トイ・プードルにケージは必要? 大きさや設置場所について

トイ・プードルを室内で飼う時に「ケージに入れるのはかわいそう」と思う飼い主もいるでしょう。しかし、ケージに入れることは、本当にトイ・プードルにとって「かわいそうなこと」なのでしょうか? 今回は、トイ・プードルとケージについて解説していきます。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

トイ・プードルにケージは必要?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 leungchopan/Shutterstock.com

結論からいうと、必ずしもケージである必要はありませんが、ケージやクレートなどを設置することで、犬がその中で落ち着いて過ごせる場所は作ってあげた方がよいでしょう。

犬の祖先は洞穴などに身を潜めて生活していたと考えられており、その血を引く現在の犬も狭い場所を好む傾向があります。ですので、犬にとって「自分だけの安心できる場所」があることは非常に大切です。
また、トイレのしつけや、一人で静かに過ごす訓練にも、ケージやクレートは有効です。

もし、来客時や留守番の際、トイ・プードルを区切られたスペースに入れておく必要があるのなら、クレートでは狭すぎるのでケージを用意するとよいでしょう。ただし、長時間ケージに入れっぱなしにすることは、犬にとってもストレスになるので避けてください。

トイ・プードルのケージの大きさ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Iakov Filimonov/Shutterstock.com

トイ・プードルにとって適切なケージのサイズは、その中で過ごす時間の長さによって異なります。

日中、家族の全員が何時間も留守にする家庭で、その間はずっとケージに入れておきたい、トイレもケージ内で済ませてほしい、ということであれば、基本的に犬は寝床の近くでの排泄を嫌がるため、ある程度の広さが必要です。
しかし、「室内に危険なものは一切置いていないので、留守中ケージ内にいても室内で自由に過ごしていてもどちらでもいい」ということであれば、ケージの扉を常に開け放しておき、トイレはケージ外の室内に設置することができるので、小さなケージか、もしくはクレートを用意するだけでもいいでしょう。

このように、トイ・プードルと飼い主の生活スタイルにより、適切なケージのサイズは異なるので、よく考えて選びましょう。

トイ・プードルのケージの設置場所

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Kwan Kajornsiri/Shutterstock.com

トイ・プードルのケージは寒くなく、落ち着けるところを選んで設置してあげましょう。
部屋の中心部ではなく、人通りの少ない隅っこに置くのがおすすめです。周囲にできるだけ壁を多くしてあげることが、犬の安心感につながります。また、「ケージの中では犬も退屈だろうから…」と外が見える窓付近にケージを設置する飼い主も多いようですが、警戒心が強いタイプの犬の場合、常に外を見張っていなくては、という気持ちになり、リラックスできないこともあります。

トイ・プードルにとって、安心して過ごせるケージやクレートはとても大切な場所です。
仔犬の頃は管理のしやすいケージを使用し、いたずらの心配がなくなってきてからクレートに変更する、など、愛犬の特性に合わせて臨機応変に対応してあげましょう。

内容について報告する