猫の飼い方【初級編】~はじめて猫を飼う前に知っておくこと~

ここでは、猫を飼う前に知っておくべき猫の習性や、用意しておくグッズ、お部屋の危険対策等について紹介します。猫との暮らしに備えあれば憂いなし! 猫に関する知識を深め、猫ちゃんを迎える準備を始めましょう。

  • サムネイル: Momose_Hana
    Momose_Hana
  • 更新日:

1.猫の生態について知る

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

基本的な猫の性格や特性について紹介します。

単独行動を好み、束縛されることを嫌います。

猫は単独行動を好み、束縛されることを嫌います。人のペースに合わせたりすることもなく、気が向けば甘えたり、遊んだりします。飼い主さんとの距離感に関しても1人で静かに過ごすことを好む子もいれば、側によって撫でてもらうのが好きな子います。

よく眠り、よく動く。

猫は一日23時間でも寝ていられるほど、良く眠る生き物です。寝てばかりいても体調が悪いわけではないので、心配いりません。また、しなやかな体と高い運動能力を備えていて、起きている時に急に活発に動く事もあります。そういった時間帯は大半ネズミの活動時間である夕方から夜にかけてで、この行動は野生の名残だといわれています。

2.自分に合った猫を選ぶ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

色やカラーのバリエーションも多く、見た目も様々ですが、一緒に暮らしていく上では見た目よりも、性格を重視して選びましょう。猫の性格は実際のところ個体差によるものが大きいのですが、"性別"や"品種"によって大まかに分けることが出来ます。

毛の短い猫と長い猫

短毛種は原種に近いタイプで、長毛種は突然変異と人為的なかけ合わせによって誕生した品種です。短毛種の方がお手入れは簡単です、長毛種はブラッシングや抜けた毛の掃除が必要になります。性格的には短毛種は活発、長毛種はおしとやかと言われています。

オス、メスによる違い

一般的にオスは活発で社交的、人にも慣れやすい。メスは温厚で内気なタイプが多い、と言われています。成猫になるとオスのほうがメスよりも体格が大きくなり、顔つきもメスのほうが縦長でシャープ、オスは横に伸びた面持ちに。発情期にはメスはヒートや発情鳴き。オスはスプレー行動などへの対策が必要です。

3.猫を迎える前の準備

実際に猫をお家に迎える前に必要な用意についてです。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

エサ(食器)・トイレ・寝床・ハウスの用意

エサやトイレ、寝床は猫を迎えた当日から必要になりますので、猫を迎える前にペットショップなどから購入しておきましょう。ケージはまだしつけが出来てない猫を1匹、部屋に残して出かける際などに便利ですので、最初に用意しておくと慌てません。

部屋の中から危険なものをなくす

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

・猫が落として危険になるものを置かない。
・コンセントを隠す。
・ビー玉や、画びょう、ホチキスの芯など猫が飲み込めるサイズの物をしまう。
・針や包丁、ハサミなどの危険物をしまう。
・人の食べものを隠す。
・食べられたくない植物を隠す。
・洗剤や、アロマオイルをしまう。

好奇心旺盛で、部屋の中を自由に動き回る猫の飼育には、様々な点で注意が必要です。感電の可能性を招くコンセントの類は隠すか、カバーをしましょう。また食べると危険になる為、人の食べ物やアロマオイル等の保管場所や、洗剤の拭き残し、中毒をおこす植物などにも注意が必要です。

4.猫と暮らすためのお部屋つくり

猫にとっても、人にとっても、快適で安全な暮らしを目指しましょう。

猫にとって危険な場所を知る

・キッチン
・浴槽
・洗濯機
・トイレ
・ベランダ
・窓

上記は家の中で、猫にとって特に危険な場所になります。割れ物や刃物が多く、火を使用するキッチンは、飼い主さんがいるいないに関わらず猫の侵入を制限した方がいい場所です。また浴槽や洗濯機、トイレなど水が溜まっているところ、窓やベランダなど落下の危険性がある場所への侵入対策も必要です。猫はわずかな隙間や、引き戸であったら自分で開けてしまう可能性もあるので、しっかりと施錠するなど、その点も考慮して侵入防止の対策を立てましょう。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

猫が予想外の行動をとる可能性も…。

猫からお部屋を守る対策

・爪とぎからお部屋を守る。
・パソコンなどの電子機器を守る。
・におい対策
・騒音対策

猫の爪とぎは本能的な行動の為、止めさせることは出来ません。決まった場所で爪とぎをしてもらうためのしつけを行うのと同時に、絶対に傷つけて欲しくない物は、丈夫なビニールで覆うなどの対策をとっておきましょう。猫の前足が届く高さまで爪の引っかからないつるつるした素材、またはカーペットなどのような爪を通さない厚手でもので覆うなどの対策が有効です。またフローリングは猫の爪で傷つきやすく、階下へ足音も響きやすいため、カーペットをひくことをお勧めします。

パソコンなどの電子機器を、猫の毛やイタズラから守る為には、ケースやカバーを掛けましょう。ソファーなど臭いの付きやすいものにも同様にカバーをして、たまに洗濯をすることで対策が出来ます。猫のトイレやベッドも洗える物を用意しておくといいでしょう。

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

パソコンのあるお部屋は「立ち入り禁止」という手もあります。

5.揃えたいグッズ

猫と共に暮らすうえで必要になってくるものをご紹介します。徐々にそろえていきましょう! グッズ名をクリックすると更に詳しい記事が読めます、参考にしてみて下さいね。

・爪とぎ
・キャリーバック
・グルーミング用品
・歯磨きセット
・首輪(ハーネス)、リード
・猫草
・消臭スプレー
・オモチャ(キャットタワー)
・おやつ
・マタタビ
・ロールクリーナー(掃除用品)
・猫用救急箱

6.猫と暮らす

猫を迎える準備が出来たら、いよいよ猫との暮らしがスタートです! 猫は犬よりも飼うのが簡単だと言われていますが、最低限のしつけやお世話は、やはり必要になってきます。ワガママだらけで、手に余る猫ちゃんになってしまわない様に、猫を飼育する上で必要な事を知っておきましょう。

しつけ

・トイレ
・爪とぎ
・噛み癖

自由が魅力の猫ちゃんですが、共同生活を送る上でも、この三点に関しては最低限覚えてもらう必要があるのではないでしょうか。

お世話

・爪切り
・歯磨き
・ブラッシング
・シャンプー

猫ちゃんのお手入れは飼い主さんの義務でもあります。健康で快適な状態を保ってあげる為にも必要なお世話について、把握しておきましょう。更に、猫ちゃん用のマッサージを覚えてしてあげたり、最近では完全室内飼いが一般的になってきているので、たまにはお散歩をしてあげたりするのも良いんじゃないでしょうか? 猫ちゃんを迎える前に、沢山情報を仕入れておきましょう!

猫と家族

猫のお世話をするのは、あなただけではありません。家族全員が猫を受け入れてうまくやっていくためにも、しつけはしっかりと行いましょう。入っていい場所と入ってはいけない場所を明確にし、餌はいつ誰があげるのかといったこともはっきりさせられるとよいですね。

猫を飼うのにはまってきて、もう一匹飼いたいと思ったり、あるいは赤ちゃんが生まれて新たに家族が増えることもあります。そんな際は気をつけるべきことがいくつかあります。

愛情を持って飼おう

当たり前のことですが、猫は最後まで愛情と責任を持って飼ってあげてください。撫でたり抱っこしてあげたりなど、日々のコミュニケーションを欠かさず行ってあげましょう。愛情を注げば注いだぶん、猫もあなたを愛して、いっぱいなついてくれますよ。

まとめ

動物,犬,猫,しつけ,飼い方,育て方,病気,健康

いかがでしたでしょうか。初めて猫との生活を始める場合、何が必要で、何が危険なのか等、なかなか想像しずらいものですよね。思いもよらない事件が起きるかもしれません! 猫を迎える前に生態や習性について調べ、想定と対策を立てておきましょう。素敵なキャットライフがおくれますように。

内容について報告する