ポメラニアンに与えるエサの量はどのくらいが適切?

ポメラニアンは愛らしい見た目と明るい性格が魅力の犬種で、日本でも多くの人々に愛されています。ポメラニアンを家族の一員として迎えるなら、その健康や美しい被毛を維持するためにも、適切なエサの量を知っておきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

ポメラニアンに与えるエサの量はどのくらい?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Bignai/Shutterstock.com

ポメラニアンに限らず、犬に与えるエサの量は、体格や運動量、食べることに積極的かどうかなどによって異なります。愛犬にとって適切な量のエサを毎日しっかりと与え、栄養不足や栄養過多にならないように気をつけましょう。

まずはドッグフードのパッケージに記載されている規定量を目安とし、ポメラニアンの様子をみながら微調整をしていきましょう。「愛犬にとっての適量」を知るためには、体型のチェックが重要になります。定期的に愛犬の体型をチェックして、痩せすぎているようであれば規定量より少し多めに与えたり、太りすぎているようであれば少なめに与えたりするなどして、適正な体型を維持しましょう。

ポメラニアンのエサを増やしたり減らしたり必要がある場合は、一気に変えるのではなく、時間をかけて少しずつ変化させましょう。急にエサの量を増やすと、消化が追いつかず下痢をしてしまうことがありますし、急に減らすと、空腹のために胃液を嘔吐してしまうことがあります。

仔犬から成犬へ、ライフステージに合わせたエサの与え方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 barinovalena/Shutterstock.com

ポメラニアンに限らず、犬に与えるエサの量や回数は、成長に合わせて変えていく必要があります。

仔犬期

仔犬は消化器官が未発達なので、一度に大量のエサを与えてしまうと消化不良を起こし、嘔吐や下痢をしてしまいます。そのため、生後3ヶ月くらいまでは、ぬるま湯でふやかした仔犬用のフードを、1日に3~4回に分けて与えます。その後は朝晩以外の食事量を徐々に減らし、最終的に1日2回食にします。

この時期の仔犬は成長期にあたるので、できる限り多くの栄養分を吸収させる必要があります。食事の回数を減らすことで消化不良などの症状がみられた場合は、いったんもとの与え方に戻し、栄養の摂取を優先しましょう。

個体差はありますが、生後7~8ヶ月を過ぎ、成犬とほとんど同じ体格になったタイミングで、エサを仔犬用から成犬用に切り替えます。この時、一気に切り替えてしまうと、食欲不振に陥ったり、消化不良を起こしたりする場合があります。仔犬用のフードに成犬用のフードを混ぜながら、1ヶ月程度かけて少しずつ変えていきましょう。

成犬期

健康な成犬は、1日2回の食事で十分な栄養を吸収できます。また、多少カロリー過多になっても、遊びなどで消費できていた仔犬期と違い、エサの与えすぎは肥満につながる可能性があるので注意しましょう。

シニア期

ポメラニアンのシニア期は、7歳頃からスタートします。エサは高齢犬用に切り替え、1日2回与えます。ただし、全ステージ用のフードを与えている場合は、シニア用のものに変更する必要はないでしょう。

このように、ポメラニアンに与えるべきエサの量は、それぞれの体格や性格、ライフステージにより異なるので、飼い主自身が「愛犬の適量」を把握することが大切です。また、カラダの成長や老化に合わせて、与えるエサの種類や与え方を変えていくことが、愛犬の健康を守ることにつながります。愛するポメラニアンが1日でも長く健康に過ごせるよう、日頃から気を配ってあげてくださいね。

内容について報告する