【冬のポメラニアン】ポメラニアンに寒さ対策は必要???

【冬のポメラニアン】ポメラニアンに寒さ対策は必要???

今回はポメラニアンの寒さ対策についての記事です。比較的寒さに強いとされていますが、個体差はあるので、愛犬が寒がっているかしっかり判断しましょう!

  • サムネイル: watapachi
  • 更新日:

もくじ

1.ポメラニアンは寒さに強い?

2.いつから寒さ対策が必要?

3.ポメラニアンの寒さ対策

1.ポメラニアンは寒さに強い?

■犬が寒さに強いとは限らない

犬の平熱は小型犬で39℃、大型犬で38℃ほどあり、人間よりよりも高いためその分、寒さに耐性があります。
しかし、犬種の違いや老齢化によっても寒さへの耐性は異なるため、一概に寒さに強いとは言えません。そのため飼っている犬に合わせた寒さ対策が必要です。

■ポメラニアンは寒さに強いの?

ポメラニアンはダブルコートといわれる構造上、寒さには強いとされています。

しかし室内犬の場合温度の変化についていけなくなり、寒さに弱くなってしまうこともあるようです。

2.いつから寒さ対策が必要?

では、寒さ対策が必要かどうかを、私たち飼い主はなにを見て判断すればよいのでしょうか?

こんな行動が見られるときは、寒さを感じている可能性があります。

■震えがある

■動きが鈍い、動かない

このほかにも、

・遊び、散歩に行きたがらない
・普段以上に人のそばにいたがる
・水を飲む量は減っている、飲まない

などの行動が見られたら、寒さを感じている可能性があります。

見逃さないようにしましょう!

3.ポメラニアンの寒さ対策

■室内犬はケージにひと工夫

・ケージと壁の間にダンボールを挟む
・ケージの上から覆いかぶせるように毛布をかける
・ケージ内にフリース素材の毛布をいれておく

こういった工夫によって、夜間の寒さ対策をとることができます。

■エアコンによる暖房

エアコンの暖房は、部屋全体を温めることができるため、寒さに弱い犬にとっても有効です。
暖房の場合は犬たちのいる床に近い高さまで温まっていなければ、効果がありませんので注意しましょう。

■散歩のときは着衣も

冬場に温かい室内から外に出ると、犬たちは急激な温度変化にさらされます。
犬への負担を減らすためにも、必要に応じて防寒用の衣服を利用しましょう。

ポメラニアンは寒さに強いとされていますが、個体差はあります。

寒さを感じているサインを見逃さないようにしましょう!

内容について報告する