仔猫はいつからお風呂に入れてもいい? 注意すべき点について

猫は水を嫌がることが多いので、お風呂に入れようとすると、暴れたり、鳴いたりする場合が多いですよね。そもそも、仔猫はいつからお風呂に入れていいのでしょうか。お風呂の際の注意点と合わせて解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

仔猫を拾ったら、お風呂より駆虫を優先

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Africa Studio/Shutterstock.com

野良の仔猫を拾ったら、カラダが汚れていることが多いので、すぐにお風呂に入れてあげたくなりますよね。しかし、野良猫は外で生活していた時の汚れのほかに、ノミやダニなどの寄生虫に感染している可能性が高いので、お風呂よりも駆虫が優先です。何より先に動物病院へ連れていき、カラダに異常がないかの検査、ノミやダニなどの寄生虫類の駆虫、仔猫の病気予防に必要なワクチンの接種などを行いましょう。

仔猫はいつからお風呂に入れていい?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Zaretska Olga/Shutterstock.com

必要な処置が済んだら、家のお風呂で綺麗にしてあげよう。親心がムクムクと湧きあがってきそうですが、ちょっと待ってください。もしその仔猫がまだ生まれて間もない場合、お風呂に入れてはいけません。小さな仔猫は自分で体温調節をすることができないので、その時期にお風呂に入れてしまうと、カラダの冷えから体調を崩してしまうおそれがあります。仔猫をお風呂へ入れる場合は、早くても生後1ヶ月を過ぎてからにしましょう。

また、保護して間もない猫の場合、拾った人間がいくらやさしく接したところで、怯えてしまうのは当然のことです。そんな状態でお風呂に入れられた猫は、恐怖しか感じないでしょう。必要な処置が済んだら、まずは環境に慣れさせること、体温が下がらないように温めてあげることを優先しましょう。

仔猫を上手にお風呂に入れるコツ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Alexandr Korolev/Shutterstock.com

仔猫をお風呂に入れる場合、最初がとても肝心です。猫がお風呂を嫌がるのは、基本的に濡れることが嫌いな動物だからです。ですから、まずは水やお湯に慣れさせることから始めましょう。大きめの洗面器にぬるいお湯を用意し、猫が遊ぶようなおもちゃを浮かべておくと、お風呂に慣れやすくなります。猫が水に慣れ、いよいよ本格的にお風呂に入れる時が来たら、事前の準備をしましょう。

●ブラッシングをして、抜け毛や毛の絡みを取っておく
●猫の爪を切っておく
●耳掃除をしておく
●猫用シャンプーを用意する
●猫専用洗面器、バスタオル、マットを用意する

これらの準備をしておくことで、猫を効率よくお風呂に入れてあげることができます。人間用のシャンプーは猫には強すぎて皮膚の乾燥やトラブルにつながりかねないので、絶対に使わないようにしましょう。

猫のお風呂の温度は、季節にもよりますが基本的には36~37℃前後のぬるま湯にしてください。お風呂の後は、できるだけ早く乾かしてあげましょう。時間が経つとカラダが冷えて、体調を崩してしまうかもしれません。

お風呂に入れる頻度は、家猫の場合1年に1~2回で充分です。少ないと思われるかもしれませんが、猫は舌を使って毛づくろいをすることで、自分のカラダを清潔に保つことができます。また、猫は肉球以外から汗をかかないので、体臭がほとんどありません。ですから、頻繁にお風呂に入れる必要がないのです。

カラダを綺麗にしてあげたいと思う気持ちとは反対に、仔猫にとってお風呂は、かなりリスクが高いものです。生後1ヶ月を過ぎるまでは、基本的にお風呂は避けましょう。
そのほかにも、注意すべき点や必要な準備について正しい知識を持った上で、お風呂に入れてあげましょう。もし、愛猫がお風呂好きになってくれたら、楽しいスキンシップの時間となるはず。そのためにも、お風呂嫌いにしてしまわないよう、工夫してあげてくださいね。

内容について報告する