うさぎって鳴くの? 鳴き声は感情を表現してる証拠!?

うさぎって鳴くの? 鳴き声は感情を表現してる証拠!?

うさぎってあまり鳴かないイメージがありますよね。しかし、感情を表現するときはうさぎだって鳴きます。ここでは鳴き声について解説します。

  • サムネイル: 関 慶之
  • 更新日:
動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


飼っていても鳴き声なんて聞いたことがない! という方も多いうさぎ。
しかし、うさぎだって鳴くんです! それはどういうメッセージなのか、ここで紹介していきます。

1.うさぎは鳴くの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


■「ブーブー」や「クゥクウ」という鳴き声を上げる
■声帯がないので正確には鳴き声ではない

うさぎによって多少個体差がありますが、「ブーブー」や「クゥクゥ」といった鳴き声を上げることがあるようです。鳴くのは嬉しいとき、怒ったときなど感情が高まったときのことが多いようですね。うさぎによってはほとんど鳴かない子もいるようなので、聞いたことがない飼い主さんもいるかもしれません。

しかし、実はうさぎには声を出すための器官である声帯がありません。肉食動物に狙われる立場のうさぎにとって、鳴き声で仲間とコミュニケーションをとることは、自分の居場所を知らせてしまうリスクも伴っていたため、退化していったと考えられています。

そのため鳴き声のように聞こえる音は、正確には鳴き声ではなく、鼻を鳴らしたり食道を狭めることで出しているのです。犬や猫のようにはっきりと鳴くことがないので、鳴いているか注意して聞かないと聞きもらしてしまいそうですね。うさぎの感情をもっとよく知るためにも、鳴き声の意味を知っておきましょう。

2.鳴き声で分かる感情表現

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


甘えたいとき・嬉しいとき

■プゥプゥ
■プップッ
■プープー

プゥプゥと軽く鼻を鳴らすような、高い音で鳴いているときは、甘えたいときや嬉しい、という感情を表しています。好きなおやつを与えたときや、ケージから出て遊んでいるときなどによく見ることができるようです。この音と合わせて、飼い主の周りをグルグルとまわることもありますよ。

リラックスしているとき

■クゥクゥ
■プゥプゥ

うさぎがケージや好きな場所で眠たそうにリラックスしているとき、鼻を鳴らすような「クゥクゥ」「プゥプゥ」という音を出すことがあります。飼い主に心を許し、完全にリラックスしている状態なので、そっとしておくか、優しく頭や背中を撫でてあげましょう。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


怒っているとき

■ブーブー
■ブッブッ

ケージが汚かったり、爪切りをした後など、うさぎが不満を感じるような環境になったときに、聞くことがある鳴き声です。大きく低い、ブーイングのような音を出し、ふくれっ面のようになる子もいるようです。うさぎがなにかストレスを感じていることが多いので、原因を突き止めて取り除いてあげましょう。

怖いとき・苦しいとき

■キー
■キュー

この鳴き声が聞こえたときは、うさぎが恐怖を感じていたり苦痛を感じているので、要注意です。自身に危険を感じていたり、ケージに足を挟んで怪我をしたりすると聞くことがあります。うさぎは体調不良を隠す動物なので、このような鳴き声をあげたときには、何か重大な怪我か病気によって痛みを感じている可能性があります。体に異常がないかよく確認しましょう。

最後に

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


どの程度鳴くかはうさぎによって異なりますが、鳴き声には様々な意味が込められていることが分かりますね。鳴き声の他にも、体を使って感情を表現していることもあるので、どのような行動をしているか飼い主さんはよく観察してみてくださいね。

内容について報告する