トイプードルの毛色の種類と、毛色による性格の違い。

トイプードルの毛色の種類と、毛色による性格の違い。

もっこもこの毛がかわいいトイプードル。小柄な体躯から日本で大人気です。そんなトイプードルの毛色と性格について記述します。

  • サムネイル: derhund
    derhund
  • 更新日:

毛色の種類

代表的な毛色を紹介します。ブラック、ブラウン、ホワイト、レッド、シルバー、アプリコットなどがあり、そのなかでも比較的レッドの人気が高いようですが、どの色もかわいくて選べないですね!

ブラック

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

墨のような光沢のない黒から、小豆のようなやや赤みがかかった黒まで、様々な色があります。硬くて丈夫な被毛を持ち、毛の量は多いです。完全に真っ黒な色はとても少ないため、あまり見ることはありません。

ブラウン

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

トイプードルの中でも人気で、基本的とされている色の代表で、元々はブラックから派生した中間色でした。年齢を重ねるごとにだんだんと色が落ち着いていき、カフェオレのような色になるようなことが多いようです。混色傾向のないブラウンが一番良い色とされています。徐々に変化していく毛色は、ダークブラウンやマホガニーブラウンなどとも呼ばれています。

ホワイト

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ホワイトも人気です! クリームもこの系統です。人によってクリームはアプリコットの薄い子という人もいますが、あくまでもクリームはホワイトの系統です。

ホワイトはブラックに比べてやや毛量が少ないとされていますが、個体差も関係してくるようです。毛量が多いほうが良い人は、選ぶ際によく観察してみてくださいね。

レッド

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

名前の通り赤みが強い色で、混色の激しい色とも呼ばれています。色素自体が確立されていないため、色の名称としての定義が若干曖昧で、血統書によってはレッドでもアプリコットのような色になっていることがあるようです。

アプリコット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

トイプードルの体色の中でも人気の上位にある色の一つで、被毛の色が子犬から成犬に成長するまでの段階で変化していくのが特徴です。顔や足元、尾の付け根部分と、毛の根元の部分が濃い色が理想的なアプリコットと言われています。

反対に、毛の根元が白っぽい場合は、1、2年で色がだんだんとクリーム色などの淡い色へ変化することが多いようです。

シルバー

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

シルバー、グレー、シルバーグレー、シルバーベージュ、ベージュなどがあり、子犬のころは色が濃くてブラックに近い場合もありますが、成長するにつれてだんだんと色の変化が見られることが特徴です。ただ、最終的にどのような色になるかは個体差があります。

基本的なトイプードルの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

賢く、しつけしやすい

プードルは非常に賢い犬種で、「もっともしつけやすい犬種」とも呼ばれています。ひときわ高い学習能力を持ち、活発で社交的なので、他の人や動物とも仲良くできます。感性豊かで、飼い主さんを喜ばせるためにいつも一生懸命になるところがあります。

しつけなどのトレーニングに関しても遊びながら積極的に吸収していくため、手がかからないところも特徴です。とても頭がよく、全小型犬種の中でも2番目に頭がいいとも言われております。

しかし、神経質な一面も

しかしその反面、神経質な面もあり、知らない人には警戒心を抱き吠えてしまうこともあります。癖になる前に飼い主さんがしつけを施し、吠えないようにする工夫が必要です。

また、前述した性格には毛色によってわずかな違いが見られます。

トイプードルの毛色と性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ブラック

ブラックは性格が安定していて、頭が良く、飼い主さんへの忠誠心も他の色よりも高いことが特徴です。他の色よりも運動能力があるとされていて、しつけや訓練などがしやすい色だと言われています。

ブラウン

独立心が強く大人びていて、やや協調性に欠けるところがあるようです。そのためしつけや訓練は少し根気が必要なことがあります。

しかし一度覚えたことは忠実にこなしてくれるので、訓練のしがいがあります。他の人にはあまり懐きませんが、飼い主さんにだけは甘えん坊な一面を見せてくれます。

ホワイト

ブラックと同じく性格が安定していて、社交性があるため、他の犬とも友好的に付き合えます。運動能力はブラック程活発ではありません。飼い主さんへの忠誠度は強く、比較的甘えんぼな傾向があるようです。

レッド・アプリコット

レッドやアプリコットは性格が一定でなく、個体によってかなり違いがでることが特徴です。しかし、大きくわけて、やんちゃやおてんばなどの性格が多く、活発で運動能力が高い子が多いようです。

しかしその分飼い主さんへの忠誠心は低く、子犬のうちからきちんとしたしつけを施すことが大切です。協調性にもやや欠けることがあるようなので、飼い主さんがしっかりとした態度でリードを持ち、統制する必要があります。

シルバー

シルバーの特徴としては、甘えん坊であることが挙げられます。飼い主さんに構ってもらうのが大好きですが、その分協調性に欠けることもあるので、根気よくきちんとしたしつけを行う必要があります。

どのカラーも見た目は可愛いですが、毛色によって性格が違うのですね。
トイプードルを迎える時には参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

以上、トイプードルの毛色の種類と性格でした。
毛色によって性格が異なるそうですが、もちろん個体によっても性格は違ってきますよね。
どんな犬でも向き合い、素敵な信頼関係を結ぶことが大切ですね。

内容について報告する