金魚のカラダが黒くなる黒斑病は、じつは回復の証

きれいだった金魚のカラダやヒレに、いつのまにか黒い点や模様ができていたら、それは黒斑病(こくはんびょう)かもしれません。焦らず、適切に対処しましょう。

  • サムネイル: 羊田ユウジ
  • 更新日:

監修:オールペットクリニック 平林雅和院長

金魚の黒斑病

黒斑病はカラダの表面やヒレに、黒い模様が現れる症状をいいます。これは白雲病が治癒する時に、その跡が黒く変色する現象で、金魚のカラダは病気というよりも回復過程にあります。

白雲病は体表に白い雲のようなモヤっとした斑点状のものが現れる病気で、鞭毛虫のコスティアや繊毛虫のキロドネアが金魚の体表に取りつくことで発症します。白いモヤっとしたものは異常分泌した金魚の粘液で、白雲病の病原虫はこの粘液をエサとして増殖していきます。金魚のエラにこの粘液が出ると、窒息死してしまう可能性もあります。

末期症状として、体表の粘液がなくなってザラザラした状態となり、充血や出血がみられることもあります。白雲病はとても進行の速い病気で、放っておくと1週間から2週間で窒息死、あるいは衰弱死してしまいます。

この白雲病は塩水浴と薬浴を併用して治療するのが一般的ですが、その回復過程で白雲病の感染部位が一時的に黒くなります。これが黒斑病です。つまり黒斑は、白雲病が治った後の「かさぶた」のようなもので、金魚の体力が回復するにつれて徐々に消えていきます。

なお、黒斑病とは別に、冬など水温の低い状態で、カラダの一部やヒレの先が黒くなることがあります。これはジプロストマムという寄生虫によって引き起こされる「黒ソブ」という症状です。これも大きな病気ではなく、春へと季節が移って水温が上昇する過程で、自然に消えていきます。

黒斑病と黒ソブには、「カラダの一部が黒変する」という症状以外にも、水温低下などの環境変化とともに現れるという共通点があります。

水温が低下すると金魚の体力や免疫力が落ち、ストレスを感じます。また、ペットショップから購入したばかりの金魚が環境に慣れず、黒色が現れることもあります。同じ水槽に動きが遅い金魚と素早い金魚がいた場合、動きが遅い金魚はいつもエサを横取りされて、ストレスを抱えることもあります。

このように、黒色の異変がみられた時は、金魚がストレスを感じている可能性があるので、速やかに飼育環境の見直しを行いましょう。

黒斑病の治療

白雲病の治癒過程に現れる黒斑病の場合は、とくに治療の必要はなく、水槽内の環境を良好に整えながら様子を見てください。黒い色の範囲が減ることなく、逆に広がる傾向にある場合は、白雲病の病原虫である鞭毛虫のコスティアや繊毛虫のキロドネアが、完全に駆除できていない可能性も考えられます。

白雲病の初期段階は塩水浴で効果があるため、食塩濃度0.5%の塩水浴槽を作り、隔離して塩水浴をしながら様子を見ます。塩水浴と薬浴の併用で、黒い部分が早く消えることもあります。

黒斑病になった時の注意点

黒斑病は深刻なものではありません。金魚のカラダとヒレに黒い異変が現れても、焦らずに様子を見ましょう。金魚が元気であれば、自然治癒力が働きます。

ただし金魚がストレスを感じている可能性があるので、水質と水温の管理は怠らないようにしてください。白雲病の原因となる鞭毛虫のコスティアや繊毛虫のキロドネアが水槽に残っている場合は、一度水槽を大掃除してリセットしておきましょう。

水槽の水すべてを抜き、水槽内にあるものすべて、底砂まで洗います。ただし、底砂にはアンモニアなどを分解する有益なバクテリアも繁殖してます。このバクテリアを死滅させてしまうと、水槽内の水質が悪化しやすくなってしまうので、汲み置きしてカルキ抜きをした水を事前に用意して使いましょう。

このように、黒斑病は金魚の命に関わるような病気ではありません。しかし、黒斑病の原因となる白雲病を含めた様々な病気の発症には、水質の悪化や水温の変化が大きくかかわっています。日頃から水温や水質の管理に気を配り、金魚にとって最適な環境を維持するように心がけましょう。

内容について報告する