犬が人間と暮らすようになった歴史

犬が人間と暮らすようになった歴史

沢山の癒しをくれる犬は大切な家族の一員ですよね。犬がどのようにして人間と暮らすようになったのかをご紹介します。

  • サムネイル: egg-ferret
    egg-ferret
  • 更新日:

犬、ペットは家族という認識が広まっている現代。
人間が犬と共存するようになったのはいつ頃からなのでしょうか?

いつ頃から犬と関わるようになったの?

遺跡から発掘された化石などの調査によると、犬と人間との歴史は1万3000年前に遡ります。
当時の人間は狩猟の助けのために犬を家畜として飼っていたと言われています。

犬が人と関わるようになったきっかけとは・・・

もともと犬の祖先はオオカミであり、そのオオカミが人間の残飯などを漁るようになり、徐々に生活をともにするようになったと言われています。
人間としてもオオカミや犬が外敵などの接近時に吠えて人間に教える、あるいは外敵を追い払うというメリットがあり、お互いに一緒に生活する恩恵があったと考えられています。

お互いがお互いを必要とし始める

一緒に生活をするようになり、一緒に狩りすることで効率的に獲物を手に入れることができるようになりました。
また、人間は野生動物を飼いならすことができるという発見をしたことで牧畜を発明しました。
さらにその家畜が逃げないように管理したり、外敵から守ったりという役割を犬が果たしました。

ペットとして飼うようになったのはいつ頃?

飛鳥時代の聖徳太子には愛犬がいたという記録もありますし、平安時代にはペットとして飼うことがブームになったとも言われ、枕草子や源氏物語にも宮廷で犬が飼われている様子が描写されています。

人間と犬との関わりが記されているサイト

人と犬との関わりが昔からあるという事を再認識させてくる、とても興味深い写真が。

日本の歴史絵に、犬・猫が書かれている。

犬と人間のルーツについても諸説あるようですが、
このように、人間ははるか昔から、私たちのように犬(オオカミ)との関係を築いていたようですね。

内容について報告する