野菜・果物を犬に与える際の注意点。食べてはいけない食材は?

人は毎日同じものを食べると飽きてしまうため、ついつい犬にも旬のものを与えたくなる人が多いようです。そこで今回は、犬に与えてもよい野菜・果物、与えてはいけない野菜・果物をまとめてみました。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

犬に野菜や果物を与える際に注意する点は…「種・茎・皮・芯」

犬に野菜や果物を与える時には、「種・皮・茎・芯」を取ることが大切です。これらをきちんと取っておかないと、喉や食道で詰まってしまい、最悪手術をして取り出さなければならなくなります。また、「種・皮・茎・芯」に中毒物質を含んでいる野菜・果物もあるので、念のため丸ごと与えるのは避けましょう。

そして、与える量にも気をつけなければなりません。いくら犬が好きだからといっても与えすぎては、犬の健康を害してしまうことがあります。

また、犬は雑食とはいえ、限りなく肉食に近い動物です。そのため、犬が直接野菜や果物を食べても、その栄養素をうまく吸収できるかというと、あまり期待できません。さらに、緑黄色野菜は尿pHをアルカリに傾けることが知られているので、ストラバイト結晶などがある犬にはおすすめできません。このことを踏まえ、食欲が落ちていて、とにかく何か食べさせたいと考えている時などに参考にしてください。基本的に、野菜はすべて火を通して与える方がよいでしょう。

犬が食べてよい野菜

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Tatiana Katsai/Shutterstock.com

ここでは、犬が食べてよい野菜を紹介していきます。それぞれの野菜が持っているといわれている効果について記載しますが、人と犬は違う動物です。犬でも人と同じ効果が期待できるとは限らないので注意してください。

キャベツ

キャベツは水分と食物繊維が豊富で、食感も好まれます。

白菜

低カロリーで食物繊維が少ないので、犬のお腹にやさしい野菜といえます。

レタス

水分補給ができ、ビタミンKと葉酸を含んでいます。食物繊維量が少ないので、下痢を起こしにくい野菜です。

じゃがいも

お腹が膨れるというメリットがありますが、芽を切り取ることを忘れずに。

きゅうり

ほぼ水分しかないきゅうりは、トラブルが発生しにくい野菜です。

トマト

リコピンという強い抗酸化作用がある栄養素を含んでいて、水分も豊富です。

にんじん

ベータカロチンが豊富です。

大根

整腸作用がある大根は、葉も栄養たっぷり。

ブロッコリー

ベータカロチン・葉酸・ビタミンE・ビタミンKなど栄養たっぷりです。

かぼちゃ

栄養たっぷり、やわらかな甘みもあるかぼちゃは犬が好きな野菜です。

パセリ

ベータカロチンや葉酸がたっぷりのパセリは、ドッグフードと一緒に与えることで、不足している栄養素を補う役目を果たしてくれます。

犬が食べてよい果物

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Irina Kozorog/Shutterstock.com

続いては、犬に食べさせても大丈夫な果物です。それぞれの果物が持っているといわれている効果について記載しますが、人と犬は違う動物です。犬でも人と同じ効果が期待できるとは限らないので注意してください。

バナナ

栄養価が高いバナナは、人では運動前後に食べられることが多いです。カロリーも糖分も多いので注意が必要です。

イチゴ

犬は甘みを感じることができる動物なので、できるだけ甘さが強いものが喜ばれます。

りんご

シャキシャキとした歯ごたえが喜ばれるりんごですが、かなり小さくして与えないと喉に詰まらせるおそれがあります。

ベータカロチンが豊富な柿は、抗酸化作用があります。

水分豊富な梨は、夏に与えると体内からカラダを冷やしてくれます。

犬ができれば食べない方がよい果物

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Sofron/Shutterstock.com

犬に与えない方がよい果物を紹介しましょう。

みかん

水分が豊富ですが、薄皮や筋を取るのが面倒なみかん。みかんの種類によっては皮に中毒物質が含まれているので、中毒になる可能性があります。

キウイ

キウイには整腸作用がありますが、食物繊維も多いので、与えすぎると下痢になるリスクがあります。

さくらんぼ

葉と茎、種に毒物質が含まれていますし、犬が丸飲みしてしまうと喉詰まりのリスクもあり危険です。

パイナップル

ビタミンB2とクエン酸という栄養素を含んでいますが、食物繊維が多めなので下痢になるリスクが高い果物です。

マンゴー

アレルギーを持っている犬が少なくないマンゴーは、老化を予防するなどの効果がありますが、食物繊維も多いので下痢になる可能性も高くなります。

皮や種にシアン化合物という有毒物質が含まれているので、丸ごとかじってしまうと大変な果物です。

また、ここには記載しませんでしたが、玉ねぎなど絶対に与えてはいけない野菜もあります。また、以前は問題ないとされていたブドウも今では与えない方がいい果物とされています。このように、人にとって問題のない野菜や果物も、犬にとっては健康を害するものになりえることを充分に理解してください。

内容について報告する