ゴールデン・レトリーバーってどんな犬? 歴史やカラダの特徴について

今も昔も大人気の大型犬、ゴールデン・レトリーバー。頭が良く、フレンドリーな性格で憧れの犬種ではないでしょうか。ここではゴールデン・レトリーバーの歴史や特徴についてみていきましょう。

  • サムネイル: ひなた ふゆみ
    ひなた ふゆみ
  • 更新日:

ゴールデン・レトリーバーの歴史

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Eder/Shutterstock.com

ゴールデン・レトリーバーの歴史は、19世紀以前のことは何もわかっていません。19世紀半ばのイギリスでは、鳥狩猟が盛んに行われていました。そこで狩りのサポートをし、獲物を回収するハンティングドッグへの関心が集まるようになります。我慢強く、獲物を回収するために冷たい水にも飛び込める、そのような犬を作るために、ブリーダーは素質のある犬種を掛け合わせて研究を重ねました。様々な交配が繰り返され、細かい記録が残っていないため、起源ははっきりしないままなのです。

ハンティングドッグの研究で活躍したのが、イギリスの伯爵であるトィードマウス卿でした。彼はウェービー・コーデッド・レトリーバーとツイード・ウォーター・スパニエルを交配させ、そこに4頭の仔犬が誕生しました。この4頭のうちの黄色い仔犬がゴールデン・レトリーバーの始祖に当たるといわれています。生まれた4頭とも高原での鳥狩猟に対する素晴らしい素質を持ち合わせていました。

その後、この犬種は他の様々な犬たちと慎重に交配されます。最初はフラット・コーデッドの黄色い犬とみなされていましたが、イギリスのケネルクラブによって、1912年フラットとは別の犬種とされ、「イエロー・レトリーバー」または「ゴールデン・レトリーバー」として承認されるようになります。そして1920年に「ゴールデン・レトリーバー」という名前に統一されました。ゴールデン・レトリーバーという名前は、美しい被毛の色と、回収するという意味の「retriever」という言葉を合わせたものです。

ゴールデン・レトリーバーは狩猟能力が非常に高く、さらにその能力を高めるためにより積極的に研究がなされました。そしてペットやショードッグ、服従競技などに適した犬種として認知され始め、人気が高まっていったのです。その人気は現在に至っても衰えることなく、アメリカではいまだにもっとも人気の高い犬種のひとつなのです。

ゴールデン・レトリーバーのカラダの特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

Kate Grishakova/Shutterstock.com

ゴールデン・レトリーバーは大型犬の部類に属します。体高よりも体長がやや長くバランスの整ったカラダつきであることが求められます。オスは体高が58~61㎝、体重が29~34㎏、メスは体高が54~57㎝、体重が24~29㎝が望ましいと定められています。

ゴールデン・レトリーバーにはイギリス系とアメリカ系の2つのタイプが存在します。原産国であるイギリスがルーツとなりますが、その後アメリカにも持ち込まれ、それぞれの国で改良されたためです。日本でよく見るゴールデン・レトリーバーの多くは、アメリカン・ゴールデン・レトリーバーです。

イングリッシュ・ゴールデン・レトリーバー

骨太で筋肉質な体型で、ややずんぐりとしているのが特徴です。被毛のカラーは白っぽいクリーム色が多く、アメリカ系と比べて短く、緩いウェーブがかかっています。マズルはアメリカ系よりもやや短くなっています。

アメリカン・ゴールデン・レトリーバー

カラダつきは全体的に細く、イギリス系に比べてスタイリッシュといえるでしょう。被毛の色はライトゴールドから茶色がかったゴールドまであり、やわらかいストレートの毛質をしています。

ゴールデン・レトリーバーの顔の特徴

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

LeventeGyori/Shutterstock.com

元は獲物の回収をするために改良された犬種なので、顎と首が発達しています。また犬種標準として整った歯列が求められています。表情は非常に穏やかで耳は垂れているのが特徴です。瞳と鼻の色がイギリス系とアメリカ系で異なっており、イギリス系は瞳や鼻の色が黒、アメリカ系は瞳が茶色、鼻の色が成長に伴い黒から茶色へと変化していきます。

ゴールデン・レトリーバーはやんちゃな一面があり、しっかりとしたつけが必要ですが、頭が良く、人懐っこいので飼育しやすい犬種といえます。共に暮らすために、歴史や特徴を理解して接するようにしましょう。

内容について報告する