事になります。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

流涙症(りゅうるいしょう)

エキゾチックショートヘアは、その独特な顔の構造上涙管が詰まりやすく、涙が溢れてしまう流涙症になりやすいです。涙やけを起こすと毛色が変色するだけでなく、まぶたが赤く腫れたり、感染症を引き起こす可能性もあります。

こまめに目頭を拭いてあげたり、涙が異常に増えたと感じたらすぐに獣医さんに診てもらいましょう。他の病気や異物が入ったことで起こることもあるので、「なりやすいから」と放っておかず、常に気にするようにしてあげてください。

鼻づまり

流涙症と合わせて気をつけたいのが鼻づまりです。その「鼻ぺちゃ」という構造上鼻がつまりやすく、また汚れやすいです。鼻がきかなくなるとご飯の匂いがわからず食欲不振に陥ってしまう可能性もあるので、口でハアハアと呼吸していないか、息がしづらそうではないかなど、注意して見てあげてください。

鼻周りが汚れていたら湿らせたガーゼで優しく拭いてあげるといいですね。

白内障(はくないしょう)

犬に比べ猫が発症することはとても珍しいですが、バーマンやヒマラヤン、ペルシャなどは白内障になる可能性があり、エキゾチックショートヘアも同様です。他の病気や、外傷によって発症することもありますが、エキゾチックショートヘアの場合は先天的なものがほとんどです。症状としては、眼球の白濁や光をまぶしがる、動きがぎこちなくなるなどがあげられます。

初期段階であれば点眼や薬によって治療しますが、重度になると手術をする必要があります。目で見て白濁がわかるほどだとすでに病気が進行している証拠なので、早急に病院に連れて行きましょう。白濁が見られるより前に治療ができることが望ましいので、「あまり動かなくなった」などちょっとした違和感を感じたらすぐに獣医さんに診せましょう。

先天的なものは予防のしようもありませんが、後天的に発症させないためにも目が傷つかないように気をつけることが大事になりますね。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)

心臓の筋肉がどんどん厚くなっていく病気です。初期は無症状ですが、肥大化が進むにつれて十分な血液が送れなくなり「臓器の機能低下」や「呼吸困難」が見られるようになります。他にも血栓ができることで後ろ足の麻痺などが起こり、そのまま放置してしまうと足が壊死してしまうこともあります。高齢の猫に多いと言われますが、若い猫でもかかる可能性があるため注意が必要です。

この病気を発症する原因はわかっておらず、根本的な治療法もないため、症状に合わせて薬を投与し緩和して行きます。予防するのが難しい病気ですので、定期的な検診を受けることが大切ですね。

眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)

まぶたが内側に巻き込まれることで眼球を刺激してしまう病気です。結膜炎や角膜炎によって誘発されることもありますが、ペルシャがかかりやすことから遺伝的な要因も考えられます。まばたきが増えたり、まぶたの痙攣、涙が異常に増えるなどの症状があります。

角膜炎など他の病気を発症している場合は、先にその治療を行います。巻かれたまぶたが伸びてしまっている場合は、外科手術によって余分な部分をカットします。原因が遺伝だと予防するのは難しいですが、目やその周りに異変がないか常に注視するようにするといいですね。もし異常があった場合は早急に病院を受診しましょう。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ペルシャに似ているにも関わらず独特の哀愁がありますよね。あまり見かけることはないかも知れませんが、とても飼いやすい猫として人気を集めていて、エキゾチックショートヘアを複数匹飼われている方もいらっしゃるそうです。見た目だけでなくその性格までも魅力的なエキゾチックショートヘア、購入を検討中の方は是非新たな家族として迎え入れてはいかがでしょうか。

内容について報告する