犬に豚肉は与えていい? 豚肉のメリットや注意点
出典 : Monika Wisniewska/Shutterstock.com

犬に豚肉は与えていい? 豚肉のメリットや注意点

現在の犬は雑食ですが、もともと肉食動物のオオカミから進化した動物なので、肉が大好きです。犬が生きていくためには、動物性たんぱく質が欠かせません。では、犬に豚肉を与えても大丈夫なのでしょうか。今回は、犬と豚肉について解説します。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
  • 更新日:

監修:ますだ動物クリニック 増田国充院長

犬に豚肉はあげてもいいの?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Monika Wisniewska/Shutterstock.com

ドッグフードに豚肉の成分が入っているものが多いことからもわかるように、犬に豚肉を与えても大丈夫です。ただし、人間同様、生肉を与えるのはNGです。犬に豚肉を与える時は、必ず加熱処理をしてから与えるようにしましょう。

というのも、生の豚肉には寄生虫や雑菌がついていることが多く、犬の健康に害を及ぼす可能性があるためです。質の悪い寄生虫にあたると命にかかわることもあるので、しっかり火を通すことを忘れずに。

与え方に注意すれば、犬にとって栄養素が豊富な豚肉は有用な食材のひとつなので、健康なカラダ作りに役立ちます。

犬にとっての豚肉の栄養とその効果

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Ermolaev Alexander/Shutterstock.com

犬の体内では、動物性たんぱく質の原料となっているアミノ酸がエネルギー源として大きな役割を果たしています。筋肉を作ったり、細菌やウイルスからカラダを守ったり、血液を通して栄養素をカラダ中に送ったりしています。

そのため、動物性たんぱく質のかたまりともいえる豚肉は、犬のカラダにとって良い食材です。
また、豚肉には疲労回復や夏バテに効果的といわれているビタミンB群がたくさん含まれているため、カラダの調子を整える効果もあるといわれています。そして、豚肉に含まれている必須アミノ酸であるトリプトファンは、情緒の安定にも効果があるとされているので、ストレスがたまっている犬や性格が安定しない犬にもおすすめの食材です。

さらには、血中の悪玉コレステロールを減少させたり、動脈硬化の予防になったり、記憶力の向上や脳機能の維持にも役立ったりするなど、高齢化によりリスクが高くなる病気の予防や、各部位の機能の低下防止にも好影響を与えてくれる食材です。つまり、豚肉は犬の年齢を問わず与えたい食材のひとつです。

犬に豚肉を与える時の注意点

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Chendongshan/Shutterstock.com

犬に豚肉を与える時の注意点としては、まずは上述した通り、生では絶対に与えないことです。必ず火を通して、寄生虫を取り除いてから与えるようにしましょう。また、まれに豚肉に対してアレルギーを持つ犬もいるので、初めて与える時は少しずつ食べさせて様子を見てください。犬の体調に異常がみられた時は、すぐに豚肉を与えるのをやめましょう。目の充血、湿疹、嘔吐、ぐったりした様子などがみられる場合は、アレルギー反応を起こしている疑いがあります。

豚肉は、食べやすいサイズにカットしてから与えましょう。犬の口には、切り裂くための歯しかなく、すりつぶす歯は存在しません。そのため、食べ物を噛まずに丸飲みする習性があるので、大きいかたまりのまま与えると消化不良を起こしたり、喉に引っかかったりするおそれがあります。

また、部位によって異なりますが、豚肉は脂身が多い食材です。毎回の食事のたびに与えていては、肥満の原因となります。手作りのフードに豚肉を入れる場合は、脂身の少ない部分を使用し、適量を心がけましょう。

豚肉は、与え方さえ間違わなければ犬の健康維持に役立つ食材です。与える時の注意点を守って、健康的な食生活につなげましょう。

内容について報告する