マンチカンってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について
出典 : otsphoto/Shutterstock.com

マンチカンってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について

短い足でちょこちょこと歩く姿がかわいらしいマンチカン。数ある猫種の中でもとくに人気のある品種のひとつです。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

マンチカンの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Twinsterphoto/Shutterstock.com

名前の由来は「オズの魔法使い」に出てくる小柄なマンチカン人。大人になっても仔猫のようにかわいらしい様子を見せてくれます。彼らはどんな歴史を持った猫なのでしょうか。

マンチカンは、遺伝子の突然変異による自然発生の猫種です。短い足の猫の存在は、イギリスで1944年に初めて報告されたといわれています。その後、旧ソビエトやアメリカでも同様に、短い足の猫の存在が報告されていましたが、本格的に歴史に登場するのは1983年。アメリカ・ルイジアナ州のトラックの下で暮らしていた短い足の猫でした。ブラックベリーと名付けられたその猫は妊娠しており、彼女から生まれた仔猫の半分は短い足をもっていました。
この短い足の猫は様々な遺伝子上の研究の結果、健康体であることがわかりました。また、足の長い猫と交配させてみると、足の短い子猫が生まれたことから、本格的にマンチカンのブリードがスタートしました。

マンチカンは1991年に開催されたキャットショーで初めて展示されましたが、当初は短い足による遺伝子疾患や免疫力の弱さを懸念する一方、ほかの猫にはない特徴的でかわいらしい容姿に魅了され、その健全性を信じようとする人たちが入り乱れ、大論争を巻き起こしたといいます。

キャットショーでの発表当初は「単なる突然変異」と結論付けられてしまったマンチカンですが、後に短い足の猫が様々な土地で見つかったことから、その猫たちも交配に用いられるようになりました。こうして近親交配のリスクが低下したことから、マンチカンは1995年、国際的な猫の血統登録団体であるTICA(The International Cat Association)に新しい猫種として正式に公認されました。

マンチカンのカラダの特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Phannasit/Shutterstock.com

TICAではマンチカンのボディタイプをセミ・フォーリンと位置付けています。平均的な体長は60㎝ほど、体重は雄が3~4.5kg、雌は 2.3~3.6kgほどとされています。
足の短い猫として知られているマンチカンですが、実際に短い足のタイプは全体の2割程度で、「中足」・「長足」のタイプも多くいます。
マンチカンは様々な猫と交配されてきたため、毛の色や模様が非常に多彩です。TICAでも長毛・短毛関わらず、すべての模様、カラーが公認されています。

ただ、交配による猫の弱体化を防ぐために、TICAでは短い足のマンチカン同士、また、他の純血猫との交配を禁じています。近年、人気品種であるスコティッシュフォールドやアメリカンカールのような耳折れの猫種と交配され、耳折れの特徴を持つマンチカンをペットショップ等で見かけることもありますが、これらの猫はTICAの認定を受けられないため、血統書が発行されることはありません。

マンチカンの顔の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 This road is mine/Shutterstock.com

大人になってもころんとした姿が可愛いマンチカン。TICAの基準によると、マンチカンの頭の大きさは中型で、その形はほぼ正三角形あるいは丸みを帯びた修正くさび形、輪郭は少し丸みがかっています。耳は中ぐらいの大きさで、頭部の端についています。

クルミ形の目は大きく、目じりが少し吊り上がっています。目のカラーはグリーン、ブルー、カッパー、ゴールド、オッドアイなど、すべての色が認められています。また目の色と被毛の色との関連性はありません。

猫種としてはまだまだ新しい品種であるマンチカン。好奇心旺盛でキョトンとした愛らしい表情をいつまでも眺めていたいですね。

内容について報告する