猫に可愛い服を着せたい! 型紙から作るおしゃれな手作り猫服
出典 : Alena Ozerova/Shutterstock.com

猫に可愛い服を着せたい! 型紙から作るおしゃれな手作り猫服

大切な愛猫におしゃれな服を着せたい! と思う飼い主は多いのではないでしょうか。でも、たくさん既製品が販売されている犬の服と違って、猫の服はあまりお店で見かけない…。そんな時は、手作り猫服でおしゃれを楽しんでみませんか?

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

猫に服は必要?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Kachalkina Veronika/Shutterstock.com

スフィンクスなどの毛皮を持たない特殊な品種や、老猫・仔猫でない限り、猫は服を着なくても、自分の毛皮で十分に体温調節を行うことができます。加えて、猫は自分で毛づくろいをするのが大好きな動物なので、服を着ることで毛並みが乱れたり、毛づくろいができないことをストレスに感じるケースも少なくありません。そのため、ファッション感覚で猫に服を着せることは得策ではありません。猫に服を着せた時に、もしも極端に嫌がったり、怖がって動けなくなったりするようであれば、無理に着せるのを止め、すみやかに脱がしてあげてください。

ただし、猫に服を着せた方が良い場合もあります。手術やケガなどの跡がカラダにあり、放っておくと舐めて傷を悪化させてしまったり、傷口に塗った薬を舐め取ってしまう場合は、服がこういった部分を保護する役割を果たします。また、毛皮が薄くなって体温調節が苦手になってしまった老猫、外気温の変化に弱い仔猫、スフィンクスなどの無毛猫や暖かい地方を原産地とする品種の場合、寒い時期には服を着せて暖かくしてあげないと、健康に支障をきたすおそれがあります。

このように、猫に服を着せることの是非はケースバイケースです。猫に服を着せたいなら、あくまで「猫の健康」を第一に考える必要がありそうですね。

おしゃれな猫の服を作ろう

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 kuban_girl/Shutterstock.com

猫に服を着せる必要が出てきた時、どうせならおしゃれな服を着せてあげたいと思うのが飼い主の親心です。猫の服はあまり既製品が販売されておらず、デザインや色のバリエーションも限られています。自分好みの可愛い服を猫に着せてあげたいなら、自分でイチから手作りしてみてはいかがでしょうか。

猫服を手作りする際は、インターネット上で無料配布されている猫服の型紙データを利用するのがおすすめです。猫は犬と違って体格にそれほど個体差がないため、型紙のサイズを選ぶのもそんなに難しくはありません。型紙をダウンロードして適当なサイズに拡大コピーし、用意した布に写し取ってください。たいていの猫服は、パターン通りに布を切って縫い合わせるだけで完成する簡単な構造をしています。シンプルなデザインのシャツでも、アイロンワッペンやチロリアンテープでデコレーションすることで、可愛らしいおしゃれなものができますよ。ただし、ボタンなどの小さな装飾品は噛みちぎって飲み込んでしまう場合があるので、取り付ける際には位置や強度にくれぐれも注意してください。

傷の保護や体温調節のため、飼い主の愛情たっぷりの手作り服を着せてもらえることは猫にとっても幸せなことです。大切な猫のために、快適に過ごせる服を作ってあげてくださいね。

内容について報告する