トイ・プードルのお手入れ方法と適切な頻度

ふわふわの被毛が魅力のトイ・プードルは、日々のお手入れがかかせない犬種として知られています。今回は、ブラシやコームを使ったブラッシングや、耳・目の周りのお手入れ方法について解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

トイ・プードルのお手入れのポイント

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Chin Kit Sen/Shutterstock.com

かわいらしくカールしたふわふわの毛並みが特徴のトイ・プードル。そんなトイ・プードルのお手入れのポイントは、毎日のブラッシングです。丁寧にブラッシングしてあげることで、トイ・プードルの被毛を美しく保てるだけでなく、皮膚の血行を促進するマッサージ効果も期待できます。

また、お手入れのために毎日トイ・プードルのカラダを触ることで、飼い主との信頼関係の構築や病気の早期発見につながるほか、動物病院やトリミングサロンでも過剰なストレスを感じることなく過ごせるようになります。

トイ・プードルの毎日のお手入れ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jagodka/Shutterstock.com

やわらかくカールしたトイ・プードルの被毛には、毛玉やもつれができやすいという特徴があります。ちょっとでもブラッシングを怠ると、すぐに被毛がごわごわになってしまうので、毎日のブラッシングを習慣にしましょう。

トイ・プードルのブラッシングに必要なものは、スリッカーブラシとコームです。まずは毛玉の除去に最適なスリッカーブラシを使って、被毛のもつれをほぐしていきます。

散歩の後にブラッシングする習慣をつけると、散歩中についた汚れをすぐ落とせるだけでなく、ノミやダニの予防にもつながります。ただし、ノミやダニを確実に予防するためには、専用の予防薬を使用する必要があります。

スリッカーブラシで被毛のもつれをほぐした後は、コームで丁寧にといてあげると、被毛の流れがさらに美しく仕上がります。

とくに、毛玉ができやすい脇やお腹、足周りは注意してブラッシングしてあげましょう。また、ブラッシングには血行を良くして新陳代謝を高める効果もあるので、トイ・プードルの健康維持に役立ちます。

また、トイ・プードルは「涙やけ」ができやすい犬種です。涙やけとは、涙で濡れている状態が長く続くことで、目の周りの毛が茶色く変色してしまうもので、とくに、ホワイトやクリーム、アプリコットカラーのトイ・プードルではよく目立ちます。

毛の変色自体がトイ・プードルの健康に悪影響を及ぼすことはありませんが、涙で濡れた毛や目やにを放置しておくと、雑菌の繁殖により皮膚トラブルを発症する可能性があるほか、目の中に雑菌が入ることで目の病気を誘発するおそれがあります。

愛犬の健康を守るためにも、こまめに目やにを取ったり、コットンやガーゼなどで目の周りを拭いたりしてあげましょう。

そのほか、毎日してあげたいお手入れの一つに歯磨きがあります。歯磨きは毎食後が理想ですが、最低でも1日1回は必ず歯を磨いてあげるようにしましょう。トイ・プードルは口が小さいので、歯ブラシを使用するのが難しい場合は、ガーゼなどを指に巻いて歯の汚れを拭いてあげてください。

トイ・プードルの定期的なお手入れ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Haruna_cchi/Shutterstock.com

トイ・プードルの定期的なお手入れとしては、月に1回ほどのトリミングが必要になります。トイ・プードルの被毛はカットしない限り伸び続けてしまいます。トリミングサロンなどを利用して、お手入れがてら様々なカットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、耳掃除やシャンプーも大事なお手入れポイントです。

トイ・プードルは垂れ耳なので、耳の中が蒸れやすく、汚れもたまりがちです。そこで、定期的に耳掃除をしてあげることが、耳のトラブルの予防につながります。

トイ・プードルの耳は、外側だけではなく内側の奥までやわらかい被毛が生えているため、耳垢が取りづらく、鼓膜の周りにも汚れがたまってしまいます。汚れを放置しておくと、外耳炎など耳のトラブルの原因となる場合があるので、イヤークリーナーを使用して、定期的に耳掃除をしてあげましょう。

トイ・プードルのシャンプーは月に1回程度で充分です。シャンプーのしすぎは、皮膚の健康を保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまうので注意が必要です。また、シャンプー前やシャンプー後にカラダを乾かす時にも、被毛のもつれや毛玉を防ぐために、しっかりとブラッシングをしてあげてください。

毎日のお手入れは、大切な愛犬とのコミュニケーションの時間でもあります。愛犬との絆を深めるためにも、たっぷり愛情を込めてお手入れをしてあげましょう。

内容について報告する