首輪とハーネス、フレンチ・ブルドッグにはどちらがおすすめ?
出典 : Plyushkin/Shutterstock.com

首輪とハーネス、フレンチ・ブルドッグにはどちらがおすすめ?

犬を散歩させる時、あなたは首輪とハーネスのどちらを使っていますか? ガッシリとした個性的な体型が魅力のフレンチ・ブルドッグには、どちらが適しているのでしょうか。首輪とハーネスの役割の違いや、使い分けのコツについて、フレンチ・ブルドッグの体質をふまえながら解説します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

首輪とハーネス、どっちがおすすめ?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Branislav Nenin/Shutterstock.com

首輪・ハーネス選びの際には、フレンチ・ブルドッグの性質をよく理解しておくことが大切です。フレンチ・ブルドッグは「短頭種」といって、ぺちゃっとつぶれた鼻が特徴の犬種です。鼻の中が狭くなっているので呼吸があまり上手ではなく、ちょっとしたことですぐに息苦しさを感じてしまいます。また、その特徴により呼吸器症状を起こすことが多く、鼻の穴がつぶれてしまう鼻腔狭窄、いびきなどの原因になる軟口蓋過長症、気管が平たくつぶれてしまう気管虚脱などを同時に起こしてしまうこともあります。フレンチ・ブルドッグを家族に迎える際は、この短頭種特有の性質をしっかりと理解しておかなくてはいけません。

首輪はその構造上、リードが引っ張られた時に首に負荷がかかります。ほかの犬種の場合はそこまで息苦しさを感じることはないのですが、フレンチ・ブルドッグはもともと呼吸が上手ではない上、散歩中は運動によって息も上がっているため、首や呼吸器に過剰な負担がかかってしまうことがあります。

したがって、フレンチ・ブルドッグの普段の散歩には、首輪よりもハーネスの方がおすすめです。ハーネスは上半身の広範囲で犬のカラダをホールドするため、首や呼吸器にかかる負担を軽減することができます。

ただし、運動ではなくしつけを目的とした散歩の場合は、首輪を使用するという選択肢もあります。首輪は少し引っ張るだけで犬の首にテンションがかかるため、飼い主の命令を犬に伝えやすいというメリットがあります。そのため、飼い主の横について歩くことを教えたい、引っ張り癖を直したいといった目的がある場合は、ハーネスよりも首輪の方が適当です。ただし、その場合もフレンチ・ブルドッグのカラダに負担をかけすぎないよう、リードを引く力加減や歩くスピード、散歩の長さにはくれぐれも気をつけてください。

フレンチ・ブルドッグに合う、ハーネスの紹介

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Kirill Vasilev/Shutterstock.com

ハーネスには大きく分けて、ベルトのみでできたベルトタイプと、洋服のベストのような形状をしたタイプの2種類があります。ベルトタイプのものは付け外ししやすく、汚れても簡単に洗えるため、普段の散歩に最適です。一方、洋服タイプのハーネスはおしゃれなデザインのものが多いため、ちょっとおめかししてお出かけしたい時におすすめです。女の子向けの可愛らしいフリルがついたものから、男の子向けのスポーティでカジュアルなもの、まるで革ジャンのようなクールな革製のものまで、デザインのバリエーションも様々です。

フレンチ・ブルドッグの健康を守るため、短頭種特有の性質やかかりやすい病気についての知識を身につけ、首輪とハーネスをうまく使い分けられるようにしておきましょう。フレンチ・ブルドッグは見た目が個性的なため、パンチが効いたおしゃれなアイテムもバランス良く着こなせます。見た目も機能も愛犬にぴったりのアイテムを、じっくりと選んであげてください。

内容について報告する