【名付けのヒント集】犬へ初めてのプレゼント、名前を付ける

【名付けのヒント集】犬へ初めてのプレゼント、名前を付ける

犬が初めて家族の一員になるとき、私たちから犬へ初めてプレゼントするのが『名前』ですよね♡ 大事な新しい家族である、犬に心を込めて名前をつけてあげたい。そんな方のために、今回は犬の名前を特集します♪

  • サムネイル: 関 慶之
    関 慶之
  • 更新日:

犬が家族になるとき、最初のプレゼントが「名前」ですよね!
一生に一度しかないこの機会、「どんな名前を付けようかなぁ」と迷いながらも、愛情をいっぱい込めて考えたいもの。今回は、犬の名前の付け方について、幅広く紹介します! ぜひ、ご参考にしてください!

1.人気の名前ランキング

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

まずは……人気の名前を見てみましょう! 犬たちに、よくプレゼントされている名前はどんなものがあるのでしょうか?

そこで、ペット保険の会社アニコム損害保険が行った『第11回 犬の名前ランキング 2015』を見てみました。
総合ランキングでは「ココ」が5連覇、女の子の名前では「ハナ」が初の首位。また漢字のみの名前では、男の子は「小太郎」、女の子は「小梅」という日本らしい名前がそれぞれ栄冠に輝きました。

総合では「ココ」ちゃんが、不動の人気みたいですね!

確かに「ココ」ちゃんは、男の子でも女の子でも違和感がないですもんね。

それでは、2015年の総合人気ランキングと、男の子部門、女の子部門の人気ランキングをもっと詳しく見てみましょう。

総合ランキング

順位(昨年順位)名前 
■1位(1) :ココ   
■2位(2) :チョコ
■3位(6) :ハナ
■4位(4) :モモ  
■5位(3) :マロン  
■6位(5) :モコ 
■7位(7) :ソラ 
■8位(8) :レオ   
■9位(9) :モカ  
■10位(11):コタロウ

男の子部門

順位(昨年順位)名前
■1位(1) :レオ
■2位(2) :ソラ
■3位(4) :コタロウ
■4位(3) :チョコ
■5位(5) :マロン
■6位(6) :レオン
■7位(7) :ココ
■8位(8) :リク
■9位(13) :コテツ
■10位(9) :モコ

女の子部門

順位(昨年順位)名前
■1位(2) :ハナ
■2位(3) :モモ
■3位(1) :ココ
■4位(4) :モコ
■5位(5) :サクラ
■6位(6) :チョコ
■7位(9) :リン
■8位(8) :モカ
■9位(7) :マロン
■10位(13):メイ

カタカナで書けるような、2~3文字の名前が多いですね!(呼びやすくって、可愛い名前が多いです♡)

それにしても、こうして見てみると、「ココ」のほかにも「マロン」や「チョコ」など、男の子と女の子で共通して付けられる名前が意外に多いことに気が付きますね。また日本犬ブームが訪れたからか感じでかけるような、日本に由来がありそうな名前が上位に登ってきた印象です。

2.犬にピッタリの名前を考えてみよう!

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

他には、どんな名前の付け方はあるのでしょうか?
それでは! 見てみましょう♡

海外での名前・人気ランキング!

ここでは『Dog Channel.com』より、海外での名前ランキングを見てみましょう。

■男の子編

■Bear(ベア)
■Buddy(バディ)
■Buster(バスター)
■Charlie(チャーリー)
■Duke(デューク)
■Jack(ジャック)
■Jake(ジェイク)
■Lucky(ラッキー)
■Max(マックス)
■Rocky(ロッキー)

■女の子編

■Angel(エンジェル)
■Bella(ベッラ)
■Daisy(デイジー)
■Ginger(ジンジャー)
■Lucy(ルーシー)
■Maggie(マギー)
■Molly(モーリー)
■Princess(プリンセス)
■Sadie(サディ)
■Sophie(ソフィ)

いかがでしょうか。日本のベスト10とは全く違うランキングですね。
日本ではかわいいイメージのものの名前をそのまま付けることが多いのに対して、海外では性格的な意味からつけることが多いみたいですね。強いイメージから男の子は犬なのに「ベア(熊)」という名前をつけているそうです。

日本と海外の文化の違いは、犬の名付けかたにも現れるんですね。

犬種によって、人気が違う?!

海外の調査によると、人気の名前の傾向は、犬種によっても違ってくるようです。

確かに、チワワやパピヨンのようなかわいい犬種と、ドーベルマンやシェパードのようなかっこいい犬種とでは、付けたくなる名前も違ってきますよね。

ラブラドール・レトリーバー、 ゴールデン・レトリーバー
ロットワイラー、ドーベルマン、ピットブル、パグ、シー・ズーについての人気名前ランキングはこちら▼

ラブラドールは「バディ」、ゴールデンは「マギー」、ロットワイラーとピットブルは「タイソン」、ドーベルマンは「ベラ」あるいは「ベッラ」、パグは「マックス」、シーズーは「ラッキー」が、それぞれランキングの1位になっています。

このランキング、それぞれの犬の飼い主さんなら納得かも!?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

英語の名前

日本語以外から名前を付けようと思ったら、まずは英語が浮かびますよね。実は、ドラマや映画などでよく目にする英語圏の人の名前には、思わぬ意味があることがあります。以下のリンクをご覧ください。

いかがですか。「トーマス」には『双子』、「サラ」には『お姫様』という意味があるということなんて、あんまり知られていませんよね。英語の名前を付ける時は、こうした意味まで考えてあげるとより面白いかもしれませんね。

ドイツ語の名前

実はドイツ原産の犬って多いんです。「ジャーマン・シェパード」「グレートデーン」「ドーベルマン」「ボクサー」など大型犬が多いようですね。「ポメラニアン」もドイツ出身ですが、この犬種ももともとは大きな体格だったと言われています。

もともとドイツ語は濁音が多いことから、女の子でもかっこいい名前が多いですね。また「ベートーヴェン」や「ブラームス」など自国出身の音楽家の名前をつける方もいらっしゃるみたいですね。

フランス語の名前

フランス原産の犬には「プードル」「ビションフリーゼ」「グレート・ピレニーズ」「パピヨン」「フレンチブルドッグ」などがいます。そんな犬たちには、フランス語の名前はいかがでしょうか。

女の子の名前ですが、白を意味する「ブランシェ」なんて、真っ白な犬にはピッタリのオシャレな名前ではないでしょうか。

イタリア語、ロシア語の名前

日常であまりなじみのない、イタリア語やロシア語で付けてみるのも面白いかもしれません。

「カルロ」の『男らしい・自由な』や「レフ」の『ライオン』などは、それぞれイタリアやロシアでは人名としてポピュラーです。意味もかっこよくて、犬にもピッタリかもしれません。

ハワイアンの名前

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

いつも明るい犬には、南国風の名前を付けてあげるのもよいのではないでしょうか。

「カイ」はよくある名前ですが、ハワイの言葉のKai(カイ)は、「海」という意味があります。一見ありふれた名前に実は深い意味が……なんて、楽しいかもしれません。

犬の色で考えてみる!

名前に迷ったら、犬の毛の色をヒントにしてみるのもよいかもしれません。

黒い犬にフランス語で『黒』を意味する「ノワール」、茶色の犬にスコットランド・ゲール語で『茶色の戦士』の「ダンカン」なんて名前を付けてみるのはいかがでしょうか。まさに「名は体を表す」となる上に、とってもかっこいいですね。

犬の好きなもので考えてみる!!

犬の好きなものを手掛かりにするのもありかもしれません。

泳ぐのが好きな犬なら水に関する言葉、ボール遊びが好きなら球技に関する言葉を探ってみたりすると、意外にピッタリする名前候補が見つかるかもしれませんね。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

愛犬にピッタリの名前を、思いつくきっかけになれたでしょうか♡
みなさまの新しい家族に、素敵な名前をプレゼントできるお手伝いになればと思います。ぜひ素敵な名前をつけてあげてくださいね。

内容について報告する