柴犬をケージで飼う ~メリットと選ぶポイント~

柴犬をケージで飼う ~メリットと選ぶポイント~

柴犬は、人気がありよく飼われています。ですが、飼う時にはどのような環境が一番良いのでしょうか。室内で放し飼い? それともケージ? 今回は、ケージ内で飼うメリットとケージの選び方などを紹介します。

  • サムネイル: 関 慶之
    関 慶之
  • 更新日:

1.ケージ飼いのメリット

犬にとって、安心できる場所になる

ケージの狭い空間は、犬にとってストレスになるのではないか? そう思われる方が多いようです。
狭い空間に閉じ込めたままはいけませんが、愛犬だけのスペースを確保する意味も込めてケージはあった方がよいでしょう。

もともと巣穴の中で暮らしていたため、狭いケージ内を自分の家・安心できる場所だと認識します。人間も自分だけの部屋があると落ち着きますよね。

中には、「広い場所でないと運動不足になる!」と考える方もいます。しかし、基本的には毎日充分な散歩をさせていれば、犬が運動不足に陥るということはありません。

ただし、注意することがあります。

ケージの中は、犬にとって落ち着ける場所です。決して「檻」ではありません。何か罰を与える時に、ケージの中に閉じ込める、という飼い主さんがいますが、これは絶対に避けましょう。

ケージの中は嫌な場所だと印象付けてしまうと、ケージの中にいることが苦痛と感じてしまいます。

その他にも……

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

例えば、来客があり、どうしてもケージの中に入れないといけない! そのような場合、ケージの中に抵抗なく入ることが出来れば、トラブルを未然に防ぐことが出来ます。お客さんに飛び付いたり、噛んでしまうような事故を起こさないことは、飼い主さんの義務とも言えます。

また、犬が家でお留守番をする時にも、ケージは活躍します。家の中は、犬が興味を示す物で溢れています。怖いのは、それを誤飲してしまうこと。飼い主さんが外出中に、ケージに入れておくことでそのような事故も防ぐことが出来ます。

2.ケージの選び方

ケージの大きさ

飼い主さんの多くは、子犬を家に迎えます。この時、まだ体が小さいからといってケージの大きさまで犬に合わせる必要はありません。むしろ、犬が成犬になった時のことを考慮して、それに合った広さのケージを用意してあげましょう。具体的には、成犬時の犬がUターン出来るくらいの広さが理想的です。
大きさを調整できるようなものなら、それでもいいですね。

ケージの材質

いたずら好きな性格の子だと、ケージの柵を噛むことがよくあります。特に、子犬の時期はそれが顕著です。柵を噛まれても、壊れないようなケージを選びましょう。木製よりも、鉄製の方が頑丈である場合が多いようです。

3.ケージ飼いでのトイレのポイント

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

ケージ飼いの場合は、食事を中でとってもらうこともあるかと思いますが、犬はご飯のそばでは排泄をしないことが多いです。

そのため、トイレ部分とご飯の場所は離すようにしましょう。こうすることで、犬も安心して排泄が出来ます。また、ケージによっては、寝床とトイレ部分が柵で分けられているタイプの物があります。このようなケージもオススメですよ。

4.ケージを置く場所

■人通りが激しい場所は避ける
■日差しを考慮する

ケージは、犬にとって落ち着ける場所でなければいけません。例えば、人の場合を考えてみます。ゆっくりしたいのに、周りが騒がしかったらどうでしょうか。ゆっくり出来るどころか、ストレスが溜まってしいます。犬も同様で、ケージを置く場所は、出来るだけ人の往来が少ない場所が適切です。

また、夏場は外からの日差しが強い日が続きます。健康管理の面も考えて、そのような場所にケージを置くことは避けましょう。安心できる場所がころころ変わると、犬にとってストレスになります。「夏の間だけ移動させれば良い」のではなく、最初から日差しの強さも考慮して、置く場所を決めることをオススメします。

最後に

犬にとって、「家」と言っても過言ではないケージ。出来るだけ、ピッタリ合った物を選んであげたいですね。

内容について報告する