外泊に慣れていない愛犬の旅行中のストレスを軽減してあげる方法

外泊に慣れていない愛犬の旅行中のストレスを軽減してあげる方法

犬を飼っている人にとって、愛犬との旅行はとても楽しみなイベントのひとつです。とはいえ、はじめて一緒に旅行へ行くとなると「ストレスや車酔いは大丈夫?」と心配事が尽きない方もいると思います。そこで、愛犬とはじめて旅行する方向けに、愛犬と一緒に旅行するときの注意点や、愛犬のストレスを軽くする方法をご紹介します。

  • サムネイル: PECO編集部
  • 更新日:

旅行で愛犬はストレスを感じているかも?

近年、飼い主がペットと一緒に利用できるホテルやカフェなどが増え、愛犬との旅行がより身近なものとなってきました。
犬にとって飼い主と一緒に出かけられる旅行は楽しいイベントのはずですが、慣れない環境にストレスを感じてしまうこともあります。
そこで、まずは愛犬がストレスを感じてしまいそうなポイントがどこにあるのかをご紹介します。

移動中にストレスを感じることも

旅行では車・電車・飛行機いずれかで移動すると思いますが、この移動が犬のストレスになってしまう可能性があります。
すべての犬が移動にストレスを感じるというわけではありませんが、車の揺れが苦手だったり、電車移動で使用するクレートの閉塞感に不安を感じてしまったりすると、ストレスを溜めてしまうことがあります。

慣れない場所にストレスを感じてしまうかも

家と違う環境で過ごすと、犬がストレスを感じてしまうことがあります。
好奇心旺盛な犬なら、知らない環境に胸を躍らせて喜んでくれますが、繊細な犬は知らない場所に不安を感じてしまうかもしれません。
ストレスを溜めてしまう原因は犬によって違うので、不安そうな顔をしていないかどうか、こまめに様子を伺ってあげましょう。

なかなかトイレをしないのはストレスのせい?

自宅のトイレ以外で用を足すのは嫌だという人がいますが、それと同じタイプの犬もいます。
サービスエリアや旅行先で、愛犬と歩くことがあるはずです。
トイレをする場所を探している様子なのに、なかなか決まらず用を足せていないようなら、ストレスを感じているサインかもしれません。

はじめての人に会うのは大丈夫?

愛犬は、旅行先で家族以外の人や動物と出会う機会が多くなります。
はじめての場所で、はじめての人と出会うことに不安を感じる犬もいます。
臆病な性格や慎重な性格の犬は特にドキドキしてしまうかもしれません。

ストレスのサインは?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

598248272/ Shutterstock.com

ストレスを感じると、愛犬はあの手この手で「ストレスを感じているよ!」と飼い主に訴えかけてきます。
飼い主は愛犬のストレスサインを見逃さないようにしましょう。
まず、ストレスを感じた犬は体が震えたり硬くなったり、尻尾を丸めて後ろ足の間に隠したりします。
他にも、あくびの回数が増える、舌なめずりをする、落ち着きがなく歩き回るといった行動もストレスのサインですので、見逃さないようにしましょう。
こうしたストレスのサインを放っておくと、下痢や嘔吐といった症状が出ることも。
心配な場合は、旅先で病院を探して受診しましょう。

慣れさせておくことが大切

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

145819217/ Shutterstock.com

愛犬と一緒に旅行を楽しむためにも、あらかじめ乗り物やクレートに慣れさせてあげてください。
まず、移動の際に犬がストレスを感じてしまわないように、普段からケージやクレートの中で過ごす練習をしておきましょう。
クレートに入れた状態で近くの公園に連れて行ったり買い物に連れて行ったりと、日常のちょっとした場面を活かすことで、負担なくトレーニングができます。
また、クレートの中には飼い主のにおいのついた布や、普段犬が使っている毛布を入れてあげるとストレスが軽くなるのでおすすめです。

また、旅行先ではじめて会った人やペットと仲良くなれるように、社会化トレーニングをしてあげましょう。
普段から多くの人や犬が集まるところに散歩に行き、出会いを大切にしてあげてください。
新しい人や犬との出会いを楽しめるようになれば、愛犬もしっぽを大きく振って旅行を楽しんでくれるはずです。

そして、車に慣れていない犬は車酔いをしてしまうことがあるので、普段から車移動に慣れさせてあげてください。
はじめのうちは10分程、自宅のまわりを走ってみましょう。
さらに、20分、30分と少しずつ時間を長くしていくと、少しずつ車での移動に慣れていくはずです。
外の景色を気にしはじめたら気持ちに余裕が出てきている証拠です。
心配なのは車の揺れ。車の揺れが大きいと犬も酔いやすくなってしまうので、「愛犬が車に酔ったらどうしよう?」と心配な方はペット用のドライブシートや犬用の酔い止めの利用を考えてみてはいかがでしょうか。
旅行前にかかりつけの獣医に相談して、愛犬の負担を減らすために何ができるのかアドバイスをもらうと安心です。

なるべく自宅に近い環境を用意してあげる

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

704064514/ Shutterstock.com

環境の変化が愛犬のストレスになってしまうかもしれないので、旅先でもできるだけ自宅にいるときと同じ環境を作ってあげたいものです。
ちょっと荷物が増えてしまいますが、お気に入りのベッドやおもちゃ、大好きなおやつを持っていってあげましょう。
また、犬用のご飯を用意してくれる宿もありますが、ストレスを感じているとあまり食べてくれないことも。
繊細な愛犬が旅行をより楽しめるように、いつも食べているフードを持参しておくとよいでしょう。
特に繊細な子の場合、安心させるために普段使っている食器を持参するのも方法のひとつです。

まとめ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

691509511/ Shutterstock.com

はじめて愛犬と旅行に行くという方にとって、旅先で愛犬がストレスを感じている姿は見たくないものです。
旅行が決まったら、まずはケージやクレート、乗り物に慣れるところから始めましょう。
それでも愛犬の車酔いが心配な方は、かかりつけの獣医にアドバイスをもらい、犬用の酔い止めの使用を考えてもいいかもしれません。
ストレス対策をしっかり行って、愛犬と一緒に旅行を満喫しましょう。

コンテンツ提供元:愛犬と行きたい上質なおでかけを紹介するWEBマガジン Pally

内容について報告する