猫のハーネスの用途やメリット、選び方や注意点など
出典 : Karpova/Shutterstock.com

猫のハーネスの用途やメリット、選び方や注意点など

猫を移動させたり散歩させたりする際は、首輪よりも安定性の高いハーネスとリードを装着しておくと、猫も飼い主も安心です。最近ではおしゃれでかわいいハーネスも増えてきているので、今まで首輪を使っていた人も要チェックです。ここでは、ハーネスの使い方や選び方、首輪との違いについて紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

ハーネスの用途

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

DenisNata/Shutterstock.com

脱走対策として

猫は通院やお引越しなどで慣れない移動をさせられると、パニックを起こして逃げ出そうとしたり、暴れたりすることが多いものです。そんな時、ペットケージに入れておくだけでなく、ハーネスを装着した上でペットケージに入れるという二重の備えをしておくと、とても安心です。また万が一、大災害の被害を受けて避難しなければならなくなった時にも脱走防止に役立つので、防災グッズの中に常備しておく飼い主も増えています。

お散歩用として

脱走防止目的だけでなく、猫のお散歩用として使用するのもおすすめです。ハーネスは猫の身体の動きを邪魔しにくいので、のびのびと運動できて良いストレス発散になることでしょう。ただし、猫の性格によっては外に連れ出すことがかえってストレスとなる場合もありますので、お散歩はくれぐれも猫の様子をみつつ、交通状況などにも気を配りながら行ってください。

ハーネスの種類

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Funes Manuel/Shutterstock.com

ハーネスには大きく分けて、ベルト型と、ベスト型の2種類があります。

ベルト型は、首輪と同じような太さのベルトを首と前足に通し、2点以上で固定するタイプのハーネスです。ベルト状のためサイズ調節がしやすく、仔猫から成猫まで幅広く使用できます。ワンタッチで着脱できるバックルが付いているので、猫に嫌がるスキを与えずすばやく装着できる点も魅力です。

ベスト型は、洋服のベストのような形状をしているハーネスです。かわいいデザインのものが多く販売されているので、おしゃれにこだわる人にはおすすめです。ただし、カラダに触れる部分が大きいため、着用時の違和感がやや大きく、猫によっては不向きなことがありますので注意してください。

首輪との違い

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Veera/Shutterstock.com

ハーネスと首輪の最大の違いは、ホールド力の高さです。首輪は首周りの1点のみで固定しているため、少しでもゆるみがあるとスルリと抜け出されてしまいます。ハーネスは、猫の首元から胴体にかけて2点以上でしっかりと固定してくれるので、よりホールド力が高く、抜け出しにくいのが特徴です。

一方で、ハーネスは首輪と比べて付け方がやや難しいという難点もあります。慣れないうちは、どうやって装着すればいいのか、飼い主もとまどってしまうかもしれません。実際に使用する前に、取扱説明書などをよく読んで使用方法を確かめておきましょう。

ハーネスの選び方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Iakov Filimonov/Shutterstock.com

少し前までは首輪が主流でしたが、近年ではハーネスにもいろいろな商品が登場しています。ハーネスを選ぶ際は、素材が丈夫で、なおかつやわらかいもの、リードを通す部分やバックル部分がしっかりしていて、勝手に外れないものを選ぶようにしましょう。一般的に猫は体毛がふわふわしているため、実際のカラダのサイズよりも少し大きめに見えます。ハーネスを買って、いざ付けてみたらゆるすぎたということはよくあるものです。胴回りなどを実際に測って、サイズをきちんと確認してから購入すると失敗がありません。

注意すること

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

g215/Shutterstock.com

ハーネスを初めて着用する猫は、違和感にびっくりしてしまうことがあります。実際に外出で使用する前に、お家の中で落ち着いた状態で、サイズの調整もかねて着用の練習をしておきましょう。ハーネスを初めて着用すると、多くの猫はジッと動かなくなったり、大きな声で鳴いたりします。しばらくの間そっとしておいて、猫がハーネスに慣れるのを待ってください。激しく嫌がったり、パニックを起こしたりするようならすぐに中断し、無理せず何日か開けてから練習を再開しましょう。 日頃から着脱の練習を行っておけば、いざという時にすぐに使えるため猫にとっても飼い主にとっても安心です。

内容について報告する