チワワの性格や飼い方としつけについて。基本を知って仲良くなろう

数ある犬種の中でも一二を争う小柄なカラダに、こぼれ落ちそうな瞳が魅力的なチワワ。今回はチワワの性格や飼い方、しつけの注意点などについて解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

チワワの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Volodymyr Burdiak/Shutterstock.com

チワワはメキシコが原産の犬種で、北アメリカ最古の犬種として知られています。日本では1970年代から飼育されはじめ、小型犬で飼いやすく、日本の住宅事情とマッチしたことから、現在に至るまで幅広い人々に愛され続けています。

飼い主に忠実

チワワの性格の特徴としては、飼い主に対して忠実であることが挙げられます。しっかりと信頼関係を築くことができれば、チワワは飼い主に対して非常に献身的で、愛情深い一面をみせてくれます。

好奇心旺盛で人懐っこい

チワワはとても陽気で人懐こい性格です。遊ぶことが大好きで、好奇心旺盛。そのため、小さなカラダのわりに豊富な運動量を必要とします。また、飼い主に甘えることも大好きなので、一緒に遊べるおもちゃなどを使って、たくさん遊んであげましょう。

勇敢かつ活発

チワワは、小さなカラダに似合わず勇敢な心の持ち主で、自分より大きな犬にも平気で近づいていきます。そして、大型犬と一緒になって、活発に遊ぶことを好みます。

チワワとの付き合い方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Alicia Chelini/Shutterstock.com

チワワと付き合っていく上で大切なことは、そのカラダの小ささと可愛さに遠慮してしまわないこと。甘やかすのではなく、きちんとした愛情を注ぎ、家族みんなが同じ認識を持って育てていく必要があります。

具体的には、しつけや指示の方法などを家族で統一し、人によってチワワへの接し方が違うことがないようにすることで、チワワも家族全員の指示に従ってくれるようになるでしょう。

チワワのしつけ・トレーニング

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

dudonyrud/Shutterstock.com

チワワのしつけについては、社会性を身につけさせることがとくに重要になります。しっかりと社会性を身につけさせないと、慣れないものに対して不安と恐怖から、吠え続けたり、攻撃性をみせたりすることがあります。

チワワに社会性を身につけさせるためには、まず飼い主との信頼関係をしっかりと築いた上で、様々な経験を積ませていくことが大切です。散歩をしながら、飼い主以外の人に撫でてもらったり、ほかの犬と触れ合ったりすることで、チワワの世界を広げてあげましょう。

チワワが人との関わりを学ぶための重要な時期とされる「社会化期」は、生後3ヶ月頃までとされています。この時期に充分な経験を積むことができなかったチワワはその後、不安行動や攻撃性などの問題行動を起こす可能性が高くなります。チワワがいろいろなことを吸収できるこの時期に、飼い主も意識して様々な経験を積ませてあげましょう。

チワワは賢く、物覚えも良いので、しつけのしやすい犬種といわれています。しかし可愛いからといって甘やかしてしまうと、ワガママになり、無駄吠えや噛み癖がついてしまうこともあるので、毅然とした態度でしつけに取り組みましょう。

もちろん犬の性格には個体差があり、付き合い方のポイントやトレーニングのしやすさも様々です。お迎えしたチワワとしっかり向き合って、楽しいドッグライフを送ってください。

内容について報告する