ノルウェージャンフォレストキャットってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について
出典 : Elisa Putti / Shutterstock.com

ノルウェージャンフォレストキャットってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について

ゴージャスな毛並みとぱっちりとしたアーモンドアイが可愛いノルウェージャンフォレストキャット。北欧神話にも登場する大型の長毛猫は、「森の妖精」とも呼ばれています。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Eric Isselee / Shutterstock.com

ノルウェージャンフォレストキャットは、その名の通りノルウェーの森林地帯で自然交配によって生まれた猫種です。その歴史は4000年前にもさかのぼるといわれますが、正確にはわかっていません。北欧神話にも登場し、美と愛と豊穣の女神フレイヤがそりを引かせていたといった伝説も残っています。

「スコグカット」と呼ばれ地元で長く愛されてきた猫ですが、ブリードとして動き始めたのは1930年代のこと。ノルウェーの愛猫家たちが、国を代表する猫としてこのスコグカットを保護、育成する活動を始めました。しかし、第二次世界大戦が始まるとその活動は中断され、一時は絶滅寸前にまで追い込まれてしまいました。
1963年、ノルウェー国立純血猫協会が設立、1975年にはノルウェージャンフォレストキャット専門のサークルが設立され、本格的な育種と保存が再開しました。1977年にはヨーロッパの猫種登録機関に品種として登録されました。

1979年には、ノルウェージャンフォレストキャットのペアが初めてアメリカに輸入され、1981年にアメリカ初のノルウェージャンフォレストキャットの仔猫が生まれました。
現在、ノルウェージャンフォレストキャットはTICAをはじめ、ACFAやCFAなど多数の団体で認められています。

ノルウェージャンフォレストキャットのカラダの特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ノルウェージャンフォレストキャットは、サブスタンシャルな大型の猫種です。胴体はがっしりとしていて腹部はかなり奥行きがあります。体重は雄が4.5~7.0kg程度、雌が3.5~5.5kg程度ですが、時には10㎏を超える大きな子もいます。
彼らはノルウェーの厳しい寒さに対応するため、非常に豊かな被毛を持っています。とくに首から胸にかけての、ラフと呼ばれる襟巻きのようなふさふさの毛が特徴です。毛質は水や雪をはじきやすいよう、固くて長いオーバーコートと、やわらかく保温性のあるアンダーコートのダブルコートになっています。尻尾もふさふさでたっぷりとしています。

ノルウェージャンフォレストキャットの被毛について、TICA(The International Cat Association)では、トラディショナルカテゴリーの全ディビジョン(毛色による分け方)と全カラーが認められていますが、セピア、ポインテッド、ミンクのカテゴリーは認められていません。また他の団体ではシナモン、ライラック、フォーン、チョコレートのカラーは認められていません。

ノルウェージャンフォレストキャットの顔の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Namay Dolphin / Shutterstock.com

ノルウェージャンフォレストキャットの頭部は逆向きの正三角形で、額から鼻先はまっすぐになっています。耳は少し大きめで、タフトと呼ばれる飾り毛がついています。大きなアーモンド型の目はとても印象的です。

筆者もノルウェージャンフォレストキャットと暮らして8年になりますが、とても人懐こく甘え上手な彼女と毎日楽しく過ごしています。大きくてふわふわな猫の魅力を多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。

内容について報告する