猫って飛行機に乗れる? 猫を飛行機に乗せる際の注意点や搭乗の流れについて
出典 : photo_master2000/Shutterstock.com

猫って飛行機に乗れる? 猫を飛行機に乗せる際の注意点や搭乗の流れについて

遠い実家へ長期帰省する時や遠方へ引っ越しする時など、猫をどうやって運べばいいのかと頭を悩ませたことのある飼い主は少なくないはずです。行き先によっては、車や新幹線よりも飛行機を利用した方が猫への負担が少ないことも。ここでは、猫を飛行機に乗せる方法や注意点について紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

猫って飛行機に乗れるの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 cynoclub/Shutterstock.com

知らない人も多いかもしれませんが、じつは猫は飛行機に乗せて運ぶことができます。たいていの航空会社では、健康状態が良好で、航空会社が指定する予防接種などを適切に行っていれば、犬や猫や鳥、その他小動物などのペットを1匹数千円の追加料金で運搬するサービスを行っています。ただし、最近増えてきたLCCではそのようなサービスは行っていません。

搭乗の流れ(国内線の場合)

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 leungchopan /Shutterstock.com

猫を国内線で飛行機に乗せる場合、飼い主と一緒に乗るのではなく、預け荷物として搭乗手続き時にカウンターで預けることになります。基本的に事前予約は不要ですが、最近ではネットで事前予約を行っておくと、当日スムーズに処理を済ますことができる航空会社もあるので、活用するとよいでしょう。

当日の流れとしては、出発時刻から時間の余裕を持って搭乗手続きカウンターに行き、猫を預けることを申し出ます。そこでペットを預けることに関する同意書にサインをし、預け料金を支払います。ペットクレート(ペットケージ)をレンタルできる場合もありますが、数が足りなくなることもまれにあるので、自宅から自前のクレートを用意していった方が無難です。猫を預け終わったら、飼い主は通常と同じ方法で搭乗するだけです。降機後は、預け荷物の受取場所で受け取ることができます。

また、猫を飛行機に乗せる際には、「猫の体調に異常が発生しても、航空会社側は責任を負わない」という内容の契約書を交わします。そのため、万が一フライト中に猫が体調を崩すようなことがあっても、保障はされないことを覚えておきましょう。

貨物室ってどんな環境?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 tratong /Shutterstock.com

飼い主が客室に乗っている間、猫は貨物室という別室に乗せられています。貨物室とはその名の通り、乗客のスーツケースなどの預け荷物を保管するためのスペースのことです。

貨物室の温度や湿度、気圧は適切に調整されてはいますが、客室ほど厳密に空調管理がなされているわけではないため、時折ひどく暑くなったり寒くなったりすることもあるようです。多少の環境の変化には対応できるよう、航空会社が許可する範囲内で給水器や保冷剤を設置するなどの対策をとりましょう。また、体力のない仔猫や老猫を運ぶ場合は、真夏・真冬・深夜帯は避けるといった配慮が必要になります。

飛行機に乗せる前の注意点

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 photo_master2000/Shutterstock.com

猫はもともと環境の変化に敏感な動物ですが、中には乗り物が苦手で、乗せられるとパニックを起こしてしまう猫もいます。フライト中は一切様子を見守ることができないため、危険があっても対処できません。危険がありそうな場合は、あらかじめ動物病院に相談し、鎮静剤や酔い止め薬を処方してもらっておくことも必要です。食事の直後だと緊張から嘔吐することもあるので、数時間前までには最後の食事を済ませておき、可能であればトイレも済ませておくことができれば完璧です。

猫を移動させることはできれば避けたいですが、大切な家族の一員だからこそ、連れて行かなければならないシーンもあります。その際には事前対策をしっかりと行い、猫にかかる負担をなるべく減らしてあげてください。

内容について報告する