猫が腸閉塞を起こした時の症状やその治療法と予防法を解説

腸閉塞(ちょうへいそく)は、猫にとって意外と身近な病気ですが、放置すると命に関わるおそれもあります。ここでは、猫の腸閉塞の症状や原因、治療法、予防方法についてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

腸閉塞の症状

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

osobystist/Shutterstock.com

腸閉塞とは、猫の腸内や消化管内で通過障害が起こり、腸の内容物が詰まってしまった状態になることをいいます。腸や消化管が詰まってしまうことで、その後から来る消化物がすべてその場所でせき止められ、お腹が水風船のように膨れ上がってしまいます。

なお、腸の閉塞が異物の詰まりによるものではなく、胃、小腸、大腸の蠕動運動の停止によって起こった場合は、「無力性イレウス」とも呼ばれます。一方、毛糸やおもちゃなどの誤飲を原因として起こる腸閉塞を「機械性イレウス」と呼びます。

猫が腸閉塞を起こした場合のおもな症状は、以下の通りです。

●腹痛
●嘔吐
●多飲
●食欲不振
●元気がなくなる

腸閉塞の基本的症状は、嘔吐と腹痛です。また、排便しようとしているのに便がほとんど出ない場合も、腸閉塞を疑いましょう。猫の腹部を触り、膨らみを感じたり、猫が痛がったりする時は、腸閉塞を起こしている可能性がさらに高くなります。

腸閉塞の症状が悪化し、激しい嘔吐を繰り返すようになると、猫は水を飲むことすらもままならず、脱水症状を起こしてしまう場合があります。脱水症状は猫の命に関わるため、すぐに動物病院での診察が必要です。

腸閉塞の原因

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Eddie100164/Shutterstock.com

異物の誤飲(機械性イレウス)

猫が消化できないようなものを誤って飲み込んでしまった時に、それが腸内に詰まって腸閉塞を起こすことがあります。また、毛糸やカーテンからほつれた糸を誤食して腸閉塞を起こす場合があります。

腫瘍

腸管内に腫瘍ができている場合、内容物が通過できなくなり、腸閉塞を起こすことがあります。

周辺臓器の肥大

炎症や腫瘍などにより肥大した周辺臓器が腸管を圧迫することで、腸管がふさがってしまうことがあります。

手術

胃腸の手術を行った後、一時的に胃腸の収縮運動が停止することで、腸閉塞を起こすことがあります。

腸捻転(ちょうねんてん)

感染症や寄生虫などが原因で腸が捻れてしまい、そこから閉塞部分が形成されることがあります。

電解質の異常(機械性イレウス)

血中の電解質濃度に異常が発生すると、腸の蠕動運動が阻害されることがあるといわれています。低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、細菌性腸炎、ウィルス性腸炎などが、要因として挙げられます。

腸閉塞の治療方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

NEstudio/Shutterstock.com

猫が腸閉塞を発症した場合の治療法としては、以下のようなものがあります。

基礎疾患の治療

腸閉塞の多くは、ほかの疾患が原因で発症します。動物病院で原因となっている疾患を突き止め、治療を優先させます。

外科手術

腸閉塞の原因が異物の誤飲であり、症状が重篤な場合や、緊急を要すると判断された場合、もしくは自然回復が見込めないと判断された場合は、開腹手術を行い、誤飲したものを取り除きます。開腹手術をした際に腸管の閉塞部分が壊死している場合は、その部分を切除し、腸管をつなぎ合わせます。

腸閉塞の予防方法

飼い主が日常的にできる予防としては、猫が異物を誤飲しないようにすることが重要です。飼育環境下に、猫が飲み込めるサイズのものを置かないように心がけましょう。

また、猫が誤飲しないサイズのおもちゃを与えたとしても、遊んでいる最中に壊れてしまい、その破片を飲み込んでしまうケースがあります。猫におもちゃを与える際は、長期間遊んでも壊れにくいものを選び、遊ばせている間もなるべく目を離さないようにしましょう。

誤飲以外の原因で起こる腸閉塞については、残念ながら予防は難しいのが現実です。日頃から猫の食生活や健康管理に気を配り、猫のカラダに異変が起きていないか、毎日確認するようにしましょう。もし、腸閉塞の可能性が疑われる症状がみられた時は、すぐに獣医師に相談してください。

猫の腸閉塞は、放っておくと命に関わる場合もあります。万が一の事態にも適切に対処できるように、充分な知識を身につけておきましょう。

内容について報告する