フレンチ・ブルドッグにケージは必要? ケージのメリットと選び方のポイント

ユーモラスな表情と穏やかな性格が魅力的なフレンチ・ブルドッグ。ところで、フレンチ・ブルドッグを室内で飼育する場合、ケージは必要なのでしょうか。今回は、フレンチ・ブルドッグにとってのケージの必要性や、選び方のポイントについて解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:電話どうぶつ病院Anicli(アニクリ)24 三宅亜希院長

フレンチ・ブルドッグを飼う際のケージの必要性

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Teerawut Bunsom/Shutterstock.com

以前の日本では、多くの犬が屋外で飼育されていました。しかし、最近では犬の健康に配慮して、室内での飼育が主流になってきています。とくに、フレンチ・ブルドッグのように鼻のつぶれた短頭種は、気温の変化や外的な刺激に弱いため、環境の整った室内での飼育が必須となります。

では、フレンチ・ブルドッグを室内で飼育する場合、ケージは必要なのでしょうか。結論からいうと、散歩の時間以外はずっとケージ内で過ごす、というのはあまりおすすめできませんが、ケージ(もしくはクレート)など、犬がその中で安心して過ごせる「自分だけの場所」はあった方がよいでしょう。

ケージは犬が安心して過ごせる場所になる

犬の祖先は洞穴などで生活していたと考えられており、その血を引く現在の犬も、狭い場所を好む傾向があります。そのため、犬にとって「自分だけの安心できる場所」があることは非常に大切です。

もし、来客時や留守番の際、犬を区切られたスペースに入れておく必要があるのなら、クレートでは狭すぎるので、ケージを用意するとよいでしょう。

ここで大切なのは、ケージやクレートが自分にとって「安心できる場所」であると犬に理解させること。そのためにも、犬がいたずらをした時などに、罰として無理やり閉じ込めたりすることは絶対にやめましょう。ケージやクレートはあくまで犬がリラックスできる場所であって、犬を閉じ込めるための檻ではないことを忘れないでください。

フレンチ・ブルドッグにケージやクレートの中でリラックスして過ごしてもらうためには、まずケージやクレートに慣れされることが重要です。

具体的には、フレンチ・ブルドッグに「ハウス」などの指示を与え、うまく入れたらおやつを与えたり、褒めてあげたりすることで、ケージやクレートは楽しい場所であると認識させましょう。また、基本的にはケージやクレートの扉は開け放ち、フレンチ・ブルドッグが自由に出入りできるようにしておいてください。

しつけが上手くいく

ケージやクレートは、仔犬時代のトイレトレーニングにも役立ちます。

クレートを使用する場合は、犬を短時間クレートに入れ、出してあげたタイミングでトイレに連れて行くことで、トイレを覚えさせることができます。

ケージを使用する場合は、ケージ内にトイレを置くこともできますが、犬は基本的に寝床とトイレを分けたいと考える動物なので、ある程度大きくなると、ケージ内のトイレでは用を足さなくなるかもしれません。その場合はケージの外にトイレを置くか、トイレ用のケージを別に用意してあげましょう。

非常時への備え

ケージやクレートを使用する目的の一つに、非常時に備えるということがあります。大きな災害が発生した場合には、住み慣れた自宅を離れ、避難しなくてはいけない場合があります。この時、多くの犬はケージやクレートの中で避難生活を過ごすことになります。また、病院に入院することになった場合も、ケージやクレートの中で安静に過ごさなくてはいけません。

ケージやクレートに慣れていない犬の場合、知らない場所でケージやクレートに入れられて過ごすというのは、大変なストレスになります。こういったストレスは、無駄吠えやケージ・クレートの破壊などの問題行動につながるだけでなく、様々な病気を引き起こす原因にもなります。いざという時のために、普段からケージやクレートの中で過ごすことに慣れさせておきましょう。

フレンチ・ブルドッグのケージの選び方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Atiwat Witthayanurut/Shutterstock.com

ケージの大きさは、フレンチ・ブルドッグがその中で過ごす時間の長さによって異なります。

日中、家族の全員が何時間も留守にする家庭で、その間はフレンチ・ブルドッグにずっとケージ内で過ごしてほしい、トイレもケージ内で済ませてほしい、ということであれば、基本的に犬は寝床の近くでの排泄を嫌がるため、ある程度の広さが必要です。

しかし、室内に危険なものは一切ないので、留守中はケージ内にいても、室内で自由に過ごしていてもいい、ということであれば、ケージの扉を開け放し、トイレは室内に設置することができるので、小さなケージか、もしくはクレートを用意するだけでもよいでしょう。

このように、最適なケージのサイズは、フレンチ・ブルドッグとどのような生活をしていくつもりなのかによって異なります。寝床とトイレのスペースを確保できて、フレンチ・ブルドッグが楽にUターンできる大きさのケージを選びましょう。

そのほか、持ち運びをする予定があるか、掃除はしやすいかなど、ケージを使用する目的やお手入れのしやすさ、安全性などをも考慮した上で、愛犬にぴったりのケージを選びましょう。

フレンチ・ブルドッグのケージの探し方

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

praditkhorn somboonsa/Shutterstock.com

フレンチ・ブルドッグのケージを探す方法としては、ペットショップに足を運ぶか、通販サイトを利用する方法があります。現在では、サイズや形状、素材など、じつに様々な種類のケージが販売されています。豊富な商品の中から、愛犬にぴったりのケージを探しましょう。

フレンチ・ブルドッグを室内で飼育するにあたって、ケージやクレートはとても重要なツールです。フレンチ・ブルドッグがストレスなく過ごせる空間を作ってあげることは、問題行動の防止や健康維持にもつながります。フレンチ・ブルドッグと飼い主がより快適に暮らしていけるように、ケージやクレートの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

内容について報告する