トイ・プードルの毛が薄い、毛量が少ない場合の解決方法

可愛らしくカールしたふわふわの被毛が魅力的なトイ・プードル。しかし、被毛が薄い、毛量が少ないといった悩みを抱える飼い主も少なくないようです。今回は、トイ・プードルの毛が薄くなる、もしくは毛が抜けてしまう原因について解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

トイ・プードルの毛が薄くなる原因とは

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Rin Seiko/Shutterstock.com

シングルコートのトイ・プードルは、被毛が二重構造になったダブルコートの犬種と比べて、もともと毛量は少なめです。しかし、トイ・プードルの毛が薄い、もしくは脱毛してしまっている場合は、何らかの病気のサインかもしれません。

トイ・プードルの抜け毛や脱毛には、10円ハゲのように局部的に現れるケースや、尻尾の付け根や顔など部分的に現れるケース、全体的に毛が薄くなるケースなど、原因によって様々なパターンが存在します。まずは脱毛の原因ごとに、症状の特徴をみていきましょう。

もともと毛量が少ない

トイ・プードルの毛量には個体差があります。脱毛しているというほどではないが、仔犬の頃からほかのプードルに比べて少し毛が少なく感じる…という場合は、個体差かもしれません。なお、犬の毛量に関しては、「毛ぶきが良い、悪い」などと表現されることがあります。

感染や炎症が原因の場合

抜け毛の原因の一つとして、アトピー性皮膚炎やノミ・ダニなどの寄生虫、真菌(カビ)や細菌による感染症(皮膚糸状菌症[ひふしじょうきんしょう]や膿皮症[のうひしょう]など)による皮膚炎など、何らかの病原体への感染が考えられます。

トイ・プードルの脱毛が皮膚炎によるものである場合、薄毛や脱毛のほかに、痒みやフケ、発赤(皮膚が赤くなる)、発疹を伴うケースが多くみられます。また、真菌に感染した場合の皮膚炎では、10円ハゲのような円形脱毛が起こります。

先天的な問題

先天的な毛の構造の問題により、脱毛症が起こることがあります。トイ・プードルではさほど多くありませんが、淡色の毛色が生えてこない、成長に伴い脱毛してくる、などの症状がみられます。

内分泌疾患が原因の場合

トイ・プードルの皮膚に異常がみられないにも関わらず、全体的に薄毛になったり、脱毛してしまったりする場合は、内分泌疾患によるホルモンバランスの異常が原因となっている可能性があります。

脱毛の症状が出る内分泌疾患には、ホルモン量の低下を伴う甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)や、ホルモンの過剰分泌が伴う副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう=クッシング症候群)、性ホルモン失調などがあります。

内分泌疾患が原因の脱毛症では、顔や手足を残して胴回りの被毛が左右非対称に脱毛したり、カラダ全体の被毛が薄くなったりするケースがあります。そのほか、皮膚が薄くなる、黒ずむ、フケが多くなる、毛ヅヤが悪くなるなどの症状がみられます。

その他

いずれも、トイ・プードルではあまりみられませんが、原因不明で毛周期(毛の発育と脱毛のサイクル)が止まってしまう疾患や、皮膚の血行障害により毛が育たなくなる疾患もあります。また、毛刈りをした後に、正常に毛が育たなくなるケースもあります。

トイ・プードルの脱毛を発見したら

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

S1001/Shutterstock.com

トイ・プードルの脱毛を発見した場合は、それが部分的なものなのか、それともカラダ全体にみられるものなのか、症状の範囲を確認しましょう。また、皮膚が赤くなっていないか、発疹などの症状が出てないかなど、皮膚の状態もチェックします。

脱毛の原因がなんであれ、動物病院での専門的な治療が必要になります。トイ・プードルの脱毛を発見したら、早めに動物病院で診察を受けて原因を突き止め、完治または緩和させるための治療を受けさせましょう。

薄毛や脱毛に対しての予防方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

S1001/Shutterstock.com

トイ・プードルの薄毛や脱毛については様々な原因が考えられるため、それぞれの原因に対して、日頃からケアを行うことが大切になります。

また、先天的な問題や内分泌疾患を原因とする脱毛については、確実な予防方法が存在しないため、早期発見・早期治療に努めることが重要です。そのほか、寄生虫やアレルゲンとの接触を極力避けるとともに、定期的にワクチンの接種や投薬などを行い、病原体や寄生虫への感染を予防しましょう。

それに加えて、飼育環境を整えてストレスを感じないような工夫をする、食事の管理をしっかり行うことで、犬の健康状態を維持することも忘れずに。

トイ・プードルの薄毛や脱毛には、様々な原因が関係しています。大切な愛犬につらい思いをさせないためにも、日頃から愛犬の体調に気を配り、万が一異常がみられた時にはすぐに動物病院に連れて行きましょう。

内容について報告する