エキゾチックショートヘアってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について
出典 : Wutlufaipy / Shutterstock.com

エキゾチックショートヘアってどんな猫? 歴史やカラダの特徴について

ぺちゃんと潰れた目鼻立ちと丸いおめめ、「ぶさかわ」系で人気急上昇のエキゾチックショートヘア。「パジャマを着たペルシャ」とも呼ばれています。

  • サムネイル: 石山 マキ
  • 更新日:

エキゾチックショートヘアの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 Arnon.PT/Shutterstock.com

エキゾチックショートヘアは比較的新しいブリードですが、いくつかの出自があります。1960年代にアメリカのブリーダーが、扱いやすい毛並みのペルシャ猫が欲しいと、ペルシャとアメリカンショートヘアとの交配を重ねることで生まれたのがエキゾチックショートヘアです。彼らはこの短毛の仔猫たちが新しい猫種として登録されるように働きかけ、1966年、CFA(THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.)に登録されました。

登録された当初は、カラーをシルバーカラーのみとすることで別の名前が付けられていましたが、ほかのカラーも認めることで、後にエキゾチックショートヘアという名前に変更されました。ただ、ペルシャとアメリカンショートヘアの交配に反対するブリーダーも多く、認定までには時間がかかったようです。

もう一つの出自も紹介しましょう。同時期のアメリカで、あるブリーダーが茶色い毛のペルシャを作ろうとペルシャとバーミーズを交配させていました。この計画は失敗に終わったものの、潰れた丸い顔を持つ短毛の仔猫たちにこのブリーダーはすっかり魅了され、正当に新しい品種として登録したいと働きかけました。その際、バーミーズとペルシャから生まれた子にアメリカンショートヘアをかけあわせることをエキゾチックショートヘアの血統の条件とし、この考え方が広まっていきました。

比較的新しい猫種ということもあり、エキゾチックショートヘアの交配から長毛の猫が生まれることもあります。その場合はペルシャとして登録される、ロングヘアード・エキゾチックと呼ぶなど、その団体によって規定が異なっています。

エキゾチックショートヘアのカラダの特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 ardiwebs/Shutterstock.com

エキゾチックショートヘアのカラダは、やや大きめのコビータイプです。体型的にはペルシャを引き継いでいて、肩から腰にかけてがっしりとしており、腹部は短く丸みを帯びています。短くてしっかりした足と、少し短めの丸いしっぽを持っています。

エキゾチックショートヘアは、ホワイト、ブルー、クリーム、レッド、各色のタビー、バイカラーや三毛、スモークなど、様々なカラーがあるのも魅力です。TICA(The International Cat Association)では全カテゴリー、全ディビジョン(毛色による分け方)、全カラーが認定されています。

短すぎず長すぎずの被毛はダブルコートで手触りが良く、ぬいぐるみのような触り心地です。長毛であるペルシャに比べるとお手入れはずっと楽ですが、換毛期にはブラッシングをしてあげましょう。

エキゾチックショートヘアの顔の特徴は?

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

出典 ardiwebs/Shutterstock.com

エキゾチックショートヘアの頭部は、丸くずんぐりしており幅広のドーム状です。顎は幅広で力強く、頬がふっくらとしています。鼻は短く、大きな丸い目は少し離れています。耳は小さく間隔があいています。
特徴的な顔立ちのエキゾチックショートヘア。ペルシャにはない普段着の魅力がかわいらしい猫です。

内容について報告する