猫をケージ飼いする。そのメリットとデメリットについて

猫をケージに入れて飼う。猫のケージ飼いには賛否両論あり、どうするべきか頭を悩ませている飼い主もいるかもしれません。今回は、猫をケージ飼いする際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

猫をケージで飼うメリット

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Ngo Thye Aun/Shutterstock.com

猫は基本的に自由を好み、一人を楽しむ動物です。気ままに行きたいところへ行くイメージですよね。そんな猫をケージに入れるのは、なんだかかわいそうな気もします。しかし、賛否が分かれる猫のケージ飼いは、デメリットばかりではないのです。それに、猫にとってケージでの生活はそれほど苦ではないという見方もあります。ケージをうまく使うことができれば、猫との生活がより快適になるかもしれません。では、ケージ飼いのメリットとは、どういったものなのでしょうか。

仔猫のしつけになる

生まれて間もない仔猫の場合、トイレをなかなか覚えられないことがあります。そういう時には、トイレを設置したケージの中に仔猫を入れておくと、比較的覚えやすくなるようです。また、仔猫を留守番させる際、イタズラをしたり、ケガをしたりしないようにケージに入れておくと、飼い主としても安心して出かけることができます。

テリトリーの確保

猫は本来、臆病な性格の動物です。人見知りの猫にとって、人間が入ってこられないケージの中は、安心して落ち着ける場所になります。

危険の回避

猫は好奇心旺盛なので、人間の赤ちゃんと一緒に暮らしていると、ミルクのニオイなどに反応して赤ちゃんにちょっかいを出すことがあります。また、赤ちゃんが猫にかまって引っかかれる、なんてことも十分に考えられます。また、アイロンを使っている時に、猫が興味を持って近づいてきたら…。そんな危険がある時は、ケージに入れておくと安心です。

ケージは、猫自身のみならず、猫に関わる周りの環境において、様々な危険を回避できる便利なツールでもあるのです。

病気になった時

猫がケガをしたり、病気を患ってしまった時は、安心できる場所で安静にすることが重要です。また、寝る場所や食事の場所などが変わるだけで、猫はストレスを感じ、体調を崩してしまうことすらあります。猫がケージを自分の場所と感じていたら、その中で安心して過ごすことができます。

このように、ケージを使うことは、猫にとって悪いことばかりではありません。仔猫の頃から慣れさせることで、猫にとって落ち着ける場所になるかもしれません。

猫にはどんなケージがいいの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 chanon sawangmek/Shutterstock.com

猫のケージは、高さのあるものを選びましょう。猫は、高低差を好む動物で、高いところにいるだけで安心しますし、ストレスも軽減できるのです。また、居住空間が分かれているタイプのケージだと、なお良しです。1階はトイレや食事、2階は遊び場、3階は寝床というように、それぞれのスペースが分かれていると、よりリラックスできるようです。

猫をケージで飼う時の注意点

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Alena Ozerova/Shutterstock.com

猫は、夏の暑さも冬の寒さも苦手で、大きな音がしたり、人がよく通る場所ではストレスを感じやすい動物です。ケージを置く時は、窓際や家電製品の傍を避け、中で落ち着いて過ごせるようにしましょう。そして、季節を問わず快適に過ごせるよう、ケージの中にお気に入りの寝床を作ります。忘れてはいけないのは、水場です。24時間いつでも水分補給できるようにしてください。

もちろん、ケージの中に入れっぱなしにすることは厳禁です。たとえケージの中が安心で安全でも、遊びや運動は大事ですし、ストレスだって溜まってしまいます。飼い主が家に戻ってきた時などは、ケージから出して、思いっきり遊んであげましょう。

ケージはうまく使えば、猫も飼い主も快適に過ごすことができるツールになります。ただし、外に出して思いっきり遊ばせることも忘れずに。猫がストレスを感じることがないよう、上手に活用していきましょう。

内容について報告する