ミニチュア・シュナウザーってどんな犬? 歴史やカラダの特徴について

様々なカットスタイルに身を包み、愛くるしい表情で人々を魅了するミニチュア・シュナウザー。世界中で愛されているこの犬を飼いたい、と思っている人も多いと思います。ここでは、ミニチュア・シュナウザーが歩んできた歴史や特徴についてみていくことにしましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

ミニチュア・シュナウザーの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

otsphoto/Shutterstock.com

ミニチュア・シュナウザーを含む「シュナウザー」という犬にはジャイアント、スタンダード、ミニチュアと3種類があります。もっとも古いのがスタンダード・シュナウザーで他の2種はスタンダードを改良した犬種です。

14世紀頃にドイツで作出されたスタンダード・シュナウザーは、家畜の誘導や小さな荷車を引くなど牧羊犬や使役犬としての役割を果たしていました。たいへん賢い犬種で、警戒心の強さと飼い主への忠誠心や温厚さから、ドイツ軍の情報伝達のために用いられた歴史があります。危険回避能力も高く、「人間の頭脳を持った犬」と呼ばれているほどです。

ミニチュア・シュナウザーはネズミなど小動物の駆除に頭を抱えていた農夫たちが、もっと小回りの利く害獣駆除犬を作り出そうと、スタンダード・シュナウザーを元に作った犬だといわれており、アーフェン・ピンシャー、プードル、ミニチュア・ピンシャーなどを交配して、その原型が出来上がりました。他のシュナウザーと同様、ミニチュア・シュナウザーもたいへん賢く、落ち着きがあり、飼い主への愛情も深いことから、「世界最高の家庭犬」とも呼ばれています。

原産国はドイツですが、アメリカへ渡ってから改良がさらに進み、小型化が進められました。プードルや他の犬種との交配を経て、現在のミニチュア・シュナウザーの形に固定されるに至ります。1899年にはドイツのケネルクラブに正式に犬種認定されましたが、アメリカにおいては、1933年までスタンダード・シュナウザーと同じ犬種とされていました。とくにアメリカで人気が高く、長く人気犬種のランキング上位に君臨した犬であり、多くの著名人やハリウッドスターも、この犬を愛したといわれています。ブルース・リーの愛犬としても有名でした。

日本に入ってきたのは戦後まもなくで、米軍兵が連れてきたのが最初といわれています。しかし、当時の日本はトリミングの技術が未熟だったこともあり、あまり普及しませんでした。その後2000年頃になって人気が上昇し始め、以来ジャパンケネルクラブの人気犬種上位をキープしています。

ミニチュア・シュナウザーのカラダの特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

YAN WEN/Shutterstock.com

ミニチュア・シュナウザーはオスメスともに、体高が30~35㎝、体重は4~8㎏と定められています。横から見たカラダはほぼ正方形をしており、頑丈で筋肉もあり、しっかりしたカラダつきをしているのが特徴です。

犬種を小型化する際は、マズルが短くなることが多いのですが、ミニチュア・シュナウザーは、スタンダードタイプをそのまま縮小したような姿をしています。これは改良に当たって、小さくなることで作業性能が落ちないようにするための配慮がされた結果といわれています。

被毛はダブルコートになっていて、硬くて太いアウターコートと、柔らかなアンダーコートが生えています。換毛期がなく、一度生えた毛が伸び続けるのも特徴のひとつです。毛色はグレーとホワイトに見える「ソルト&ペッパー」と「ブラック」「ブラック&シルバー」「ホワイト」の計4種類となっています。

ミニチュア・シュナウザーの顔の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Elena11/Shutterstock.com

ミニチュア・シュナウザーの顔には頬ヒゲ、口ヒゲ、眉毛が生えているのが大きな特徴で、愛らしい表情を作る一つの要因といえます。そもそも、シュナウザーという名前はドイツ語で「あごひげ」を表す「シュナウツ」(schnauz)という言葉が語源です。シュナウザーをはじめとした、小動物を追いかける犬種は眉毛と口ヒゲがあるものが多く、これは小動物に反撃された時に、顔を守るために生えているといわれています。

ミニチュア・シュナウザーは、一度信頼関係を築けば、徹底的に飼い主に尽くしてくれます。飼いやすい犬種ですので、しっかりと向き合って生活を共にしていきましょう。

内容について報告する