犬に口輪付けるってどうなの? 効果やストレスは?

犬に口輪付けるってどうなの? 効果やストレスは?

無駄吠えや噛み付きを防ぐためのグッズとして使われている口輪。実際に使うのはどうなんでしょうか。口輪に対する考え方などについても紹介します。 (トップ画像:pixinoo / Shutterstock.com)

  • サムネイル: 二部 竜一
  • 更新日:

もくじ

1.そもそも口輪ってなに?

2.あなたは賛成?反対?口輪の考え方

1.そもそも口輪ってなに?

様々な必要があって使われている口輪。

まずは口輪について知りましょう!

■しつけのために口輪を付ける

積極的に使いたいアイテムではないですが、無駄吠えや、酷い噛みつきなどには有効です。

物理的に口を覆うため、無駄吠えや噛み付きに対しては、

とても有効なアイテムということです。

■愛犬にストレスはかからないの?

犬にとっては口を開くことが出来ないというのは大きなストレスです。なので口輪は基本的にうれしいものではありません。しかし、しつけの一貫として口輪をつけることがあります。

■犬が口を開けないと・・・

体温調節が出来ないので、様子を見て長時間の使用や激しい運動は避けましょう。

こんな場合は、使用は避けましょう! 

■炎天下での散歩

炎天下の場合は短い軽い散歩であっても、口輪は使用しないようにしましょう。熱中症になってしまう危険があります。犬は気温22℃を越えると熱中症になる可能性が上がりますので気をつけましょう。

■留守番など飼い主さんが離れる場合

目の届かない状態での使用は、犬の変化に気づけず大変危険です。

2.あなたは賛成?反対?口輪の考え方

犬の口輪に関しては、その見た目や、ワンちゃんに負担を掛けてしまうことから、様々な意見があります。

口輪がダメと思う方はやはりワンちゃんが可哀想という意見が目立ちます。口輪を付けるとはどういうことなのか、実際に口輪をさせた経験のある飼い主さんの話など聞いてみたりしてから判断するのが良いかもしれません。

最後に

口輪を付ける、付けないは飼い主さんにとっても大きな決断だと思います。付ける場合は、犬にストレスを与えることにはなってしまうので、家族の方や同居人の方と話し合うなど、しっかりと考えて結論を出したいですね!

内容について報告する