シェットランド・シープドッグってどんな犬? 歴史やカラダの特徴について

コリーのミニチュア版のような見た目と、愛らしい表情が魅力的なシェットランド・シープドッグ。ふわふわとした被毛も特徴の人気犬種です。ここでは、シェットランド・シープドッグの歴史と特徴についてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

シェットランド・シープドッグの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Dmitry Kalinovsky/Shutterstock.com

シェットランド・シープドッグの起源は、スコットランド北西部に位置するシェットランド島で、牧羊犬として飼われていた犬ではないかと考えられています。祖先犬については、はっきりわかっていませんが、コリー、ボーダー・コリー、アイスランド・シープドッグ、イングリッシュ・トイ・スパニエルなどが関わっていると思われます。

同じ牧羊犬のボーダー・コリーが家畜を集めて誘導し、移動させるのに対して、シェットランド・シープドッグは家畜が牧草地に隣接した畑などに入らないように、吠えて注意する役割があったそうです。

シェットランド島は、気候が厳しい地域として知られており、飼料も豊富ではないため、家畜が小型になる傾向にあります。たとえば、馬はシェットランド・ポニーという名前が付くほど小さく、羊に至っては、スコットランド産の半分のサイズしかありません。シェットランド・シープドッグも、同じ環境で育ったために、徐々に小さくなっていったと考えられています。

長い間、シェットランド島のみで繁殖していたシェットランド・シープドッグですが、19世紀後半になると、イギリス海軍の艦隊が演習のためにシェットランド諸島に訪れるようになり、この牧羊犬の仔犬をイギリス本土へ持ち帰るようになります。

当時人気があった、ラフ・コリーと交配され、容姿が似るようになりましたが、サイズが大きくなってしまいます。そこで、ポメラニアンやキング・チャールズ・スパニエルなどとの交配でサイズを小さく戻され、美しい容姿と人間に親しみやすい気質が高められました。1909年にイギリスのケネルクラブに犬種が公認されたことを機に「シェットランド・コリー」(Shetlandcollie)と呼ばれるようになります。しかし、コリーの愛好家たちがこの犬種名に異議を唱えたため、1914年に「シェットランド・シープドッグ」(Shetland Sheepdog)という名前に変更されることになりました。現在では、名前が長いために「シェルティ」という愛称で呼ばれることが多いようです。

20世紀に入り、ほぼ現在の形まで改良されると、優雅さと賢さ、家族に対する愛情の深さを兼ね備えたシェットランド・シープドッグは、世界中で人気を集めるようになりました。現在では、牧羊犬として用いられることはほとんどなく、家庭犬として愛され、アジリティなどのドッグスポーツでも活躍しています。

シェットランド・シープドッグのカラダの特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Jagodka/Shutterstock.com

シェットランド・シープドッグの理想体高は、オスが37㎝程度、メスが35.5㎝程度と定められており、体重は8~12kg程になります。体長は、体高よりもやや長く筋肉質で、すばしっこく動きます。

シェットランド・シープドッグの特徴の一つに、ふわふわで豊富な被毛があげられます。長毛のダブルコートになっており、アンダーコートは密集し、オーバーコートは真っすぐでサラサラの毛質をしています。また、首周りには襟巻のような飾り毛があります。

毛色はセーブル、トライ、ブルーマール、ブラック&ホワイト、ブラック&タンが認められています。コリーのミニチュア版と呼ばれることが多いシェットランド・シープドッグですが、毛色がコリーとほぼ同じなのも、面白いところです。

シェットランド・シープドッグの顔の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

J HIME/Shutterstock.com

顔の形が先細りになっており、上品な雰囲気をまとっています。目はつぶらな瞳のアーモンド型、耳は先端が前方に折れているものが理想とされています。

シェットランド・シープドッグは、明るく元気で、いつでも飼い主や家族を喜ばせようとする、愛情深い性格の持ち主です。しっかりとした信頼関係を築ければ、とても従順で賢いので、生活の良きパートナーになってくれるでしょう。歴史や特徴をよく理解して、接するよう心掛けましょう。

内容について報告する