チワワの毛色や毛の長さの種類について。何パターンあるの?
出典 : Volodymyr Burdiak/Shutterstock.com

チワワの毛色や毛の長さの種類について。何パターンあるの?

愛くるしい顔立ちと、小型犬ならではの飼いやすさで老若男女に愛されるチワワ。チワワといえばクリーム色のロングコートが有名ですが、実は毛色や毛の長さのパターンは多種多様です。ここでは、チワワの毛皮パターンのうち代表的なものをまとめると共に、チワワの性格についても紹介します。

  • サムネイル: 富士男
  • 更新日:

チワワの毛色

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Aneta Jungerova/Shutterstock.com

単色

もっとも有名なのはクリームですが、他にもブラック、レッド、チョコレート、珍しい色としてはホワイト、ブルー、イザベラ(淡いチョコ色のような色)などがあります。

タンカラー

目の上に眉毛のようにポツンと丸く白系の毛が生えるカラーです(タンマーキング)。眉毛以外にも、口周りや胸~腹、手足の先の毛なども白くなる場合があります。ベースとなる色によって、ブラックタン、チョコレートタン、ブルータンなどと呼び分けます。

ブラック(ブラックホワイト)

黒と白のみで構成されるカラーです。

トライカラー

3色以上で構成されるカラーのことです。たとえば、ブラックホワイトのベースにタンが入っている場合は、ブラックタンホワイトとなり、トライカラーの扱いになります。

フォーン

金色と薄茶色の中間のようなカラーです。仔犬の頃は色が濃く、成長とともに薄くなってくることが多いようです。

ブリンドル

焦げ茶や黒、クリーム系の色が細かく複雑に混ざり合い、全体的に薄茶色のまだらのように見える珍しいカラーです。

チワワの毛の長さの違い

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 ben bryant/Shutterstock.com

チワワの毛の長さには、長毛のロングコートと短毛のスムースコートの2種類があります。原種のチワワは短毛種でしたが、長毛種であるパピヨンやポメラニアンを交配することで、ロングコートタイプが作り出されました。

ロングコートはふわっとした触感の被毛です。小型犬ながらエレガントな雰囲気があり、顔周りが飾り毛で囲まれている姿が可愛らしく、日本では昔からロングコートが人気です。長さのわりにさほど抜け毛は目立ちませんが、毛がもつれないようにこまめなブラッシングは必要です。また、夏季にはサマーカットを楽しむ飼い主も多いようです。

スムースコートはチワワの体格がひと目でわかりやすく、活発で元気な印象を受けます。お手入れが簡単なだけでなく、皮膚の状態に異変があったときにもすぐに気づけるというメリットがあります。

チワワの性格

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康


出典 Vacancylizm/Shutterstock.com

チワワは誰にでも愛想よくふるまうというよりは、人見知り・犬見知りがやや強く、そのかわりに主人に対してはひときわ深い愛情を示すタイプの犬です。活発で頭が良く、自己主張が強い面があり、自分より大きな犬にも立ち向かっていく勇敢さも備えています。ただし、独立心が強いために、仔犬時代に甘やかしてしまうと反抗的・攻撃的な犬になってしまいます。カラダが小さく、いつまでも仔犬のようなルックスをしているため、甘やかして育ててしまうケースが少なくありませんが、良い信頼関係を構築できるよう、しっかりとしつけを進めていくとよいでしょう。

内容について報告する