ベンガルってどんな猫? 歴史や体の特徴について
出典 : Ermolaev Alexander / Shutterstock.com

ベンガルってどんな猫? 歴史や体の特徴について

見事なヒョウ柄と野性味あふれるしなやかなボディを持つベンガル。抜群の身体能力を持ちながら人懐こく愛情豊かで今、人気急上昇の猫種です。

  • サムネイル: 石山 マキ
    石山 マキ
  • 更新日:

ベンガルの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Olesya Nakipova / Shutterstock.com

1960年代、アメリカ人の繁殖家が1頭のアジアン・レオパード・キャット(ベンガルヤマネコ)というヤマネコを手に入れ、自宅にいた黒毛の雄猫と交配を行いました。この2匹からは1匹の雌猫が生まれ、その猫でさらに交配を行ったところ数匹の子猫が生まれました。その中には豹のようなスポットを持つ子猫もいたとされています。この時の子猫はその後、育種に関わることはありませんでした。

1970年後半から80年初頭、カリフォルニア大学では猫の白血病研究のため、アジアン・レオパード・キャットとイエネコの交配を行っていました。この時生まれた子猫は80年代に育種を再開した前述の繁殖家に渡され、この時の猫を基礎に改めて繁殖が行われることとなりました。

1984年、ベンガルはTICA(The International Cat Association)に新種として登録申請され、1985年、初めてキャットショーに出陳されたベンガルは、その美しさで多くの愛猫家たちから大絶賛を受けました。
野生の豹のようにしなやかな肢体に魅了されたブリーダーが次々と交配に乗り出し、アビシニアン、アメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、シャムなどと育種を進めました。この時の交雑により、ベンガルは十分な遺伝子プールを持つことができ、純血の猫種として確立することになりました。

ベンガルの体の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Zharinova Marina / Shutterstock.com

ベンガルは中型からやや大きめのロング&サブスタンシャルタイプの猫種です。アジアン・レオパード・キャットから受け継いだしなやかな体つきと独特の模様は猫好きを魅了します。体重はオスで5~7kg、メスで3~5kgくらいとされています。
ベンガルの毛色のカラーはブラウン、シルバー、スノーの3種類が公認されています。どのベンガルも美しい毛並みを持ちますが、中にはグリッターと呼ばれる輝いて見える毛を持つ猫もいます。とくにスノーカラーのベンガルは、希少なユキヒョウにも似て繁殖家からも寵愛されています。

特徴的な柄は「スポテッド」と「マーブル」の2種類に分けられます。「スポテッド」は、斑点模様を指し、その中でも「ロゼット」と呼ばれる2色の濃淡から生まれた本物の豹のような模様は、イエネコ唯一の柄でとても人気があります。一方の「マーブル」は波紋のような模様が特徴です。アメリカンショートヘアのような「クラシックタビー」とも少し似ていますが、円形のパターンではなく長方形で、胴体の長さに沿って広がる様は大理石のようです。
ベンガルは生後3か月くらいになるまでカラーや模様の出方があいまいです。基本的に模様のパターンが変化することはありませんが、生後3、4カ月を過ぎた頃から本来の模様がくっきりしてくるようです。

ベンガルの顔の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Cressida studio / Shutterstock.com

ベンガルの頭部は丸みを帯びた修正くさび形で、すっと通った鼻すじとアーモンド形の目が印象的です。頭部の後方には小さく丸みのある耳を持ち、アイラインが入ったようなぱっちりとした目のカラーはグリーン、イエロー、カッパーなどすべてのカラーが認められています。

野性味のある唯一無二のヒョウ柄を持つベンガルは、シルクのような手触りの毛並みを持つとても魅力的な猫です。

内容について報告する