チワワの突然死が起こる原因は?どうしたら防げるの?

チワワの突然死が起こる原因は?どうしたら防げるの?

愛犬チワワの突然死。チワワは実は、突然死が多い犬種なんです。どうしたら、それを未然に防ぐ事ができ、どんな危険信号に気をつけていたらいいのでしょうか。突然死は、多様な原因があるため特定は難しいですが、情報をしっかり得ておいて、健康管理をしてあげることは大切です。

  • サムネイル: mogmog
  • 更新日:

もくじ

1.突然死ってどんなもの?
・病気でない突然死
・病気による突然死
2.突然死の原因
3.一般の方の質問と回答

1.突然死ってどんなもの?

ペットが死亡する理由は、大きく以下の3つに分類することができます。
・老衰
・病死
・事故死

中には、これら三つの死因に当てはまらないものも存在します。

その当てはまらないものはどんなものかと言うと…

一般的に、突然死と言われているものであり、その多くは心臓と脳が原因であることが多いです。

2.突然死の原因

では、病気によるものと、そうではないものを分けてみてみましょう。

病気による突然死

子犬のころ、生まれたての環境も大きく影響します。

ブリーダーの衛生環境や、安易な交配で生まれたために、生まれつき体が弱く抵抗力の無い子犬が産まれてします可能性もあります。混合ワクチンをしても、小さすぎる子の場合はワクチンの効果が発揮されない場合もあります。

また、チワワのもっている体質として、元来から心臓が悪いことが多く、病気からの突然死の可能性も大きくあります。

それにより、チワワの体力が低下していると死に直結することもあります。更に真夏と真冬は気温により体調を崩しがちです。それ故に、その季節に突然死するチワワが増えるとも考えられます。

一方で、病気ではない突然死もあるそうです。

病気でない突然死

チワワは体が小さい為に体調を崩しやすく、低血糖になりやすい傾向があります。気付くのが遅ければ命取りにもなります。特に生後2~3ヵ月の子犬が多いです。

【低血糖の的確な対処法について】

濃い砂糖水や、はちみつを溶かしたものを与えてあげます。自力で起き上がれる程度に回復した場合は、ふやかしたフードを与えてあげましょう。冷たくなったフードよりも少し温めてあげて、食欲をそそるようにしてあげることも大切です。

食事の量が少なく、運動量が多いと低血糖になりやすいです。また、低血糖は突然訪れ、ぐったりとした時には危険信号が出ています。

▼低血糖とは…

子犬で発症しやすい疾患と言われ、血液中の糖分濃度が低下する事で体がぐったりしたり、痙攣を起こしたりします。新生児の低血糖症は、主に生後3ヵ月目での小型犬に多く、特にチワワの子犬に多いとされます。

食の細さや栄養不足によって低血糖になる為、食事の回数を増やしたり、砂糖水やブドウ糖などを与えることで予防することができます。

3.チワワの基本的な飼い方

▼チワワの基本的な飼い方については、こちらをご覧ください。

最後に

突然死に関しては、原因の特定が大変難しいようです。チワワのような小型犬は体も小さく、弱い部分も多いので日頃の体調管理については、こまめにしてあげるといいですね。一刻も早い原因の解明を願います。

内容について報告する