サイベリアンってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について
出典 : vvvita / Shutterstock.com

サイベリアンってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について

豊かな被毛を持つ長毛の大型種、サイベリアン。多くのロシアの要人に愛された、伝統と格式を持つ、堂々とした風格の猫です。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

サイベリアンの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Pavel Sepi / Shutterstock.com

サイベリアンは、ロシア出身の自然発生の猫種とされていますが、その起源はよくわかっていません。よく似た特徴を持つノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンの祖先ともいわれています。サイベリアンとはシベリアを指す言葉ですが、この地域は野生ネコの存在する北限地域であり、この極寒の地で生き延びるために分厚い被毛としっかりした体格といった身体的特徴を手に入れたとされています。

1871年、サイベリアンは、イギリスで行われたキャットショーに出陳されて人気を得ましたが、当時のロシアは他国との交流や交易が制限されていたため、入手するのが大変難しい猫といわれていたようです。
海外に輸出されるようになったのは1987年以降、サンクトペテルブルグ(旧レニングラード)のキャットクラブから輸出されたと記録されています。当時の輸出先は、ポーランドやドイツなど政治的に近しい国や、北欧の国々のように地理的に近い国に限られていました。

ロシアとの冷戦時代を経て、1990年、アメリカに初めてサイベリアンが輸出されました。この時は文化交流プログラムの一環として数頭がアメリカの繁殖家に贈られたとのことです。その後、1992年にTICA(The International Cat Association)が新猫種の予備登録を行い、1996年には正式に猫種として登録されることとなりました。

サイベリアンはロシアを代表する猫として、メドベージェフ首相やゴルバチョフ大統領など要人にも愛されてきました。国際交流のシンボルにもなっていて、 近年、秋田県知事から秋田犬を贈られたロシアのプーチン大統領が、その返礼としてサイベリアンの「ミール」(「平和」または「世界」を意味するロシア語)を贈ったことが知られています。秋田県の公式ホームページで、はこの「ミール」君の愛らしい近況を見ることができます。

サイベリアンのカラダの特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Massimo Cattaneo / Shutterstock.com

サイベリアンは、しっかりしたカラダつきとゴージャスな被毛を持つロング&サブスタンシャルタイプの猫種です。体重は4~9kgと大型で、よく発達した筋肉を持ち、運動神経も抜群です。ノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンと似た印象を受けますが、サイベリアンのカラダは背中がアーチ状で、後ろ足が前足よりやや長くなっています。しっぽの長さは中くらいで、先細りにならず全体にたっぷりと毛が生えています。

サイベリアンはソリッドカラー、タビー、バイカラーなどいろいろな毛色が存在しますが、公認される毛色は登録団体によって異なっています。被毛は長めで、肩甲骨と胸の下の毛は厚くやや短くなっています。

サイベリアンの顔の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Massimo Cattaneo / Shutterstock.com

サイベリアンの頭部は丸みを帯びた修正くさび型で、マズルはノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンよりも短めで丸い顎を持っています。耳の大きさは中の大くらいで、側頭部から頭頂にかけてついており、先端は丸く前傾しています。アーモンド形の大きな目のカラーは、様々な色が認められています。
野性味のある容姿でありながら、穏やかな性格のサイベリアンはペットとして最適な猫です。

内容について報告する