犬の肉球、こんな時は要注意? 肉球の役割や、ケア方法について

可愛い愛犬の肉球はとても大切な場所であり、また血管が豊富なため怪我をすると意外と出血が多い場所でもあります。肉球の役割から注意点、ケア方法まで紹介します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

愛犬の可愛らしい肉球を見ていると、とても癒されますよね。犬のイラストでもよく描かれる肉球は、犬が歩くためにとても大切なのはもちろん、デリケートな部位でもあるため、ついつい触りたくなりますが、あまり触り過ぎないほうがいいでしょう。仔犬の頃はとても柔らかい肉球ですが、お散歩をたくさんしていくうちに、徐々に硬くなっていきます。

犬の繊細な部位である肉球が怪我をしたり、腫れてしまったりしたら大変! 飼い主が大好きな肉球について、その役割をはじめ、守ってあげるための注意点など、細かな部分も知っておきたいものです。

肉球の役割

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Vadym Lavra/Shutterstock.com

靴を履かない犬にとって、肉球は靴底の代わりであるといわれています。丸くて可愛いだけでなく、犬にとっては非常に大切な部分なのです。犬の肉球には、以下の3つの役割があります。

クッション機能

毎日歩いたり、走ったり、飛び降りたり。肉球は、動き回る犬が接地のときに体への衝撃を吸収するクッションの役割を担っている重要なバーツです。

汗の排出・体温調整

一般的に犬は、全身では汗をかかないといわれています。犬の発汗はおもに肉球を通して行われます。体の中では唯一の、汗の排出個所としての役割があり、肉球部分で体温調節をしています。

感覚器官

犬の肉球には、人間の指先のように神経や血管が集中しており、鋭敏な触覚や痛覚、温度感覚がある感覚器官として大きな役割を担っています。

このように、とても重要な役割を担う大切な部分である肉球ですが、じつはとても繊細な場所でもあります。出血をしやすく痛みも感じやすい場所なので、火傷や怪我などをしないよう注意してあげることが大切です。

要注意の状態

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Anna Hoychuk/Shutterstock.com

愛犬の健康のためにも重要な役割を持つ肉球が、いつもと違う状態になっていることはありませんか? 普段の肉球の色や状態を把握していると、少しの異変にもすぐに気づいてあげることができます。愛犬が肉球を気にしていて、肉球の状態に異変がある場合は要注意! 飼い主の早めの気づきが、愛犬を病気から守ることにつながります。

肉球を舐める

犬によっては、クセのように肉球を舐めることがあります。肉球に異変がなければあまり心配することはありませんが、違和感や痛み、痒みがあって舐めている可能性もあります。とげなどが刺さっていたり、怪我をしていたりすることも考えられます。痒みによって肉球を舐めているようであれば、皮膚炎が起こっている可能性もあります。また、クセで舐めているだけでも、舐めているうちに舐め壊してしまうこともあるので、あまりしつこく舐めるようなときは他に気をそらせるなどの対策も必要です。

肉球が赤い、腫れがある

肉球自体が赤く腫れることはあまりありませんが、肉球と肉球の間は感染などを起こしやすいため注意が必要です。細菌やカビ、アレルギーなどが原因の皮膚疾患の疑いがあるかもしれません。見ただけで何の病気か判断するのは難しいので、赤くなっていることに気づいたら、かかりつけの獣医さんに診てもらいましょう。また、肉球そのものが明らかに腫れているときは、外傷やできもの(腫瘍)の心配がないか、やはり病院で診察を受けるのがいいでしょう。

肉球がカサカサ、ひび割れになる

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Abel Halasz/Shutterstock.com

プルンとしていた肉球がいつの間にかカサカサになり、ひび割れてしまったことはありませんか? 散歩が大好きでよく歩く犬では硬くなったりカサついたりすることもあり、さほど心配はいりませんが、あまりに乾燥がひどい場合はシャンプー剤などを使って洗いすぎているおそれがあります。また、歩く場所が肉球にダメージをあたえることもあります。特に夏場のアスファルトは想像以上の高温です。火傷をしてしまうことがあるので、暑い時間帯を避けてお散歩に行くようにしましょう。

肉球が冷たい

愛犬の肉球がひんやり冷たいことはありませんか? 冷たい場所に立っていれば肉球も冷えますが、すぐに温かくなってくれば何も心配はありません。しかし、常に冷たい場合はあまり血行がよくないのかもしれません。また、四肢のうち一つだけが冷たい場合などは、血栓なを疑う必要もあります。

ケア方法

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Artemenko Daria/Shutterstock.com

肉球は、犬が毎日使う場所でもあります。飼い主がきちんとケアしてあげましょう。爪が伸びていると肉球を傷つけてしまうことも。爪を切ってあげるのはもちろん、肉球の周りの毛が長くなっていたらカットしてあげましょう。乾燥しがちな肉球には、肉球ケア専用のクリームを塗ってあげてください。クリームは、愛犬が舐めても安全なものを選びましょう。

飼い主は愛犬がいつも健康な肉球でいられるように、毎日トラブルがないかチェックしてあげましょう。日頃の肉球ケアが、愛犬を怪我から守ってくれますよ。

内容について報告する