犬の鳴き声に込められたサインとは? 鳴き声から犬の気持ちを読み取る
出典 : Kalamurzing/Shutterstock.com

犬の鳴き声に込められたサインとは? 鳴き声から犬の気持ちを読み取る

犬の鳴き声は感情により変わり、鳴くことで気持ちを伝えています。鳴き声の種類から犬の気持ちを読み取り、犬の世界に近づいてみましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

大切な犬にいつも語りかけながら寄り添う飼い主なら、愛犬といろいろな会話ができて、どんな気持ちなのかわかったらいいのに…と思ってしまいますよね。犬は言葉を発しませんが、素直な気持ちを伝えようとしています! 犬同士はもちろん、飼い主にも感情を表す何らかのサインを発していると考えられます。

そのサインとなるのが、いろいろなパターンと種類がある鳴き声です。もちろん、直接犬に確認することはできないので、あくまで推測ではありますが、ある程度の犬の感情を鳴き声から読み取ることができるとされています。鳴き声の意味を紐解いていくと、愛犬の状況に当てはまる、その時々の気持ちがわかってくることでしょう。

鳴き声の種類と感情

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 pirita/Shutterstock.com

犬は様々な鳴き声でその瞬間の気持ちを表し、飼い主や周囲に何かを伝えようとしています。いろいろな鳴き声がありますが、日本語にすると一般的なのはワンワン、キャンキャンでしょうか。英語ではbow-wow(バウワウ)など、人間の言葉や発音は違っても、犬たちの間ではきっと一緒の発音だと思われます。

犬の鳴き声は、感情によって変わるといわれています。
鳴き声の種類、その声からどんな感情が読み取れるのか、推測してみましょう。

代表的な「ワンワン」

よく耳にする一般的な鳴き声の「ワンワン」ですが、飼い主ではないほかの人や、ほかの犬に対して鳴くことが多いですよね。これは、警戒している時に発する鳴き声と考えられています。大きな音に反応したり、興奮したりする際にも「ワンワン」と鳴くことが多いとされています。

「クーン」と鳴く時

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Josef Hanus/Shutterstock.com

仔犬を思わせる、ちょっと寂しそうな「クーン」という鳴き声は、寂しい、甘えたいという感情を表しています。また、飼い主の姿が見えなくて不安な気持ちになったり、お留守番をしなくてはいけないとわかって不安や怖さがあったりする時も「クーンクーン」と鳴いたりします。

「キャン!」と高い声を発する時

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 alexei_tm/Shutterstock.com

抱き上げた時や、犬同士がじゃれ合っている時などに、高い声で「キャン!」と鳴くことがあります。これは、びっくりした時や痛みが走った時に発する鳴き声です。甲高い声で何度も鳴くのは、痛みが続いている状態かもしれません。ケガや病気の疑いもあるので、確認してあげてください。

「ウッー」という唸り声

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 alexei_tm/Shutterstock.com

ほかの犬や知らない人などに警戒して、「ウッー」と唸り声を発する時があります。「やめて」「あっちへ行って」など警告しているようです。そういえば、ごはんやおもちゃを取られそうな時に怒って唸っていますよね。

犬の鳴き声によく耳を傾け、どんな気持ちでいるのかいろいろ読み取りながら、愛犬との交流をより深めましょう。犬の気持ちを通訳する犬の鳴き声翻訳アプリが、おもちゃのメーカーから発売されています。飼い主さんが感じる愛犬の気持ちと翻訳アプリとの違いを比較するのも面白そうですね。愛犬とのお遊びに使って楽しんでみてはいかがでしょう。

内容について報告する