ブルドッグってどんな犬? 歴史やカラダの特徴について

強面なのに、愛嬌抜群で私たちを和ませてくれるブルドッグは、家庭犬として根強い人気の犬種です。ここではブルドッグが辿ってきた歴史と特徴についてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

ブルドッグの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

everydoghasastory/Shutterstock.com

ブルドッグの起源は「ブルベイティング」という競技のために、マスティフ系の犬種を改良したのが始まりとされています。「ブルベイティング」とはその名の通り、牛(ブル)に噛みつく(ベイティング)という意味で、13世紀にイギリスから始まった見世物です。杭につながれた牛に対して、犬を数頭放ち、鼻に噛みつくなどして牛を倒した犬の持ち主に高額な賞金を支払うというもので、貴族から庶民まで大変な人気を誇った競技でした。

このような見世物に特化して改良されたブルドッグは、カラダの均整よりも強さを求めて改良が続けられていきます。牛に噛みついても呼吸ができるように、短い口吻と潰れて上向きの鼻となり、噛みつく力が強くなるように下顎はしゃくれ、牛の角による攻撃をかわすために脚は短く体高は低くなり、牛の攻撃によるダメージを最小限にするために皮膚はたるみ、牛に振り落とされないように首は短くなっていったのです。このようにしてブルドッグの原型が出来上がっていきました。当時ブルドッグは体重が60㎏近くもあり、性格も獰猛かつ攻撃的だったといわれています。

1835年、動物愛護の観点から「ブルベイティング」が禁止され、改良され続けてきたブルドッグの存在理由がなくなってしまいました。このため、繁殖されることが極端に減ったブルドッグは、一時絶滅の危機を迎えてしまいます。

しかし、一部の愛好家たちがブルドッグの存続のために立ちあがり、時代に合った大きさ、性格の犬へと改良していきました。カラダを小さくし、攻撃的な性格を抜き去ることに成功すると、怖そうな表情ながら、穏やかでやさしいブルドッグが生まれたのです。おかげで、ブルドッグは家庭犬としての人気が高まり、危機を脱することができました。

生まれ変わったブルドッグは、イギリスを象徴する国犬となり、現在も変わらず愛され続けています。イギリス海軍のマスコットや、ニューヨーク州のレスキューのシンボルマークに「勇気と不屈の精神の象徴」としてブルドッグが使われていますし、日本のソースのシンボルマークとしても有名です。このマークができたのは大正末期で、ソース発祥の地のイギリスで、ブルドッグが家庭犬として人気だったことが採用された理由でした。

ブルドッグのカラダの特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Lunja/Shutterstock.com

ブルドッグは体高が35㎝程度、体重はオスが25kg前後、メスは23kg前後が適切と定められています。肩幅が広く短い脚で、重心が低く、安定感のある佇まいをしているのが特徴です。カラダは筋肉質でしっかりしていますし、四肢も頑丈です。皮膚がたるんでいるのもブルドッグの特徴ですが、決して肥満体ではありません。

被毛はスムースで、かなり厚めの短毛になっています。毛色は単色かスマット(単色にブラックのマスクとマズル)で、ブリンドル、ホワイト、レッド、フォーン、パイボールドが認められています。

ブルドッグの顔の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Family Business/Shutterstock.com

ブルドッグ最大の特徴といえば、やはり顔ですね。顔は短く、皮膚もたるんでいて、鼻はとても短く上向きになっています。典型的な短頭種といえるでしょう。頭はとても大きく、メスの骨盤より大きいので、自然分娩が難しい犬種です。出産の際には帝王切開になることを覚えておきましょう。

現在のブルドッグは、下顎が出っ張りすぎているので、噛むことが苦手になっています。耳は小さくて、バラの花のように広がっていることから「ローズイヤー」と呼ばれています。目は大きな暗色で、眼窩が浅く飛び出しています。

ブルドッグは温厚で、いつも飼い主の傍にいたがる甘えん坊です。頑固な一面も持ち合わせていますので、時間をかけて付き合うことが大切です。うまく信頼関係を築ければ生活の良きパートナーとなってくれるでしょう。

内容について報告する