【トイプードルは寒がり?】トイプードルの寒さ対策について

【トイプードルは寒がり?】トイプードルの寒さ対策について

フワフワな被毛が魅力のトイプードル。見た目にはとても暖かそうにも見えますが…実際はどうなのでしょう。そんなトイプードルの寒さ対策についてです。

  • サムネイル: watapachi
  • 更新日:

1.トイプードルの寒さ耐性

結論から言うと、トイプードルはとても寒さに弱い犬種です。

フワフワな被毛が、一見暖かそうに見えるトイプードルですが、その見た目と保温性はあまり関係がありません。

犬の被毛には『シングルコート』と『ダブルコート』と呼ばれる2種類がありますが、トイプードルを含めたプードル種はすべてシングルコート。

被毛が“上毛”と“下毛”の2重構造で構成されている『ダブルコート』は、保温性が高く、外気の影響を受けにく仕組みになっていますが、『シングルコート』には“下毛”がないため、ダブルコートと比べ被毛の密度が少なく、外気の影響を受けやすくなっています。

その為シングルコートの犬種は真冬の冷気をより直接的に体感することになるので、寒さを感じやすい、寒さに弱い犬種と言えるのです。

また、小型犬であるトイプードルは体高が低く、地面に近いところを歩きます。暖気は上へと昇っていく性質がありますので、同じ家の中でも寒さを感じやすいと言えるのではないでしょうか。

■犬が寒さに強いとは限らない

また一般的に犬は人間よりも体温が高く、寒さに強い動物と思われがちですが、室内飼いが多くなってきた近年では1年中安定した気温の中での生活に慣れてしまい、気温の変化に対する耐性も弱くなってきています。外での飼育よりも、室内飼いの方が良いのはもちろんですが、室内飼いであっても気温の変化にはきちんと注意をしてあげましょう。

2.トイプードルの防寒対策一覧

ここからはトイプードルの寒さ対策についてまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

犬用のヒーターやホットカーペットなどの暖房機を使用する。

部屋の中での寒さ対策は、やはり部屋の温度を保つための暖房機器を利用するのがおすすめです。
飼い主さんが部屋を留守にする際には、ペット専用のホットカーペットなどを用意してあげると良いでしょう。

カーペットなどの暖房機器を使用する際は、熱くなり過ぎた時に犬が自分で体温調節が出来るスペースを残しておくことが大切です。

ケージに対策を行う

ケージのなかに、毛布や座布団を入れてあげたり、ケージの周りをダンボールや毛布で囲ってあげることで保温性が高まります。
少しの外出や、夜眠る時や留守にする場合などにオススメです。

服を着させる。

特に散歩のときなどには、風をしのげるよう温かい服を着せてあげるのがオススメです。フリースやダウンのようなものであったり様々な素材のものが展開されています。

留守番の際に服を着せる場合は、自分で着脱できない為熱くなり過ぎないように注意します。

ワンちゃんの中でも、トイプードルはかなり寒さに弱い犬種です。
出来る限りの対策を講じて、大切な愛犬を寒さからしっかりと守ってあげてくださいね。

内容について報告する