フレンチ・ブルドッグの皮膚病の症状と対策

犬の皮膚トラブルのサインとして代表的なものに脱毛があります。しわくちゃの愛らしい顔が魅力のフレンチ・ブルドッグは、短毛ながら抜け毛の多い犬種として知られています。しかし、換毛期以外に抜け毛が多い場合は、何かしらの病気を患っているのかもしれません。そこで今回は、フレンチ・ブルドッグの皮膚の病気について解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ヴァンケット動物病院 松原且季院長

フレンチ・ブルドッグは抜け毛を伴う病気になりやすい?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 DuxX/Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグは、脊椎疾患や短頭種症候群・整形外科疾患など、様々な病気に悩まされがちな犬種です。その中でも多いのが、痒みや痛みを伴う皮膚の疾患です。とくに最近は犬種自体の飼育頭数が増えたこともあり、皮膚病を患うフレンチ・ブルドッグは増加傾向にあります。

なぜそのような皮膚の疾患になりやすいのか…それは、フレンチ・ブルドッグの顔にシワが多いことが原因の一つです。シワの間を清潔に保っておかないと、すぐに細菌が繁殖して皮膚病を引き起こしてしまいます。また、フレンチ・ブルドッグは皮脂腺の分泌も活発なことから、皮膚病にかかるリスクが高く、結果、抜け毛も多くなるというわけです。

フレンチ・ブルドッグの毛が抜ける病気とは

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 hedgehog94/Shutterstock.com

上述のように、フレンチ・ブルドッグは皮膚のトラブルを起こしやすい犬種です。具体的には、以下のような皮膚病を患うリスクが高くなります。

アレルギー性皮膚炎

痒みを伴う皮膚炎の代表格です。食べ物が原因となって現れる食餌性皮膚炎、アレルゲンが体内に侵入して起こるアトピー性皮膚炎や、アレルゲンとなる物に接触することで起こる接触性皮膚炎などがあります。とくに、アトピー性皮膚炎にかかった犬は激しい痒みに襲われ、カラダ中を舐めたり掻いたり、床や壁にこすりつけたりするため、抜け毛も多くなってしまいます。

膿皮症

ブドウ球菌など、細菌が異常増殖することで発症するのがこの病気です。皮膚の状態が不衛生だったり、擦り傷や噛み傷から進行したり、栄養が不足していたりする時に起こります。膿皮症(のうひしょう)になると抜け毛が多くなり、毛の抜けた部分にかさぶたや膿疱ができます。

マラセチア皮膚炎

その名の通り、マラセチアという真菌が異常増殖することで発症する皮膚病です。このマラセチア、皮膚に常在している真菌なのですが、異常増殖して皮膚炎を悪化させることがあります。この病気も激しい痒みを伴うので、皮膚を掻いてしまい抜け毛が起きます。とくに、シワの間や脇の下など不衛生になりやすい箇所に強い赤みが出やすいので、注意して観察しましょう。

フレンチ・ブルドッグが抜け毛を伴う皮膚病にならないために

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Liliya Kulianionak/Shutterstock.com

では、フレンチ・ブルドッグが皮膚病にならないようにするためには、どのようにすればよいのでしょうか。

フレンチ・ブルドッグの皮膚病対策には、シャンプーが有効です。2週間~1ヶ月に1回のペースでシャンプーをし、皮膚を清潔な状態に保ちます。フレンチ・ブルドッグの体調が良くない時や寒い季節には、ドライシャンプーを使用したり、蒸しタオルでカラダを拭いてあげたりしましょう。

また、シャンプー剤の洗い流し不足やシャンプー後の自然乾燥は、皮膚の細菌を増殖させる可能性があるので、シャンプー剤はしっかりと洗い流し、ドライヤーなどを使って素早く乾かしてあげてください。

そして、フレンチ・ブルドッグで一番お手入れが重要なのは、顔のシワの間です。このシワの不衛生がフレンチ・ブルドッグの皮膚病の一番の原因になるので、濡れたタオルでシワをしっかり伸ばしながら汚れを拭きとっていきます。肌が乾燥している時は、犬用の保湿剤などを用いて、潤いを与えながら清潔にしてあげましょう。

このように、フレンチ・ブルドッグは皮膚の疾患になりやすいので、毎日のお手入れを習慣づけ、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

内容について報告する